キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3

楊奉

袁術くやしいいい

三国志の群雄の中で秒速のスピードで後漢王朝を見限って、皇帝を自称して

仲王朝を興し、これまた秒速で滅んでいった袁術(えんじゅつ)。

 

そんな、トホホな袁術にも、部下はいるのですが、流石袁術の部下だけあり

残念な最期を迎えた連中が大勢います。

今回も、そんな歴史家が見向きもしないトホホ武将の列伝を記しましょう。

 

前回記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2

 

 

 

死ぬまで一緒な元山賊 楊奉(ようほう)韓暹(かんせい)

暴れる黄巾党008

楊奉と韓暹は、元々、白波賊と呼ばれた河東郡山賊で、黄巾の乱では、

これに呼応、というより火事場泥棒的な便乗をして各地で暴れまわりました。

 

 

献帝の警護をしていた楊奉

楊奉 ゆるキャラ

 

楊奉は、その後、献帝の側近であった董承(とうしょう)の下で

献帝の警護をしていましたが、いよいよ、李傕(りかく)の横暴が酷くなったので、

献帝を洛陽に移そうと考え、楊奉を通じて、韓暹をボディーガードに引き抜きます。

 

途中で李傕は、これを自分から献帝を引き離す計略だと気づき、

軍を出して、これを追撃しますが、韓暹、楊奉はこれを迎撃して見事に

献帝を守り抜きました。

 

大将軍に任命された韓暹

韓暹

西暦196年、無事に洛陽に入った献帝は、韓暹を大将軍に任命します。

大将軍とは、かつて外戚のトップであった何進(かしん)がついていた、

防衛大臣の臨時職ですが、それに元山賊の韓暹が就任したのです。

 

ところが、韓暹は、これですっかり舞い上がり、有頂天になって、

自分の配下を勝手に官職につけるなどやりたい放題をします。

 

そこで、元々から献帝を擁護していた董承と路線対立が生じますが、

董承には兵力がないので、付近を支配していた曹操に接近して、

献帝を曹操に売り飛ばしてしまいます。

 

落ちぶれた韓暹と楊奉

現実主義曹操

 

これで、正当性を失った、韓暹、楊奉はすっかり落ちぶれて、

元の山賊に戻り、定陵周辺で略奪行為を行ったので、曹操

討伐軍を派遣して、二人を撃破しました。

 

全てを失った韓暹と楊奉は、放浪の末に、その頃、寿春で皇帝を自称していた

袁術を頼りその部将になってしまうのです。

 

西暦197年、袁術は、曹操に対抗する為に呂布の娘と息子を縁組させて

同盟を組もうとしますが、呂布の配下の陳圭がこれに猛反対。

 

「あんな自称皇帝と組んだら、身の破滅でっせ、今は帝を擁する

曹操と組む方が、100倍お得でス」と説得したので、

呂布は直前で袁術との縁談を蹴りました。

 

袁術は怒りに燃えて、呂布討伐の軍を興します。

 

プライドをかけた袁術軍の布陣

袁術 伝説 ゆるキャラ

 

袁術軍は威信を掛けて10万の大軍を動員し、袁術軍オールスター

紀霊(きれい)や張勲、(ちょうくん)陳紀、(ちんき)雷薄(らいはく)

李豊(りほう)、陳蘭(ちんらん)という三国志ファンお馴染みの(誰?)

綺羅星のような武将達が(だからこいつら誰?)総出演しますが、

その後詰めの兵力とされたのが、韓暹と楊奉でした。

 

 

戦争は、袁術軍が終始、押し気味に展開して、あわや呂布もこれまでか

という所まで追い詰めますが、ここで韓暹と楊奉が寝返り呂布につきます。

 

 

韓暹と楊奉は呂布側についた

裏切り 呂布

 

またしても、呂布の参謀の陳圭の手紙で呂布に付いた方が

有利と説得されて、即座に正面の袁術軍に襲いかかったのです。

 

 

正面と背後から挟まれた袁術軍はひとたまりもなく、

元々、戦に弱い皇帝袁術は、部下を置き去りにさっさと寿春に逃亡。

 

韓暹は、一人で十人以上の袁術軍の将軍を斬る大活躍をします。

 

おおっ!なんという恩知らず、流石は袁術の部下です。

 

 

こうして、呂布に裏切り、袁術軍に致命的な打撃を与えた

韓暹と楊奉は、呂布軍として海西に駐屯して、ここで略奪行為をして

いましたが、そこに呂布の軍勢を奪おうと劉備が接近してきます。

 

 

劉備によって倒された韓暹と楊奉

劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

劉備は、謀略を用いて韓暹を殺し、さらに逃亡した楊奉も逃げる途中に

旧友の張宣という男の軍勢に捕えられ斬首されました。

 

張宣は劉備派だったようで、楊奉の首は劉備に届けられています。

山賊から、大将軍、また山賊、袁術の部下、呂布の部下、また山賊と、

なんだかよく分からん履歴を持つ、韓暹と楊奉、その多彩な履歴と

裏切りっぷりは、袁術の配下として相応しいと言えるでしょう。

 

次回記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4

 

 

—自称皇帝の袁術をたっぷり紹介!—

 

耳で聞いて覚える三国志

 

こちらの記事もよく読まれています

袁耀

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1

 

紀霊 ゆるキャラ

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2

 

楊奉 ゆるキャラ

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3

 

張勲

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4

 

陳蘭

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5

舒邵(じょしょう)

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6

袁術

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7

袁術 kawauso

よく読まれてる記事: 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由

 

 

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 孔明 東南の風 79話:曹操最大の失敗赤壁の戦い
  2. はじめての三国志 画像準備中 豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗…
  3. 曹操と夏侯惇 夏侯惇の眼帯はバカにされるのを隠すためだった!?
  4. 環夫人 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人
  5. 廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将…
  6. 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小…
  7. 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?
  8. 馬謖を斬り悲しむ孔明 123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム
  2. キングダム
  3. 曹丕
  4. 廃仏毀釈
  5. 徳川家を守った篤姫

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【10/10〜10/16】
  2. 【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達 韓信と劉邦
  3. 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?
  4. 【コラボ企画】はじめての三国志 x レキシズル 3月25日開催決定
  5. 蜀は古代から独立王国だったって知ってた? ダムが完成した蜀
  6. 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生

三國志雑学

  1. 高順が呂布に疎んじられた理由
  2. 王平は四龍将
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉
  2. 孔明

おすすめ記事

はじめての三国志 【はじめての三国志編集部】今年もおつかれさまでした。 曹操が黄巾党が仲間に! 29話:青州兵によって膨れ上がる曹操の兵力 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった! 徳川慶喜(幕末) 徳川慶喜は「家康の再来」と言われる程すごい人だったの!? キングダム キングダム585話ネタバレ予想外伝信の生まれ育った村はどんな感じ? 鼻をほじりながら無関心な織田信長 織田信長の口癖は「~であった」尾張弁など分かりやすく解説 黒田官兵衛 信長ジェラる?高松城水攻めからの甲州征伐の流れが完璧すぎる 陸遜 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第9部

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP