西遊記エピソードゼロ!石猿が孫悟空になるまで【前編】

2022年9月1日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孫悟空(西遊記)

 

皆さん西遊記(さいゆうき)はご存知でしょうか。もう少し尋ねますと、西遊記に出てくるヒーローの一人、孫悟空を(そんごくう)ご存知でしょうか。西遊記がモチーフではない作品にも「孫悟空」というキャラクターは良く出てくるので、名前を聞いたことがあるだけの人も多くいるでしょう。

 

そんな孫悟空が出てくる西遊記、三蔵一行(さんぞういっこう)がお経を取りに天竺へ行く話、ではあるのですが、当初出てくるのは孫悟空。そしてそんな孫悟空が大暴れするお話も面白いので、今回はそちらをご紹介したいと思います。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



無から生まれた石猿の強さに天帝もビビる

西遊記 孫悟空

 

さぁてそれはむかーしむかしのお話、花果山(かかざん)というお山の頂に仙石がありましたとさ。ある日、この石が割れて卵が産まれました。そうしてその産まれた卵から孵ったのが一匹の猿。これこそが後に多数の名前で呼ばれる、孫悟空の幼姿であります。

 

はじめての三国志09

 

その眼光は天をも貫くほどのもので、天帝(てんてい)様もびっくり。まぁしかし如何に強くとも所詮は下界の俗世で生きるもの。放置しといても大丈夫じゃろと思われたのですが……。

 

西遊記の旅の目標はお経を取る事ではない!

え?そうだったの!?西遊記の目的はお経を取る事では無かった?

続きを見る

 

西遊記

 

 

天才石猿は10年で72の変化術と長生きの秘術を覚えた

 

悟空(仮名)は並みの猿たちとは違って勇気があり、能力も高く、地底の洞窟を見つけたことで猿たちの王となり、美猴(びこうおう)と呼ばれて崇められて暮らしていきます。

 

しかしある時、群れの猿の死を見た彼は、不老不死を求めるようになりました。そこからちょっと長い旅路の後、須菩提祖師(しゅぼうだいそし)という仙人に弟子入りを果たします。この仙人に、孫悟空、という名を頂いたのです。

 

ここからの悟空は、正に空さえも悟るが如き天性の才能を開花。十年で72の変化の術、長寿の秘技、筋斗雲(きんとうん)の乗り方、他多数を会得します。

 

孫悟空ウキッ!と登場

【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者?

続きを見る

 

【中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説】

水滸伝入門ガイド

 

 

心は子供!須菩提祖師に破門される孫悟空

 

閑話休題(かんわきゅうだい)ですが「72の変化の術」と言われて何かを思い出した人もいるでしょう。

 

サッカーボールを蹴る劉邦

 

そう、前漢(ぜんかん)の高祖、劉邦(りゅうほう)はなんと左股に72もの黒子があったと言われています。またライバル・項羽(こうう)との戦いで72回目で一勝して天下を勝ち取った……とも言われますね。

 

そんな72の術を、兄弟弟子たちに言われて悟空は見せびらかしてしまいました。秘伝の仙術を見せびらかしたことにお師匠様から叱責を受け、破門された悟空は仕方なく花果山に帰ることにしました。

 

西遊記に登場する武器を一挙紹介

【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!

続きを見る

 

三国志とりかへばや物語

 

 

縄張りを荒らした混生魔王を瞬殺

 

しかし悟空のいない間に、混世魔王(こんせいまおう)という妖怪が暴れていました。この混生魔王という名前がとてつもなくカッコいい相手が孫悟空、最初の相手です。

 

勝負を挑む悟空が何も武器を持っていないのを見て、混生魔王は自らも無手で戦います。(カッコいい!)まあ悟空は武器なんか持ってなくても強かったんで、やっぱり武器を取ります。(えー)

 

それでもやはり悟空の仙術には敵わず、混生魔王は西遊記序盤で退場するのでした。

 

三蔵法師の前世とは?

えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!?

続きを見る

 

まるっと世界史 特集バナー

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-西遊記
-,