正史三国志で異色の存在感を放つ蜀書の諸葛亮と呉の陸遜が後世で文句が出た理由

2022年8月2日


 

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。

後世で文句が出た理由

1ページ目から読む場合は、上記の緑ボタンからお願いします。

 

 

諸葛亮は分かる

正史三国志を執筆する陳寿

 

で、諸葛亮は分かります。というのもそもそも三国志をまとめた陳寿(ちんじゅ)先生が、元々蜀の人物。

 

であったために、蜀に対して多大なる貢献をした諸葛亮に対して経緯を称して伝を単独で立てた……しかし、晋書によると「陳寿は父親が諸葛亮に処罰された恨みから「諸葛亮って臨機応変の才に欠けてることあるよねー」とか書いたんだよ!」とも言われており……

 

まあ、何だかんだ私情もちょっと入ってしまった部分もあったのでしょう。

では、陸遜はどうして単独で?

 

 

こちらもCHECK

曹操から逃げ続ける劉備
劉備は曹操と天下を争う気はなかった?陳寿の人物評がなかなか面白い

続きを見る

 

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル2

 

 

劉備すごい(結論)

陸遜

 

さて陸遜が有名になったのは、色々とありますが、夷陵の戦いが大きいでしょう。そして夷陵の戦いで陸遜が大勝した相手は、誰でしょうか?

 

陸遜

 

そう、蜀の皇帝である劉備です。つまり陸遜というのは劉備に勝った人物です。これは三国志演義で顕著ですが、賛美したい人物に勝った人物、それは強大で優秀な人物でなければなりません。

 

陸遜に騙されている事に気づいていない馮習と劉備

 

なので陸遜の伝を特別に立てたのはあくまで「劉備に勝ったから」という見方ができるのではないでしょうか。

 

 

こちらもCHECK

陸遜
陸遜ってどうして夷陵の戦いで諸将になめられてたの?

続きを見る

 

 

夷陵の戦い

 

 

孫権すごい(結論?)

晋蜀の産まれ 陳寿

 

その陸遜伝、陸遜に関わらず、陳寿先生は三国志の伝のまとめにその人物の評価をしています。そこで陳寿先生は「陸遜の知謀は見事である!」と書いています。何だやっぱり陸遜のファンだったのか……?と思ってしまいますが、更に続きが。

 

「でもその才能を知って使いこなせた孫権はすごい!(意訳)」とまとめられています。

 

夷陵の戦いで負ける劉備

 

個人的にここに「陸遜は凄いかもしれないけど劉備に勝った陸遜を手放しで褒めたくない……」という、陳寿先生の感情がにじみ出ているのでは……と思いましたが、皆さんはどう思いますか?

 

こちらもCHECK

呉軍が弱いと勘違いして進軍を進める馮習と劉備
もし夷陵の戦いで劉備が勝っていたら三国志は後世に残らない?「劉備が負けるのがやはり正しかった」と導いてみる

続きを見る

 

 

民間伝承の三国志

 

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

陳寿の陸遜の評価に「ほぼ社稷(しゃしょく)(しん)」というものがあります。社稷の臣とは、国の守りたる臣下、重要な臣下であるということなので、称賛なのですが……何となくこの「ほぼ」に引っかかりを覚えてしまいます。

 

もしかしたら陸遜が晩年の孫権から疎まれて憤死したことを暗喩しているのかもしれませんが、ちょっとだけにじみ出た陳寿先生の私情、というのを考えてみました。こういう三国志の見方も、たまにはいいよねということで。

 

センさんが三国志沼にドボン b

 

どぼーん。

 

参考文献:「三国志

 

 

こちらもCHECK

魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる
夷陵の戦いで受けた蜀の損害とは?再び天下に出ることはなくなった理由

続きを見る

 

 

三国志ライフ

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-陸遜
-