三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計

曹操VSかく




射抜かれる曹操

 

197年、曹操は張繍(ちょうしゅう)に負け、曹安民(そうあんみん)、

曹昂(そうこう)、典韋(てんい)ら優秀な武将を何人も失います。

 

翌198年、再び曹操と張繍は刃を交えることになります。




偽撃転殺の計

曹操VSかく

 

南陽城にたてこもった張繍に対して、

曹操は三日三晩、城の西側を攻撃し続けます。

 

実はこれ、「偽撃転殺(ぎげきてんさつ)の計」といい、

西門を狙っていると見せかけて、兵力を西側に集中させ、

本当は東側を攻めるという戦法だったのです。

 

張繍らは城の西門に兵を集め防衛を固めました。

それを見た曹操は、「しめしめ」と思い、東門へ回りました。




虚誘掩殺の計

賈詡

 

ところが、張繍には優秀なブレーンがついていたのです。

参謀の賈詡(かく)です。

 

賈詡は、曹操の偽撃転殺の計を見破りました。

そこで、引っかかったと見せかけておいて曹操を油断させ、

逆に東門で待ち受けていて破るという戦法を用います。

 

これを、「虚誘掩殺(きょゆうえんさつ)の計」といいます。

 

これにより、曹操は、張繍&賈詡に撃退されてしまいました。

 

 

同じようなことが日本史でも。その名も「キツツキ戦法」

Takeda_Shingen_versus_Uesugi_Kenshin_statue

(photo by wikipedia 川中島の戦い)

 

時は遥かに流れて1561年、

日本史における有名な合戦の中でも、この偽撃転殺の計と

虚誘掩殺の計が使われました。

 

第4回川中島の合戦の際、武田信玄は、軍を二つに分け、

上杉謙信の陣のある妻女山の背後から奇襲攻撃を行い、

攻撃を加えたあとに下山して、それを追ってきた上杉謙信をたたく

という方法を考えます。

 

しかし、この偽撃転殺の計、上杉謙信には見破られてしまいました。

上杉謙信は夜のうちに下山してしまったのです。

 

関連記事:ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?




よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 孫策 頬 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  2. 曹操 油断 33話:度重なる幸運にハングリーさを失う曹操
  3. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国 後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?
  4. 于吉と張角 太平道だけじゃない!『三国志』の時代に人々の心を支えた思想や宗教…
  5. 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる
  6. 曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位
  7. 宦官 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして…
  8. 三国志時代のひざまくら 俺の膝はお前に預けた!三国時代に大流行男同士のひざまくら

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏延と孔明
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年

おすすめ記事

  1. 漢代のシルクロードではどんなお宝が行き来してた?シルクロードは誰が開通した? 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
  2. 呉のお家芸・偽降伏の見破り方を知っていた知将・王基
  3. 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード
  4. キングダム584話最新ネタバレ「数十騎」レビュー記事
  5. 【キングダム549話】「3つの誤算」ネタバレ&レビュー
  6. 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。 暴れる関羽

三國志雑学

  1. 側室の女性達を励ます甄氏
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 夏侯惇
  2. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  3. 始皇帝
  4. 暴れる関羽
  5. 羅憲

おすすめ記事

邪馬台国と魏軍の兵士 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説 陶淵明はどんな人?働きたくないでござる酒を愛したニート系詩人 【お知らせ】サイト内検索(検索フォーム)を導入しました 蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた! 呉蜀赤壁の戦い 【知りたくなかった!】本当は書くほどの内容でもない赤壁の戦い 邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ? 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり 夏侯惇 夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンではなかった?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP