輔匡とはどんな人?右将軍になり李厳に次ぐ地位を得たがマイナーな扱いの蜀名将

2022年8月1日


 

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。

輔匡とはどんな人?

1ページ目から読む場合は、上記の緑ボタンからお願いします。

 

 

輔匡は西暦241年以前に死亡

曹操のお墓(曹操高陵)

 

楊儀の季漢輔臣賛は、西暦241年以前に亡くなった人の記録なので、この年に存命している人、(例えば姜維や蔣琬(しょうえん))は記載されていません。しかし、輔匡は記載されているという事は241年以前に死去した事になります。

 

輔匡は西暦170年前後の生まれと考えられ、だとすると最長で70歳頃まで存命していた事になり、当時としては長生きした人物という事です。

 

三国志の長生き武将

三国志を語るセンさん
三国志英雄の年齢を考える。あの大事件の時あの人は〇歳だった?

続きを見る

 

赤壁の戦い

 

 

 

輔匡が三国志で地味な理由

三国志演義_書類

 

輔匡が地味な理由は、やはり三国志演義に登場しないからでしょう。

 

三国志演義の作家 羅貫中

 

それは羅貫中(らかんちゅう)がエコひいきしたというよりも、あまりにも記述が少なく、話を膨らませるには向かない人物だったという事かも知れません。

 

せめて、諸葛亮の北伐に参加していれば、もう少し名前が出て、見せ場のひとつも与えられたでしょうが輔匡は北伐に参加した形跡がなく、やはり巴郡に留まり異民族を懐柔(かいじゅう)したり、討伐する任務を真面目にこなしていたのでしょう。

 

三国志演義の作者?施耐庵のドラマのような人生

施耐庵 水滸伝の作者
施耐庵とはどんな人?三国志演義の原作者は実際に小説のような人生を送った?

続きを見る

 

全訳三国志演義

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

今回は官位が李厳に次ぐ実力者でありながら、三国志演義に登場しないばかりにマイナーな人物として、知る人も少ない将軍、輔匡について解説しました。

 

輔匡と似たような存在に趙雲に次ぐ活躍をしながら、やはり三国志演義には登場しないので地味な扱いの陳到(ちんとう)がいます。誰かに次いで2番というのは記憶に残りにくく、メジャーになれない宿命なのでしょうか?

 

趙雲の陰に隠れた陳到

陳到
陳到とはどんな人?名声は趙雲に次ぐ?白耳兵を率いた将軍

続きを見る

 

趙雲

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-はじめての蜀
-