キングダム
朝まで三国志軍師




はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり

この記事の所要時間: 152

曹操 劉備 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラVSゲイリー・グッドリッチ

 

219年、漢中を巡って劉備(りゅうび)と戦っていた曹操(そうそう)は、

数か月に及ぶ苦戦を強いられ、進退について悩んでいました。

 

そんなある日のお話です。

 

 

鶏肋、鶏肋

曹操 鶏肋

 

曹操は、鶏のあばらが入った羹(あつもの、スープのこと)を

飲んでいました。

 

そこへ、夏候惇(かこうとん)がやってきます。

「孟徳、次はどう攻める?」

曹操は、羹をすすりながら、こう答えました。

「鶏肋(けいろく)、鶏肋」

 

そっか、そんなに鶏のあばらがおいしかったんダナー。

夏候惇はそんなふうに思ったのでしょうが、

楊修(ようしゅう)という男だけは、ピンと来たのです。

 

「鶏の肋(あばら)は、だしは取れるが食べるところはない。

 つまり、漢中は

 捨ててしまうには惜しいが、かといって死守すべきでもない。

 そういうことですよネ!?」

 

楊修は撤退の準備を始めました。

 

はたして、

翌日、曹操は本当に退却命令を出しました。

 

関連記事:夏候惇(かこうとん)ってどんな人?| 曹操に最も近い男

関連記事:夏候惇と言えば独眼竜?

関連記事:孔明、博望坡で初陣を飾る。夏侯惇をフルボッコ

 

楊修大正解~!! なのに死刑

裏切りは許さぬ 曹操

 

長年のライバルである劉備に敗れたことが、

曹操はそうとう悔しかったのでしょう。

虫の居所が非常にわるかったのに違いありません。

 

「鶏肋」命令を、あっさりと理解して、

嬉しそうに周りに触れ回った楊修に対して、腹を立てます。

 

「あいつ、もともと袁術(えんじゅつ)の甥だし、

 気にくわなかったんだよ」

 

曹操は、漢中から撤退した後、

楊修が諸侯と通じたとして処刑してしまいます。

 

 

私は鶏肋の逸話を聞くと、

いつも思い出す日本文学のエピソードがあります。

 

関連記事:袁術祭り開催日程のお知らせ

関連記事:三国志一の策謀家、袁術の伝説

 

枕草子

 

中学生になると必ずと言っていいほど古典で習う『枕草子』の逸話です。

 

中宮定子(ていし)さまから、

「香炉峰(こうろほう)の雪 いかならむ?」

と聞かれた清少納言(せいしょうなごん)は、

みんなが首を傾げている中で、定子さまの謎かけにピンときて、

格子(雨戸のようなもの)を開けて、御簾(すだれのようなもの)を上げ、

雪景色を見せるのです。

 

これは、「香炉峰の雪は簾を上げて看る」という漢詩があり、

それを踏まえた謎かけだったのですが、

 

ひとりだけバッチリと答えられた清少納言は、

定子さまからたいへん喜ばれたとか。

 

相手が曹操だったら、死刑は免れなかったですね、清少納言さん!

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

13人の妻達(曹操)

 

よく読まれてる記事:曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1

 

曹操 健康

 

よく読まれてる記事:曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法

 

曹丕

 

よく読まれてる記事:集まれ曹操の25人の息子たち・その1

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■自己紹介:

はじめての三国志

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【7/11〜7/1…
  3. 関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人
  4. 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切…
  5. 諸葛孔明の影に隠れる劉備
  6. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる
  7. 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【前…
  8. 項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 興収10億円突破!映画『関ヶ原』岡田准一の見どころと辛口批評するよ!
  2. 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情
  3. 徳川慶喜の功績って一体何があるの!?
  4. 【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯
  5. 36話:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布
  6. 島津久光を好きになってはいけない6つの理由

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

沙摩柯(しゃまか)とはどんな人?武蛮族の王が甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの? 知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31】 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭 【はじ三グッズ】可愛い郭嘉の手帳型スマホケース(iPhone/Android対応)発売開始 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致 【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積

おすすめ記事

  1. とっても地味な孫権の息子達7名を一挙紹介
  2. 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。
  3. 三国志:前半戦のまとめその1(董卓登場まで)
  4. 孫尚香ってどんな人|孔明に曹操、孫権と並び評された人物
  5. 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった
  6. 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争
  7. キングダム 510話 ネタバレ予想:李牧が王翦に仕掛けた罠とは何なの?
  8. 【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“水滸伝"
PAGE TOP