広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」

この記事の所要時間: 20

赤壁の戦い

208年11月、赤壁(せきへき)の戦いで

孫権(そんけん)・劉備(りゅうび)の連合軍に敗れた曹操(そうそう)は、

命からがら撤退しました。

 

 

 

孫権へ。曹操より

赤壁の戦い 曹操

 

曹操は拠点に戻ると、孫権に手紙を出します。

 

「あのときは、軍に病気がはやったから

自分で船に火をつけて、撤退したんだからねっ」

 

曹操54歳。

27歳の若造、孫権に負け惜しみを言っていますよ!

 

 

合肥を包囲する孫権

孫権 弔い出陣

孫権は、赤壁での勝利の勢いに乗じて、

合肥(がっぴ)へ攻め込みます。

 

もし孫権が合肥を手に入れれば、このまま北部へ進行する際の

重要な足掛かりとなります。

曹操はなにがなんでもこれを止めなければなりませんでした。

 

このとき、揚州の副官を務めていた蔣済(しょうせい)が

機転を効かせます。

 

「まもなく大援軍がくるぞ」

という噂を流したのです。

 

いくら赤壁で勝利したとはいっても、魏と呉の国力には

かなりの隔たりがあります。

この流言を信じた孫権は、

「ひとまず引き上げよう」と合肥の包囲を解いて撤退します。

 

 

合肥を耕す曹操

曹操50万の兵

翌209年、曹操は自ら合肥に兵を進めました。

このまま再び孫権と戦火を交えるか……!?

と思いきや、兵士たちに従事させたのは、農作業でした。

 

戦続きで荒れ果てた地を生き返らせ、

国力を回復させようという曹操のはからいでした。

 

また、

曹操:「戦死者が出た家には食料を支給する」

といって、民への気配りも忘れませんでした。

 

「負けてなんていないんだからねっ!」と負け惜しみを言った曹操は

敗戦を現実的に受け止め、

自ら後処理に出向いたのでした。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

曹操 弱点 蟻

よく読まれてる記事:曹操には弱点はないの?

 

曹操 詩

よく読まれてる記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

 

かぼちゃ 孫権

よく読まれてる記事:本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策と周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!
  2. 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介
  3. 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】
  4. 東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武…
  5. どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂…
  6. 漢中征伐は一人の漆黒の天才軍師・法正の進言によって行われた
  7. 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ…
  8. 能力か血統か?司馬炎VS賈充VS杜預、三つ巴お家騒動

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/24〜10/30】
  2. 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?
  3. 超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード
  4. 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち
  5. 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物
  6. 【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹家の文才「三曹七子」って何? 人々の鑑になった良い宦官達 【if三国志】劉備がもし孫権と同盟しなかったら三国志はどうなったの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【5/15〜5/22】 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後 曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎士 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?

おすすめ記事

  1. 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家
  2. 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の生涯
  3. 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え!
  4. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 2
  5. 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった?
  6. 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド
  7. 秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?
  8. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP