自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

袁術の最後

 

三国志の群雄の中では秒速で皇帝を名乗り、仲王朝を興して秒速で滅んだ袁術、そんな彼にも、もちろん部下はいるのですが、袁術自身がハチャメチャであるので部下達の運命も、悲惨だったり、微妙なものになりました。

 

前回記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1


関羽と渡りあった豪傑 腹ペコで斬られる 紀霊(きれい)

紀霊 ゆるキャラ

ほとんどが、袁術同様に、残念な部下が多い仲王朝の面子の中で、唯一、異彩を放つ豪傑が紀霊です。

 

呂布と劉備

 

重さ11キロの三尖刀という武器を操る豪傑で、かつて呂布(りょふ)が劉備(りゅうび)を裏切り徐州を制圧すると、呂布の援軍として劉備を討伐しようと3万の軍勢を率いて、徐州の州都、下邳(かひ)まで来た事もあります。

 

強くなる関羽

 

その時には、劉備軍の豪傑、関羽(かんう)と30合に渡って打ち合いを演じて引き分けに終わっています。

 

顔良と文醜

 

袁紹(えんしょう)軍の豪傑、顔良(がんりょう)と文醜(ぶんしゅう)をあっという間に斬った関羽と30合も打ち合うという所に紀霊の武勇が偲ばれます。また、この紀霊は、袁術が皇帝になり、贅沢三昧で暮らして部下に逃げられる事態になっても、袁術を見捨てずに最期まで共をするという男気を見せています。しかし、いよいよ、袁術が疫病と敗戦と飢餓で崩壊した都、寿春を出て従兄弟の袁紹の元へ逃げのびる時の事。


紀霊と張飛の一騎打ち

長坂の戦い 張飛

 

曹操は、袁術と袁紹の連合を阻止しようと劉備と朱霊(しゅれい)を差し向けて、きたので、これを防ごうと、紀霊は劉備の義弟、張飛に挑みます。ところが、たったの10合打ち合っただけで、紀霊はあっけなく張飛に討たれてしまうのです。

 

棗祇(そうし)食料・兵糧担当

 

どうやら、その理由は、ほとんど食糧がなかった袁術軍において、紀霊も、空腹に悩まされていたからだと言われています。関羽と対等に撃ち合う力を持ちながら、腹ペコで討ち取られるとは、紀霊将軍もやはり、トホホな存在です。


三国一の身の程知らず 関羽に秒殺 荀正(じゅんせい)

荀正 ゆるキャラ

 

荀正は、紀霊将軍の配下で、なかなか武勇に自信があったようです。かつて紀霊が、関羽と一騎打ちをし30合を打ち合い決着が付かなかった時荀正は、紀霊の命令で、引き続き関羽と相手をするように命令されます。普通なら、自軍で最強の紀霊と打ち合った関羽を警戒しそうなものですが、自分の武勇に自信がある荀正は一味違います。馬に乗って槍を構えると、「この無名野郎!掛かってこい!」と関羽を挑発。疲れていた関羽は、この一言に激怒して、荀正を秒殺しました。

 

この身の程知らずぶり、さすがです。キング・オブの袁術の配下と言えるでしょう。

 

次回記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 

 

関連記事

  1. 楊奉

    袁術祭り

    自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3

    三国志の群雄の中で秒速のスピードで…

  2. 陳蘭
  3. 袁術祭り

    自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4

    三国志の群雄では、随一の速度で皇帝…

  4. 袁燿(袁耀)えんよう

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP