ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1

袁燿(袁耀)えんよう

袁術祭り

 

通常、列伝は賞賛されるに値する人物か、兎も角も歴史に名を残した人物に

後世の歴史家によって与えられるものですが、三国志の登場人物の一握りしか、

その光栄には浴していません。

 

そこで、はじめての三国志では、歴史の中に消えた地味な武将達を掘り起こし

ちょっとだけ、スポットライトを当ててあげたいなと思います。

 

その栄えある第一回目は、

三国志の群雄の中では、秒速で皇帝を名乗り、仲王朝を興してしまった

残念な人物の代表、袁術公路(えんじゅつ・こうろ)のトホホな家臣達の列伝です。

 

 

 

帝王の血を受け継いだ地味な息子、袁耀(えんよう)

袁耀

 

袁耀は言わずと知れた自称皇帝、袁術の息子に当る人物です。

まさに帝王の血を受け継いだ彼ですが、西暦199年に袁術が病死すると

一族は没落、袁耀は、一族の袁胤(えんいん)に守られ僅かな一族と共に、

袁術のかつての配下、劉勲を頼って皖城(かんじょう)に逃れていきます。

 

しかし、劉勲は、当時勢力を伸ばしてきた孫策(そんさく)の前に敗れて敗走、

袁耀は孫策の捕虜になってしまいます。

 

かつて、袁術の客将だった孫策に今度は、袁術の息子の袁耀が捕らわれる

これぞ下剋上という感じですが、幸いにして袁耀の妹が、孫権の後宮に入り

袁耀も郎中に取り立てられた事までは分かっています。

 

自称皇帝袁術の息子は、こうして歴史の影にひっそりと消えてゆきました。

 

 

数少ない、まともな部下 閻象(えんしょう)

閻象

 

閻象は、袁術の配下としては、かなりまともな部類に入る人物です。

西暦195年、献帝李傕郭汜が支配する長安を脱出して放浪している

という情報が入るや、袁術は、部下達に宣言します。

「これは、すでに漢の徳が衰えたという意味じゃね?

もう、名門のわしが皇帝を名乗っても大丈夫だと思わんか?」

 

袁術の恐ろしさに、家臣が皆下を向いていると、一人閻象

進み出て言いました。

 

「かつて、周の文王は天下の3分の2を支配しながら、なお

殷の紂王の臣でした、さらに献帝は御存命であられるのに、

どうして、新たに皇帝を名乗れましょう」

 

その堂々としたモノ言いに、袁術の家臣は心の中で拍手喝さい

袁術は、みるみる不機嫌になりましたが、、正論を前に、

反撃のしようもなく・・

 

「じゃあ、、もう少しだけ、待ってみようかな」とコメントします。

 

閻象エライ、イイ仕事をしたと思うのですが、その後、

閻象は、歴史書に出てこなくなります。

 

やっぱり、袁術の機嫌を損ねた事で処分されたんでしょうか・・

 

次回記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2

 

—自称皇帝の袁術をたっぷり紹介!—

 

耳で聞いて覚える三国志

 

こちらの記事もよく読まれています

袁耀

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1

 

紀霊 ゆるキャラ

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2

 

楊奉 ゆるキャラ

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3

 

張勲

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4

 

陳蘭

 

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5

舒邵(じょしょう)

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6

袁術

よく読まれてる記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7

袁術 kawauso

よく読まれてる記事: 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由

 

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 劉備 結婚 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・…
  2. 関羽が殺されキレる劉備 劉備の養子・劉封(りゅうほう)はなぜ殺されねばならなかったの?
  3. 公孫サン(公孫瓚) 公孫瓚は異民族に特別厳しかったのか?
  4. 張魯 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上
  5. 袁術に助けを求める呂布 呂布はどんな人柄をしていたの?実は臆病で優柔不断な将軍だった?
  6. 二世は辛いよ!やられキャラの張虎と楽綝の生涯を紹介!
  7. ホウ徳(龐徳) 龐徳の子や孫は一体どんな人なの!?
  8. 梁興と馬騰 【潼関の戦い】関中軍閥にはどんな人がいたのか?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志大学で勉強する劉備
  2. 孔融
  3. 邪馬台国の卑弥呼はアイドル
  4. 典韋にボコボコにされる成廉
  5. 北条早雲
  6. 諸葛瑾
  7. 北伐する孔明
  8. キングダム53巻
  9. キングダム54巻amazon
  10. キングダム

おすすめ記事

  1. 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』 吉川英治様表紙リスペクト
  2. 陶淵明が描いたユートピア「桃花源記」の世界とは?
  3. 戦国策【楚策】女心を利用して窮地を切り抜けるの巻 楚の旗と兵士
  4. ドリフターズの主人公・島津豊久ってマイナーだけど何をした人なの?
  5. 【シミルボン】拝啓 我が息子瞻へ・・諸葛亮息子への手紙 親バカな諸葛孔明
  6. 第7話:三国夢幻演義 龍の少年「廬江の少年たち」配信中 三国夢幻演義バナー 龍の少年

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 袁紹と献帝と董卓
  3. 宦官
  4. 于禁を虐める曹丕
  5. 亡くなる袁紹


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呂玲綺
  2. 黄巾賊を撃退する太史慈
  3. 京劇の格好をした関羽
  4. 白石正一郎
  5. 段ワイ、献帝

おすすめ記事

甘寧に殺されかける料理人 悲惨!呉のエクスペンダブルズ甘寧のストレス爆発人生を振り返る 夏侯淵 夏侯淵の死後、一族はどうなったのか? 潼関の戦いに参加した異民族、阿貴と千万とはどんな人? 曹操から逃げ回る劉備 【投げたらあかん!】阿斗を趙雲がキャッチする三国志ドラマがある 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】 はじめての三国志 4コマ劇場 「難攻不落の門」 張魯 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上 曹操を励ます荀彧 荀彧の手紙が官渡の戦いの勝利の決め手だった!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP