キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

趙雲ってどんな人?投票ランキング1位の理由




趙雲 人気の理由

 

『はじめての三国志・第1回目 武将投票ランキング』で

多くの英雄を抑えて1位を獲得した趙雲子龍(ちょううん しりゅう)

 

今回投票ランキング上位3名をフォーカスをすると公言していたので、

趙雲子龍】について紹介しようじゃないか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?

関連記事:五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期

 

 

趙雲はどんな人物なの?

趙雲 子龍

趙雲は身長はおよそ184cmあったと言われており、

冷静沈着な武将であり姿や顔立ちも立派な人物でした。

 

槍から繰り出される技は槍の名手とされています。

 

趙雲は冷静沈着の性格柄、勇敢でもあり任務は確実に成功させる事から

指揮官の孔明からも信頼度も高かったはずです。

 

趙雲の初登場はいつ?

劉備 趙雲 再開

 

趙雲が三国志演義に初登場するのは、河北の支配権をめぐって袁紹と対峙していた

公孫瓚の元に官民の義勇兵を率いて加わったのが趙雲の初登場です。

その頃に劉備公孫瓚の身を寄せていた事から、劉備と趙雲は初めてここで出会いました。

 

劉備も当時は趙雲に対して評価をしており、

趙雲の立派な姿を見て「この漢欲しい」と目をつけていた程、

趙雲の武術が優れていたことも予想出来ます。

 

そして趙雲も磁石のように人を惹きつける不思議な力がある劉備に魅了された一人です。

 

当時の趙雲も「この方の下で働きたい」と相思相愛の関係だったようです。

 

しかし劉備は公孫瓚と兵学んだ学友の仲なので関係が悪化することを恐れて

劉備の方から断ったと演義の方では書かれているが、

史実でも同様の展開であったようです。

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

趙雲、念願の劉備の配下に加わる

趙雲 三尖刀

 

趙雲は以前、劉備に配下にしてほしいとお願いをしたが、

「劉備は、必ずいつか君を配下にする」と約束をしていましたが、そのチャンスがやって来ました。

 

趙雲の兄が亡くなったとの事で公孫瓚の元を離れて故郷へ帰ることになりました。

その後、鄴で久しぶりに劉備と偶然出会い、

密かに集っていた数百人と共に劉備の配下に遂に加わる事が出来ました。

 

劉備配下後では、義兄弟を誓った関羽張飛の桃園三兄弟組と同じくらい、

劉備から厚遇をされており同じ床で寝ていたのも、劉備から信頼がある証拠でもありますね。

 

趙雲が長生き出来たのは●のお陰?

趙雲 長坂の戦い

 

40代 男性:趙雲の投票理由:「単騎で行けるところ」

40代 女性:趙雲の投票理由:「老いても強い^_^」

40代 女性:優秀かつ勇敢な武将の1人だから

30代 女性:仕事ができる。最期まで戦負けしなかったから(*´∀`*)ノ

20代 男性:蜀では劉備関羽張飛の陰に隠れがちだけど、強くてとても頼もしい武将だから

 

 

趙雲の投票回答に、単騎で駆け巡り三國無双のようにバサバサ敵を切り裂き

五虎大将軍でも唯一、最後まで生き残り、年老いても安定感抜群の活躍をしてきました。

 

しかし、趙雲へ投票してくれたあなた、この活躍が出来たのは誰のおかげだと思いますか?

 

抜き出た曹操

 

実は今回の投票ランキングで2位の人気を得たあの、曹操(そうそう)のおかげでもあるのです。

 

趙雲の見せ場と言えば、長坂の戦いで劉備の息子で、

蜀の2代目の皇帝になる劉禅阿斗)を救出する為に幼い劉禅を胸に抱き抱えながら

単騎で曹操軍と戦うのは印象が強いと思います。

しかし、趙雲は槍の名手でもあり、

魏の夏侯恩を討ち取り青紅の剣(せいこうのけん)を手に入れて接近戦でバサバサ敵を叩き切る。

 

でもそのシーンを感動しながら見ていたのは、あの曹操なのです。

 

曹操は人が好きで有名ですね。

この人材マニアの曹操は、敵に囲まれた趙雲に対して

「矢を射ずに生捕りにせよー」と命令を下していました。

 

結果的にこの人材マニアの曹操のおかげで、趙雲は幸運にも生き延び、

更に活躍の場を設けてくれた重要人物です。

 

 

趙雲が1位を取った理由は●のお陰?

羅漢中

三国志には、「三国志演義」と「正史」の2種類があります。

 

正史とは、魏の官僚である陳寿(ちんじゅ)という歴史家が作成した歴史書であり

正史は三国志の時代の信ぴょう性の高い史料が採用されています。

 

しかし正史の情報は登場人物の履歴が並んでおり、大変分かりづらい。

そこで明の時代の羅漢中(らかんちゅう)という人物が難しい歴史を分かりやすく

演出を加えたのを「三国志演義」と言われています。

 

実は羅漢中は趙雲と同じ同郷の事から、趙雲に思い入れを感じており、

正史の「趙雲伝」の原文を読んでも、著者の陳寿があまりにもザックリと記しているので、

「おい!!陳寿、趙雲のエピソード全然ないじゃねーか」と面白みに欠けることから、

趙雲の活躍の場が多く与えられていると思われます。

 

明は中国(1365年~1644年)の王朝で、

作者の羅漢中はこの時代に生きた人間であり三国志演義はこの時代に誕生しました。

 

曹操に活躍の場を与えられた趙雲も、

趙雲と同郷である作者の羅漢中の想い入れ補正が入り600年以上の歳月を経て

「はじめての三国志」で投票を1位を取ったのも

作者・羅漢中の思い入れが強く、羅漢中の想いが皆さんの心に響いたのではないだろうか。

 

耳で聞いて覚える三国志

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:趙雲の京劇風コスチュームって何?真・三國無双8をさらに楽しむ

関連記事:【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められることになったの?

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 




関連記事

  1. 【1周年記念】厨二病中年、石川克世とはどんな人物か?
  2. 邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?
  3. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1
  4. 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」
  5. はじ三の生き字引!kawausoが読者の疑問に答えます
  6. 関羽もメロメロ(死語)武神の心を掴んだ杜夫人は人妻!
  7. リトルグレイ(宇宙人)と遭遇して興奮する曹操 【驚愕の事実】前漢時代の中国に宇宙人が飛来していた【HMR】
  8. 【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどん…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介 雨の中進軍する曹真
  2. 【山内容堂と坂本龍馬】2人の関係は「理想の上司と部下」だったのか?
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【10/10〜10/16】
  4. 14話:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー
  5. 【衝撃の事実】邪馬台国の重臣・難升米(なしめ)の子孫が大和朝廷の重臣だった?
  6. 項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第27話「気賀を我が手に」の見どころ紹介 李典と太史慈はここが似ていた!! 徳川斉昭とはどんな人?色々やり過ぎて嫌われた水戸の天才藩主 孔子と儒教 孔子の幼少期から青年期はどんな人だったの? 【告知】はじめての三国志コミュニティ10月1日よりリリース開始 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド 蜀漢(季漢)後期の歴史をザックリと解説!蜀漢を支えた蒋琬、費禕、姜維が活躍した時代 【社会人必見】『論語』が仕事にも役立つ理由

おすすめ記事

  1. 【李傕・郭汜祭り 5日目】董卓の仇も討てず、気弱な李傕郭汜の上司 牛輔(ぎゅうほ)
  2. 前原一誠、萩の乱その戦いとは? 幕末 大砲発射
  3. キングダム544話 新人戦 ネタバレ&レビュー
  4. 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?曹操と生涯仲良し綺麗事を言わない荀彧の甥
  5. 諸葛亮は結局どの思想を重んじていたのか? 車に乗る諸葛亮
  6. 三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!
  7. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書
  8. 土方歳三に妻はいたの?モテモテ副長は独身主義 新選組の土方歳三

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP