三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計




袁紹VS袁術(犬猿)

 

董卓が長安へ撤退したことで、事実上解散となった連合軍ですが、

彼らは各地で力を蓄え、強大な勢力となっていきます。

 

中でも、大きくなったのは二者で、

冀州(きしゅう)の袁紹と、南陽(なんよう)の袁術でした。

孫堅はこの時袁術の配下でした。

 

袁紹と袁術の二者は異母兄弟(従兄ともいいます)でありながら、

対立を深めていくのです。

 

 

関連記事:激突、菫卓対反菫卓連合軍

関連記事:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始まった




遠交近攻の計

袁紹&袁術

 

袁紹は、荊州(けいしゅう)の劉表と手を組みます。

袁術は、幽州(ゆうしゅう)の公孫瓚と手を組みます。

 

おや?

 

袁紹の冀州と公孫瓚の幽州は隣同士です。

対して、袁術と劉表は、中国の南部同士です。

この二者が手を組んだ方が、一緒に戦いやすいような……?

 

実はこれは、「遠交近攻(えんこうきんこう)の計」といい、

遠国と同盟を組んで、近隣の国を挟み撃ちして攻めるという策なのです。

有名なところでは、秦はこの計を用いて中国を統一しました。

 

関連記事:『連環の計』って、どんな作戦?

関連記事:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽




孫堅と劉表の確執

孫堅逝く

 

連合軍の解散とともに、玉璽を持って帰国した孫堅は、

その帰り道で、袁紹の息のかかった劉表にさんざんにやられて、

兵力の半数を失ってしまいます。

 

そして二年後、その雪辱を果たす時がやってきました。

かつての上司袁術の口車に乗せられて、孫堅は劉表と戦うべく、

荊州へ出陣します。

 

初めは、孫堅の圧勝でした。

しかし、敵将の黄祖、呂公を深追いしすぎた孫堅は、

ただ一騎で硯山に登り、体に矢を何本も射かけられて絶命します。

(落石の計にあったという説もあります)

 

享年37歳でした。

孫堅はパパのイメージがありますが、実は曹操よりも年下です。

この時、息子の孫策は17歳。

『三国志演義』では、この後、孫策が父のかたき討ちに奮闘します。

 

関連記事:呉・三国志 孫堅のあっけない最期

 

孫堅のかたき討ち

孫堅017

 

このとき荊州に同行していた長男の孫策は、父のかたき討ちを

見事に成し遂げます。

奮闘の末、呂公を討ち取り、さらに黄祖を捕虜にして、

父の遺体と交換し、江東に帰って手厚く葬ります。

 

また、のちに、今度は次男の孫権により、黄祖は討たれることに

なります。

黄祖の首は、孫堅の墓前に供えられました。




この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 孔融と禰衡
  2. 陳宮
  3. 大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん)
  4. 赤鎧を身に着けた曹操
  5. 学問が好きな杜預
  6. 荀彧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP