若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉備 経歴

 

三国志演義』の主人公、劉備の人生は、山あり谷あり、各地を放浪しまくります。はじめて三国志に触れる方には、どうにもわかりづらい劉備の行動。そこで、簡単に整理してみることにしました。


10代の劉備

若かりし劉備 チャライ★

 

161年に涿郡に生まれた劉備は、漢王朝の遠い遠い血縁ですが、遠すぎて劉氏としてのプライドはあるものの、財力はなにもない家で育ちます。ある人が、劉備母子の住まいの東南に生える桑の木を見てこんなことを言います。

 

「この家からは、きっと貴人が出るでしょう」

 

15歳の時、盧植の弟子となり、公孫瓚と知り合います。10代の劉備は、ファッションや、音楽、遊びなどにいそしむチャラ男生活を楽しみ、交友関係を広げます。

 

関連記事:劉備も茶を求めた?中国茶の種類

関連記事:三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚

関連記事:三国時代のファッションはどんなのだったの?

関連記事:三国時代の音楽ってどんな感じだったの?


20代の劉備

劉備 茶

 

23歳の時、黄巾軍討伐に参加します。関羽(かんう)張飛(ちょうひ)と知り合って、義兄弟の契りを結ぶのもこの時です。

 

劉備の黒歴史

 

手柄を立てて、安喜の尉に任命されましたが、群の督融(政府のおエライ方)の態度にカチンときて、縛り上げて棒で打ち据え、そのまま官職を捨てて逃げてしまいます。『三国志演義』ではこの汚れ役を張飛が引き受けてくれましたが、実際は劉備がしました。まだまだ血気盛んな、若者の気分が抜けない20代でした。

 

関連記事:三国志は黄巾の乱から始まった

関連記事:歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い

関連記事:涙なしには語れない桃園の結義


30代の劉備

劉備 呂布 肉取り合い

 

33歳の時、陶謙(とうけん)からまかされ、徐州の牧になります。しかし、あっという間に呂布(りょふ)に徐州を奪われて、行き場をなくした劉備は曹操(そうそう)のもとへ身を寄せます。しかし、やはり曹操の配下でいられるはずもなく、脱出。その後は、袁紹のもとへ身を寄せます。

 

曹操にコテンパにされる袁紹

 

官渡の戦いで、袁紹が曹操に敗れてしまったので、今度は劉表のもとへ身を寄せます。あちこちを転々とした忙しい30代でした。

 

関連記事:実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)

関連記事:劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計

関連記事:劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計

関連記事:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る

関連記事:官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?

関連記事:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備


40代の劉備

劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ

 

劉備は劉表の荊州に7年ほど滞在します。わりとのんびりとした40代前半を送るのです。このとき、運動不足がたたり、ももに贅肉がついてしまったと嘆くのですが、もしかしたら中年太りだった……とか?しかし、46歳の時に人生のターニングポイントが訪れました。諸葛孔明を軍師に迎えたことです。翌年、孫権と同盟を組み、赤壁で曹操を破ります。

 

関連記事:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に

関連記事:髀肉の嘆(ひにくのたん)って何?劉備が嘆いた言葉とは?

関連記事:劉備はどうやって三国志界の天才軍師・諸葛孔明を手に入れたの?

関連記事:強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致

関連記事:曹操最大の失敗赤壁の戦い

 

50代の劉備

劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

50歳のとき、劉璋に迎えられて蜀に入ります。そして、53歳で、益州牧となり、ようやく蜀の国が出来ました。劉備の最も輝かしい時代は、50代と言えるでしょう。

 

関連記事:劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴

関連記事:法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師

関連記事:劉備、蜀への侵攻を決意

関連記事:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする

 

60代の劉備

張飛の最後

 

60歳の時、義兄弟の関羽が戦死してしまいます。ほぼ同時に、張飛も失い、劉備は弔い合戦を始めます。223年、合戦の途中、白帝城にて62歳で永眠します。

 

関連記事:蜀を得た事で呉と荊州の支配問題が再燃する

関連記事:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに

関連記事:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ

関連記事:関羽の悲報に復讐に燃える劉備

関連記事:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める

 

関連記事

  1. 漢の顔良(がんりょう)
  2. オカルト小説を書いている曹丕
  3. 曹操の元から離れる関羽
  4. 魯粛
  5. 陸遜
  6. 赤兎馬にまたがる呂布

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP