西遊記の猪八戒はハニートラップで天界から落とされブタにされたのか?

2022年9月23日


 

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。

猪八戒はハニートラップで

1ページ目から読む場合は、上記の緑ボタンからお願いします。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



猪八戒がセクハラした嫦娥という天女

西遊記 沙悟浄

 

さて、ここでもう一度思い出して欲しいのが天蓬元帥の罪。蟠桃会で、天蓬元帥は嫦娥という天女に言い寄りました。強引に言い寄ったとのことで、まあセクハラをやらかしたので追放処分も止む無しでしょう。

 

もうちょっと言うと沙悟浄はミスで天帝(てんてい)のお皿を割ったので追放処分ですが、彼には地上に降りてからもずっと剣で脇腹を貫かれるとか言う体罰も加わるんですが……それは置いときましょ。で、この嫦娥という天女が注目点。

 

太陽がいっぱい!十日神話とは?

殷の大様
十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!?

続きを見る

 

【社運をかけた挑戦 三国志マンガ始動】
はじめての三国志Youtube漫画

 

 

嫦娥は旦那の不老不死の薬まで飲み天界に帰るが…

竜を追っている石川氏

 

とある伝承で、嫦娥という天女が夫と共に出てきます。ある時、地上を救うために嫦娥の夫が天帝の息子の火鳥たちを弓で射ることになりました。これで地上は助かったのですが、子供たちを殺された天帝は夫も、嫦娥も地上へ追放としました。夫婦は旅の果てに西王母様(せいおうぼさま)から二つ分の不死の薬を貰います。

 

しかし二つ分の薬を飲めば天に帰れると知った嫦娥は、夫の薬も飲み干して一人で天に帰ってしまうのでした。

 

道教の神々を紹介

老子(ろうし)道家
三国志の武将も登場!道教の神様まとめ

続きを見る

 

まるっと世界史 特集バナー

 

 

天界の人々に冷たくされヒキガエルになって月へ逃げる

ASMR-カエルの鳴き声

 

ですが、夫を見捨てて一人で天に帰った彼女に天界の人々は辛く当たりました。彼女はそれから逃げるために月に逃げ込みますが、その身体は既に美しさを失い、醜い蟇蛙(ひきがえる)となっていました。

 

そして彼女は一人、冷たく孤独な世界で自分の罪を後悔し続けている、と言います。尚、月に行った彼女をできるだけ傍で見ようとした彼女の夫が捧げものをしたのが、月見の始まりとも言われています。

 

……さて、天蓬元帥がセクハラしたのはこの嫦娥でしょうか?

 

一説には「そもそも嫦娥は月に行ったんだから蟠桃会に出れないでしょ、別人だったのでは?」とも言われるのですが……もしかしたら同一人物?

 

その場合、わざわざ糾弾される場所に呼んだのか?

もしかして呼ばれてないのに来た?

というか見た目は蟇蛙では?

と色々と余計な謎まで生まれるのですが、皆さんはどう思います?

 

天動説vs地動説

夜空を見上げる古代の人々と暴走する月(ギリシャ人)
地動説が天動説に勝利するまでの軌跡を解説

続きを見る

 

ゆるい都市伝説WEB 特集バナー

 

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

今回は八戒の、そして彼が追放処分のきっかけとなった嫦娥のお話でした。筆者の妄想としては

 

「そもそも女癖がめっぽう悪い天蓬元帥を追放する理由として嫦娥を呼んだ」

「この時だけ元の姿にした」

「見せしめみたいな扱いで嫦娥に対する罪も含んでいるので、終わったらまた元通り」

とかいう天界めちゃめちゃ性格悪い説を考えてみたのですが、いかがでしょうか。

 

西遊記からは逸脱しちゃいますが、こういうのもたまには面白いと思いますね。

 

センさんのとぷんver2

 

ざぶーん。

 

参考文献:西遊記 嫦娥奔月

 

石猿が孫悟空になるまで

西遊記エピソードゼロ!石猿が孫悟空になるまで【後編】

続きを見る

 

はじめての三国志ファンアートa

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-西遊記
-,