ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」

赤壁の戦い 曹操

赤壁の戦い

208年11月、赤壁(せきへき)の戦いで

孫権(そんけん)・劉備(りゅうび)の連合軍に敗れた曹操(そうそう)は、

命からがら撤退しました。

 

 

 

孫権へ。曹操より

赤壁の戦い 曹操

 

曹操は拠点に戻ると、孫権に手紙を出します。

 

「あのときは、軍に病気がはやったから

自分で船に火をつけて、撤退したんだからねっ」

 

曹操54歳。

27歳の若造、孫権に負け惜しみを言っていますよ!

 

 

合肥を包囲する孫権

孫権 弔い出陣

孫権は、赤壁での勝利の勢いに乗じて、

合肥(がっぴ)へ攻め込みます。

 

もし孫権が合肥を手に入れれば、このまま北部へ進行する際の

重要な足掛かりとなります。

曹操はなにがなんでもこれを止めなければなりませんでした。

 

このとき、揚州の副官を務めていた蔣済(しょうせい)が

機転を効かせます。

 

「まもなく大援軍がくるぞ」

という噂を流したのです。

 

いくら赤壁で勝利したとはいっても、魏と呉の国力には

かなりの隔たりがあります。

この流言を信じた孫権は、

「ひとまず引き上げよう」と合肥の包囲を解いて撤退します。

 

 

合肥を耕す曹操

曹操50万の兵

翌209年、曹操は自ら合肥に兵を進めました。

このまま再び孫権と戦火を交えるか……!?

と思いきや、兵士たちに従事させたのは、農作業でした。

 

戦続きで荒れ果てた地を生き返らせ、

国力を回復させようという曹操のはからいでした。

 

また、

曹操:「戦死者が出た家には食料を支給する」

といって、民への気配りも忘れませんでした。

 

「負けてなんていないんだからねっ!」と負け惜しみを言った曹操は

敗戦を現実的に受け止め、

自ら後処理に出向いたのでした。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

曹操 弱点 蟻

よく読まれてる記事:曹操には弱点はないの?

 

曹操 詩

よく読まれてる記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

 

かぼちゃ 孫権

よく読まれてる記事:本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 曹操は褒め上手 曹操が三国一の大国・魏を作ることができた秘訣はヨイショだった
  2. 袁術 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁…
  3. 袁術 袁術大助かり!漢の時代に盛んになった養蜂を分かりやすく解説
  4. 京劇の格好をした関羽 なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している?
  5. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話
  6. 残忍な曹丕 【シミルボン】おのれ曹丕!縁談をぶち壊され大騒動を起こした丁儀
  7. 茶を飲む張角(太平道) 劉備が親孝行でお茶を買う?中国茶の種類を紹介
  8. はじめての三国志 画像準備中 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. ネズミで人生を変えた李斯
  2. 考える諸葛亮孔明
  3. 劉禅
  4. 典韋にボコボコにされる成廉
  5. 蜀の厳顔
  6. 海上での戦い11 田豫
  7. キングダム52巻
  8. 吉田松陰
  9. 呂布の英雄石像

おすすめ記事

  1. 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデルとしていた!? 孔明南東の風
  2. キングダムネタバレ568話「絶望の崖を飛び越えろ」レビュー解説
  3. 【マイナー文官列伝】有名じゃないけど優れた才能を持った建安七子・王粲ってどんな人
  4. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~楽進・于禁篇~ 楽進
  5. 【孫武の名言】「将、軍に在りては君命をも受けざるところにあり」っていつ言ったの? 孫武(ゆるキャラ)
  6. 【三国志の原点】董卓を超えた暴虐者・梁冀と宦官の争いが後漢末の群雄割拠の原因だった? 梁冀(りょうき)

三國志雑学

  1. 商鞅(しょうおう)
  2. 荀彧
  3. 羅貫中と関羽
  4. 亡くなる周瑜
  5. ロボ関羽


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 桃を持った姜維(はじめての三国志)
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  3. 袁術と一緒にはちみつを楽しむ袁燿(えんよう)
  4. 悩む司馬炎
  5. 孫権に気に入られる孫覇
  6. 趙雲
  7. 坂本龍馬の臨終(暗殺)

おすすめ記事

【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング 剣を持って戦う徐庶 徐庶は史実ではちゃんと出世していた!やっぱり仕えるなら魏の方が良いの? 袁紹モグラ作戦 袁紹が得意とした坑道戦とは? 奮闘する黄蓋 黄蓋は苦肉の策だけではない!レッドクリフでも大活躍した黄蓋の逸話 【第三回 放置少女】ひとりぼっちからの脱出と景品を狙い撃つぜ お茶を楽しむ明智光秀 明智光秀も「茶の湯」を学んでいた?光秀の茶道具コレクションとは? 地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの? 大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん) 濡須口の戦いって何?どうして何度も戦争になるの

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP