呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

袁術と孫策

孫堅逝く

孫堅(そんけん)の子の孫策(そんさく)が、父の死後、

袁術(えんじゅつ)の元に居た事は、よく知られています。

 

元々、徐州にいた孫策ですが、徐州牧、陶謙(とうけん)は、

何故か孫策が嫌いで、これに危害を加えようとしたので、

孫策は人を集めて、兄弟や母と共に、曲阿に移り、

そこで袁術の部下になります、西暦194年の事です。

 

 

袁術も孫策に期待をしていた

袁術と孫策

 

袁術は、孫策の立派な風采と態度を頼もしく思い、

「これは、孫堅を継いでワシの手足になるかも知れぬ」孫堅から

吸収していた部曲を返却しました。

 

 

この孫策、袁術軍の中でも評判の高い男で、袁術が大将に任じた、

張勲(ちょうくん)や、喬蕤(きょうずい)は、

その人柄に傾倒して交遊を結ぶ程でした。

 

それを見ていた袁術、おそらくボンクラの自分の息子と

孫策を比べこのようなセリフを吐きます。

 

「この袁術に孫策のような子があれば、

死んでも思い残す事はないのになぁ ぽつーん」

 

あの性格のひねくれねじ曲がり、優れた者には嫉妬心をむき出す袁術に、

そうまで思わせる程に、孫策は魅力がある人物であったようです。

 

でも、息子の袁耀(えんよう)の立場って一体・・・・・・

 

袁術らしくない心の広いセリフ

孫策

 

ある時、孫策の騎士が、罪を犯して逃げ、袁術の陣営に逃げた事がありました。

孫策は、それを追い、袁術の陣営に入り込んで、部下に命じてこれを斬殺します。

 

普通なら上官である袁術の陣営に無断で入るというのは罪です。

孫策もそれを知っていて、日を改めて袁術に謝罪に行きます。

 

しかし、袁術は怒るどころか、孫策の手を取り、顔を上げさせます。

 

「兵とは反逆を好むものだ、わしとて、部下が背いたら必ず憎んで、

斬り捨てる、孫策君と同じだよ、どうして謝罪なんかするのかね?」

 

おおっ!袁術とも思えない心の広い発言、しかし、いつもと違い、

孫策を特別扱いする袁術を見た、彼の家臣は、孫策を恐れて、

ますます敬うようになったようです。

 

何となく、普段の袁術の無茶苦茶ぶりが分かります(笑)

 

しかし、そんな袁術、孫策を自分の息子にしたいとまで言う割に、

いざ、ポストを与えるとなると不義理を繰り返します。

 

袁術は孫策に対してどんな不義理を繰り返したの?

東方 光

 

袁術は最初、孫策を九江の太守にすると約束して働かせていました。

ところが、イザ、その時になると陳紀(ちんき)という男を太守に任命します。

 

 

領地が欲しくて、命懸けで働いた孫策は、これに不満を持ちます。

 

次に、袁術は、徐州の呂布(りょふ)を討伐しようと、
盧江の陸康(りくこう)から兵糧を借りようとして、断られました。

 

そこで激怒した袁術は、孫策に命じて、陸康を討たせようとします。

 

実は、孫策も以前、陸康に面会を頼んだ時、これを断られた事があり

ひどく恨んでいた事がありました。

 

 

「孫策よ、わしは、以前、九江太守にそなたを任命する事を忘れて

陳紀を就けたのを後悔しておる・・

しかし、今度こそ、盧江を陥落させたら、そなたは盧江太守じゃ!」

 

 

孫策は太守になれるならと、命懸けで働き陸康を倒します。

 

 

そして、とうとう、陸康を倒して盧江を陥落させますが、

ここで、袁術は、また、自分の縁故である劉勲(りゅうくん)を太守にしたのです。

 

 

孫策:「あの、、猿ジジイ、、俺を利用できるだけ利用しようってんだな!」

 

 

孫策は独立を意識する

周瑜 孫策

 

孫策は失望して袁術に激しい恨みを持ち、この頃から独立を意識、

折しも、劉繇(りゅうよう)が曲阿に駐屯して袁術と敵対すると、孫策は自ら

この討伐を袁術に申し出て、たった数百名で袁術の下から離れていきます。

 

 

これが孫策の袁術からの独立に繋がるのですが、

なんだかんだで、結局、自分の縁故を採用して、孫策を失望させる

袁術、自称皇帝の名前にはじない小物っぷりですね。

 

 

 

今日も三国志をご馳走様でした。

 

 

 

※この記録は、呉書、孫破虜討逆伝に書かれている袁術の発言を

意味を変えない程度に読みやすくした事実です。

 

—自称皇帝の袁術をたっぷり紹介!—

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

袁耀

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1

 

紀霊 ゆるキャラ

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2

 

楊奉 ゆるキャラ

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3

 

張勲

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4

 

陳蘭

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱 魏延と馬岱は孔明を恨んでいた「怨トモ」だった!?
  2. 三国志では教えてくれない洛陽と長安の秘密
  3. 玉磁と孫堅 23話:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽
  4. 城の前を掃除する孔明 【諸葛亮vs司馬懿】ピンチを切り抜けたのは空城の計!
  5. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 …
  6. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を…
  7. これは本物…?稀代の奇人変人・禰衡のやらかしエピソード集
  8. 桃園3兄弟 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明君のジャングル探検
  2. 関羽と周倉
  3. 日射病で失神する金栗四三 いだてん
  4. 司馬師と司馬懿は晋建国の功労者
  5. 大和朝廷を建国したカムヤマト
  6. キングダム54巻amazon
  7. 劉備を警戒する陳羣
  8. 袁紹軍は石弓兵が強い
  9. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250

おすすめ記事

  1. 司馬師(しばし)とはどんな人?眼球が飛び出て死亡!強烈すぎるのエピソード 目玉が飛び出て亡くなる司馬師
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第28話「死の帳面」の見どころ紹介 おんな城主 直虎
  3. キングダム 524話 ネタバレ予想:朱海決戦はどのように推移する?
  4. 張邈(ちょうばく)とはどんな人?親友の曹操を裏切って反旗を翻した政治家 曹操と呂布
  5. 【キングダム】王騎は実在する将軍?その偉大な功績とは? 王騎 キングダム
  6. はじさんが劉備を丸裸に!素顔は?身長は?劉備を徹底追及! 三国志の主人公の劉備

三國志雑学

  1. 周瑜 周郎
  2. 楊儀
  3. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  4. 羅貫中と関羽


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呂布VS劉備三兄弟
  2. 劉備 婿
  3. 蒋琬(しょうえん)
  4. 張飛の虎髭
  5. 龐統

おすすめ記事

陸遜 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.2【完】 鼎(かなえ) 鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!! 明智光秀と煕子(麒麟がくる) 明智光秀の子孫はどんな人?本能寺の変後の子供から現代の子孫まで紹介 陸遜 陸遜と趙雲は本当に有能だったの?英雄を徹底分析 羅貫中 三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です 井伊直弼には家紋が二つあるのはどうして? 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉 周倉(しゅうそう)と関羽はどんな関係だったの?三国志の上司と部下事情 黒船(ミシシッピ号) 伊藤博文と井上馨、二人の絆の原点はトイレだった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP