編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

この記事の所要時間: 458

曹操 船酔い

曹操(そうそう)は、率先垂範を旨として危険な戦場でも自ら飛び込んで、

部下に模範を示したので危ない目にあった事は数え切れない程あります。

 

しかし、自然の脅威というものに遭遇し、ここまで苦しめられた戦いは

この烏桓相手の戦い、白狼山の戦い(はくろうざんのたたかい)以外にはないでしょう。

 

 

 

烏桓(うかん)族って、どんな遊牧民?

烏桓

 

烏桓族は、紀元前1世紀から紀元後3世紀に掛けて、

現在のモンゴル自治区に居住していた遊牧民族です。

 

元々は勢力が小さく、強大な匈奴に臣従していましたが、

英雄が出現するに従い力を強めて独自の勢力になりました。

 

漢民族との関係は、敵対したり、臣従したりの繰り返しで

その時々の力関係により激変しています。

 

関連記事:三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

関連記事:鮮卑族と烏桓族の起源は?

 

袁紹に味方して公孫瓚を討つ烏桓族

photo credit: Zweiglein via photopin (license)

photo credit: Zweiglein via photopin (license)

後漢の末になると、遼西烏桓に蹋頓(とうとん)という英雄が現れます。

 

当時、中国北方では、袁紹(えんしょう)公孫瓚(こうそんさん)

天下を争っていたので蹋頓は、袁紹に味方して自軍の騎兵3万騎を

袁紹に貸出し援助しました。

 

烏桓の騎兵は強力で、袁紹はその機動力をバックに

公孫瓚を易京に破り、ついに北方4州を統一します。

 

袁紹は蹋頓の支援を感謝し後漢朝廷の印授を偽造して

遊牧民の中の帝王の称号である単于(ぜんう)を贈ります。

さらに、家臣の娘を養女にして、烏桓の有力者に与えて、

婚姻関係を結んだので、遼西烏桓と袁家の関係は親密になりました。

 

関連記事:三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚

関連記事:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー

関連記事: 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1

 

袁紹死す、後継者争いの末、袁尚と袁煕が烏桓を頼る

photo credit: Green & Gold via photopin (license)

photo credit: Green & Gold via photopin (license)

やがて、強大になった袁紹は、官渡において曹操と天下分け目の

一大決戦を行いますが、大敗北を喫してしまい2年後に死にます。

 

その時、袁紹は、後継者を決めなかったので、長子の袁譚(えんたん)と

三男の袁尚(えんしょう)が後継者を争いました。

曹操は、二人の争いを静観して、疲れ果てた頃に軍事介入します。

 

袁譚は殺され、袁尚は、次男の袁煕(えんき)を頼ります。

袁煕は幽州太守でしたが、厄介者の袁尚を入れた事で、

地元豪族の反発を受け、離反が続出、進退極まった二人は、

幽州を捨てて、遼西烏桓の蹋頓を頼り落ちのびていくのです。

 

烏桓、袁尚、袁煕を匿う、その時曹操は・・

郭嘉

 

袁尚と袁煕が烏桓を頼ったと情報が入った時、曹操の陣営は

大半が様子を見るべきであるというものでした。

 

「烏桓は、袁家など応援する事はない!放置しておいても禍は起きない

むしろ、今、大軍を持って、烏桓征伐をしたら、

荊州の劉表(りょうひょう)を頼っている劉備(りゅうび)が

劉表を動かして、手薄になった許都を攻めるに違いなく

その方が、遥かに問題である」

 

ところが、1人、郭嘉(かくか)だけが

烏桓を征伐すべきであると主張します。

 

郭嘉は、烏桓と袁家の親密さを見抜いていた

郭嘉

 

郭嘉「烏桓は、かつて袁紹に味方して公孫瓚を討った時に、

袁紹から単于に封じられ、手厚い扱いを受けました

いかに彼等が野蛮人であっても恩義を忘れる事はありません

烏桓を放置する事は自分の背後に虎を放って置くのも同じです。

袁尚、袁煕は、我が軍の隙を突いて必ず河北を奪還しようとするでしょう」

郭嘉は、こう説明し、劉備に関しては、決断の鈍い劉表が、

劉備の提案を受け入れて、許都を攻める可能性は無いと断言します。

 

曹操は郭嘉の意見を採用して烏桓討伐を決意します。

 

関連記事:郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物

関連記事:郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由

関連記事:曹操陣営に加わる前の郭嘉は何をしていたの?

 

曹操、烏桓討伐、それは苦しい戦いの始まりだった

曹操

 

曹操は烏桓の本拠地である柳城(現遼寧省朝陽市西南)に

向かって進軍を開始します。

戦いは長期に及ぶ事を予想し騎兵も歩兵も補給隊も大勢連れた進軍でした。

 

しかし、易県に辿りつき、ここを烏桓討伐の本拠地とすると、

軍師郭嘉は、曹操に進言します。

 

郭嘉:「兵は拙速を貴びます、このまま動きの遅い部隊を連れていては

烏桓めに、我が軍は攻めてきますと触れまわっているも同じ事、

ここは、足の速い騎兵だけを残し、補給隊は置いていきましょう」

 

曹操は補給が途絶えた恐怖を何度も経験していて躊躇しますが、

勝手の分からぬ土地、逸早く戦争を終えた方がいいという結論に達し

郭嘉の進言通りに軍を再編して、騎兵だけを選抜して出発します。

 

ところが、この時に補給を捨てた事が曹操軍に厳しい行軍を強いる事になります。

 

 

無終に到着した曹操軍、しかし道が無い・・

 

曹操軍は軽快な騎兵数万で一気に、進軍を進めて無終という土地につきます。

そこには、漢民族の田疇(でんちゅう)という有力者がいいました。

彼は、以前に土地の人間を烏桓に殺されていて、曹操の烏桓討伐に協力します。

 

ですが、騎兵のみで来たにも関わらず、烏桓は曹操軍の襲来を知り、

主要な道路を全て封鎖していました。

 

おまけに、長雨が降り道はぬかるみ、数キロ歩くのも大変という

過酷な自然環境が曹操軍を襲います。

 

曹操は大変に困り、田疇に意見を求めると、

 

「命懸けではありますが、、今から二百年前に崩落を起して、

使われなくなった旧道があります、私が先導しますので、こちらを使いましょう」

といい、自ら、500の兵を率いて、先頭に立ちました。

 

曹操の生涯で最も過酷な行軍・・・

 

曹操は行軍に当たり、立て札を各地に立てて、こう書いておきました。

 

「雨季に入り道がぬかるんで危ないので秋冬になるまでは行軍を取りやめる」

果たして、烏桓の斥候兵は、これを信用してすっかり油断します。

 

曹操軍は、ここから烏桓の本拠地、柳城に向け500里以上を行軍します。

それは、さながら行軍というよりは冒険旅行に近いものでした。

 

灤(らん)河の渓谷を越え盧龍塞(ろりゅうさい)(現、河北省遷西県西北)

を通過して、徐無山を登り、白檀(はくだん)(現、河北省灤平県東南、興州河南岸)

を通過して平岡(現、遼寧省凌源市西南)で東へと方向転換し鮮卑の地を渡ります。

 

この間の行軍は、寒さ、飢え、渇き、そして悪路との戦い、

どんよりと曇り一度も顔を見せない太陽というような自然の脅威との戦いでした。

後編に続く・・・

 

関連記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

関連記事:郭嘉はどんな性格だったの?

 

—三国志を彩どる異民族が満載!—

三国志vs異民族 バナー

 

 

こちらの記事もよく読まれています

植物 s

 

よく読まれてる記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

 

ハイビスカス s

 

よく読まれてる記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

 

 

よく読まれてる記事:三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑
  2. 諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第8部
  4. コーエー三國志の李儒は何であんなにパラメーターが高いの?
  5. 46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破
  6. 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!…
  7. 93話:名将 張任、遂に堕ちる
  8. 三国天武とはどんなアプリゲーム?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後に蒙恬(もうてん)一族が滅びる理由とは?
  2. 陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主
  3. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5
  4. 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)
  5. 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる
  6. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何? 月刊はじめての三国志2017年8月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 【初心者向け】反董卓連合軍はどこに布陣していたの? 伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓 官渡の戦いを終戦に導いた許攸(きょゆう)は偉大なの!? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/10〜7/16】 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人

おすすめ記事

  1. 三国志に登場する兄弟最強は誰だ!?三国志最強兄弟賞(SSK)
  2. 【センゴク】羽柴秀吉の播州攻略と上月城救援戦
  3. 正史三国志・蜀書で見る蜀で忠誠度の高い武将ランキングを発表!
  4. 116話:劉備、失意の中白帝城に没す!
  5. 朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍
  6. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将
  7. 游楚(ゆうそ)とはどんな人?諸葛亮の攻撃を耐え抜いた魏の太守
  8. ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP