キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3

袁術くやしいいい

三国志の群雄の中で秒速のスピードで後漢王朝を見限って、皇帝を自称して

仲王朝を興し、これまた秒速で滅んでいった袁術(えんじゅつ)。

 

そんな、トホホな袁術にも、部下はいるのですが、流石袁術の部下だけあり

残念な最期を迎えた連中が大勢います。

今回も、そんな歴史家が見向きもしないトホホ武将の列伝を記しましょう。

 

前回記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2

 

 

 

死ぬまで一緒な元山賊 楊奉(ようほう)韓暹(かんせい)

暴れる黄巾党008

楊奉と韓暹は、元々、白波賊と呼ばれた河東郡山賊で、黄巾の乱では、

これに呼応、というより火事場泥棒的な便乗をして各地で暴れまわりました。

 

 

献帝の警護をしていた楊奉

楊奉 ゆるキャラ

 

楊奉は、その後、献帝の側近であった董承(とうしょう)の下で

献帝の警護をしていましたが、いよいよ、李傕(りかく)の横暴が酷くなったので、

献帝を洛陽に移そうと考え、楊奉を通じて、韓暹をボディーガードに引き抜きます。

 

途中で李傕は、これを自分から献帝を引き離す計略だと気づき、

軍を出して、これを追撃しますが、韓暹、楊奉はこれを迎撃して見事に

献帝を守り抜きました。

 

大将軍に任命された韓暹

韓暹

西暦196年、無事に洛陽に入った献帝は、韓暹を大将軍に任命します。

大将軍とは、かつて外戚のトップであった何進(かしん)がついていた、

防衛大臣の臨時職ですが、それに元山賊の韓暹が就任したのです。

 

ところが、韓暹は、これですっかり舞い上がり、有頂天になって、

自分の配下を勝手に官職につけるなどやりたい放題をします。

 

そこで、元々から献帝を擁護していた董承と路線対立が生じますが、

董承には兵力がないので、付近を支配していた曹操に接近して、

献帝を曹操に売り飛ばしてしまいます。

 

落ちぶれた韓暹と楊奉

現実主義曹操

 

これで、正当性を失った、韓暹、楊奉はすっかり落ちぶれて、

元の山賊に戻り、定陵周辺で略奪行為を行ったので、曹操

討伐軍を派遣して、二人を撃破しました。

 

全てを失った韓暹と楊奉は、放浪の末に、その頃、寿春で皇帝を自称していた

袁術を頼りその部将になってしまうのです。

 

西暦197年、袁術は、曹操に対抗する為に呂布の娘と息子を縁組させて

同盟を組もうとしますが、呂布の配下の陳圭がこれに猛反対。

 

「あんな自称皇帝と組んだら、身の破滅でっせ、今は帝を擁する

曹操と組む方が、100倍お得でス」と説得したので、

呂布は直前で袁術との縁談を蹴りました。

 

袁術は怒りに燃えて、呂布討伐の軍を興します。

 

プライドをかけた袁術軍の布陣

袁術 伝説 ゆるキャラ

 

袁術軍は威信を掛けて10万の大軍を動員し、袁術軍オールスター

紀霊(きれい)や張勲、(ちょうくん)陳紀、(ちんき)雷薄(らいはく)

李豊(りほう)、陳蘭(ちんらん)という三国志ファンお馴染みの(誰?)

綺羅星のような武将達が(だからこいつら誰?)総出演しますが、

その後詰めの兵力とされたのが、韓暹と楊奉でした。

 

 

戦争は、袁術軍が終始、押し気味に展開して、あわや呂布もこれまでか

という所まで追い詰めますが、ここで韓暹と楊奉が寝返り呂布につきます。

 

 

韓暹と楊奉は呂布側についた

裏切り 呂布

 

またしても、呂布の参謀の陳圭の手紙で呂布に付いた方が

有利と説得されて、即座に正面の袁術軍に襲いかかったのです。

 

 

正面と背後から挟まれた袁術軍はひとたまりもなく、

元々、戦に弱い皇帝袁術は、部下を置き去りにさっさと寿春に逃亡。

 

韓暹は、一人で十人以上の袁術軍の将軍を斬る大活躍をします。

 

おおっ!なんという恩知らず、流石は袁術の部下です。

 

 

こうして、呂布に裏切り、袁術軍に致命的な打撃を与えた

韓暹と楊奉は、呂布軍として海西に駐屯して、ここで略奪行為をして

いましたが、そこに呂布の軍勢を奪おうと劉備が接近してきます。

 

 

劉備によって倒された韓暹と楊奉

劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

劉備は、謀略を用いて韓暹を殺し、さらに逃亡した楊奉も逃げる途中に

旧友の張宣という男の軍勢に捕えられ斬首されました。

 

張宣は劉備派だったようで、楊奉の首は劉備に届けられています。

山賊から、大将軍、また山賊、袁術の部下、呂布の部下、また山賊と、

なんだかよく分からん履歴を持つ、韓暹と楊奉、その多彩な履歴と

裏切りっぷりは、袁術の配下として相応しいと言えるでしょう。

 

次回記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4

 

 

—自称皇帝の袁術をたっぷり紹介!—

 

耳で聞いて覚える三国志

 

こちらの記事もよく読まれています

袁耀

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1

 

紀霊 ゆるキャラ

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2

 

楊奉 ゆるキャラ

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3

 

張勲

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4

 

陳蘭

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5

舒邵(じょしょう)

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6

袁術

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7

袁術 kawauso

よく読まれてる記事: 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由

 

 

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 曹丕のグルメエピソードがまたひとつ鍾繇が送った五熟鍋とは?
  2. 魏を裏切った王平と夏候覇は何で蜀で出世できたの?【三国志に学ぶ人…
  3. 【中国の杯】三国時代ではどこで酒宴していたの?杯について徹底解説…
  4. まだ漢王朝で消耗してるの?第3話:赤壁の敗戦と新国家の骨格 曹操…
  5. 【シミルボン】バカっぽい?酒を煮て英雄を論ずは、もう少し知的だっ…
  6. 夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?
  7. 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介
  8. 最強中二病!袁術はどうして皇帝になろうとしたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【丞相ランキング】三国志で一番すごい丞相はいったい誰なの?
  2. 司馬懿は恐妻家?それとも愛妻家?司馬懿の奥さんはどんな人?
  3. 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?
  4. あけましておめでとうございます、2015年も「はじめての三国志」をよろしくです
  5. 錦馬超には仲間と呼べる人達がいたの?
  6. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

『三國志曹操伝 ONLINE』がアップデート。演義編に新シナリオ「徐庶伝」を追加。お得なパッケージの限定販売も 【センゴク】丹波の反乱と松永久秀の反乱 【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)の話【第3話】 【素朴な疑問】三顧の礼はどうして凄いのか? 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係 王朗からの手紙「You降っチャイナ」に諸葛亮ガチギレ 楊貴妃(ようきひ)とはどんな人?玄宗皇帝を夢中にさせた世界三大美女 春秋と史記に隠された意味がダヴィンチコードレベル

おすすめ記事

  1. 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用いた名言
  2. 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?曹操と生涯仲良し綺麗事を言わない荀彧の甥
  3. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  4. 劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?
  5. 鎌倉時代が始まったのは1192年?それとも1185年? 鎌倉時代の侍
  6. 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!
  7. 徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!? 大政奉還した徳川慶喜
  8. 曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現代中国の方言まで徹底解説!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP