広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計

この記事の所要時間: 15




射抜かれる曹操

 

197年、曹操は張繍(ちょうしゅう)に負け、曹安民(そうあんみん)、

曹昴(そうこう)、典韋(てんい)ら優秀な武将を何人も失います。

 

翌198年、再び曹操と張繍は刃を交えることになります。




偽撃転殺の計

曹操VSかく

 

南陽城にたてこもった張繍に対して、

曹操は三日三晩、城の西側を攻撃し続けます。

 

実はこれ、「偽撃転殺(ぎげきてんさつ)の計」といい、

西門を狙っていると見せかけて、兵力を西側に集中させ、

本当は東側を攻めるという戦法だったのです。

 

張繍らは城の西門に兵を集め防衛を固めました。

それを見た曹操は、「しめしめ」と思い、東門へ回りました。




虚誘掩殺の計

賈詡

 

ところが、張繍には優秀なブレーンがついていたのです。

参謀の賈詡(かく)です。

 

賈詡は、曹操の偽撃転殺の計を見破りました。

そこで、引っかかったと見せかけておいて曹操を油断させ、

逆に東門で待ち受けていて破るという戦法を用います。

 

これを、「虚誘掩殺(きょゆうえんさつ)の計」といいます。

 

これにより、曹操は、張繍&賈詡に撃退されてしまいました。

 

 

同じようなことが日本史でも。その名も「キツツキ戦法」

Takeda_Shingen_versus_Uesugi_Kenshin_statue

(photo by wikipedia 川中島の戦い)

 

時は遥かに流れて1561年、

日本史における有名な合戦の中でも、この偽撃転殺の計と

虚誘掩殺の計が使われました。

 

第4回川中島の合戦の際、武田信玄は、軍を二つに分け、

上杉謙信の陣のある妻女山の背後から奇襲攻撃を行い、

攻撃を加えたあとに下山して、それを追ってきた上杉謙信をたたく

という方法を考えます。

 

しかし、この偽撃転殺の計、上杉謙信には見破られてしまいました。

上杉謙信は夜のうちに下山してしまったのです。

 

関連記事:ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?




よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】
  2. 司馬懿の名言から分かる!曹爽との権力争いを分かりやすく紹介!「駑…
  3. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせ…
  4. 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死
  5. 【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?
  6. 孫権はなぜ孫策の子息を冷遇したの?それは孫権が袁術を愛していたか…
  7. 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは!
  8. 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法
  2. 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/3〜7/9】
  4. 沙摩柯(しゃまか)武蛮族の王|甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる
  5. 孫臏の魔術がスゴイ!どの国からも侮られていた斉兵を強兵に変えた改革
  6. 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの? 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ! 義兄弟・張苞と関興はどこまでが三国志演義の創作なの? 賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する? 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】 びっくり!五丈原の戦いの戦費、現在で換算すると、なんと○○円! びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?

おすすめ記事

  1. 【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇
  2. 井伊直虎の許婚はどういう人?おんな城主 直虎をさらに楽しむ!
  3. 24話:呉・三国志 孫堅のあっけない最期
  4. 三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事情を徹底紹介!
  5. 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達
  6. 【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!
  7. 妻子を人質に取られすぎな劉備
  8. 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP