曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり

曹操 劉備 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラVSゲイリー・グッドリッチ

 

219年、漢中を巡って劉備(りゅうび)と戦っていた曹操(そうそう)は、

数か月に及ぶ苦戦を強いられ、進退について悩んでいました。

 

そんなある日のお話です。

 

[adsense]
 

鶏肋、鶏肋

曹操 鶏肋

 

曹操は、鶏のあばらが入った羹(あつもの、スープのこと)を

飲んでいました。

 

そこへ、夏候惇(かこうとん)がやってきます。

「孟徳、次はどう攻める?」

曹操は、羹をすすりながら、こう答えました。

「鶏肋(けいろく)、鶏肋」

 

そっか、そんなに鶏のあばらがおいしかったんダナー。

夏候惇はそんなふうに思ったのでしょうが、

楊修(ようしゅう)という男だけは、ピンと来たのです。

 

「鶏の肋(あばら)は、だしは取れるが食べるところはない。

 つまり、漢中は

 捨ててしまうには惜しいが、かといって死守すべきでもない。

 そういうことですよネ!?」

 

楊修は撤退の準備を始めました。

 

はたして、

翌日、曹操は本当に退却命令を出しました。

 

関連記事:夏候惇(かこうとん)ってどんな人?| 曹操に最も近い男

関連記事:夏候惇と言えば独眼竜?

関連記事:孔明、博望坡で初陣を飾る。夏侯惇をフルボッコ

 

楊修大正解~!! なのに死刑

裏切りは許さぬ 曹操

 

長年のライバルである劉備に敗れたことが、

曹操はそうとう悔しかったのでしょう。

虫の居所が非常にわるかったのに違いありません。

 

「鶏肋」命令を、あっさりと理解して、

嬉しそうに周りに触れ回った楊修に対して、腹を立てます。

 

「あいつ、もともと袁術(えんじゅつ)の甥だし、

 気にくわなかったんだよ」

 

曹操は、漢中から撤退した後、

楊修が諸侯と通じたとして処刑してしまいます。

 

 

私は鶏肋の逸話を聞くと、

いつも思い出す日本文学のエピソードがあります。

 

関連記事:袁術祭り開催日程のお知らせ

関連記事:三国志一の策謀家、袁術の伝説

 

枕草子

 

中学生になると必ずと言っていいほど古典で習う『枕草子』の逸話です。

 

中宮定子(ていし)さまから、

「香炉峰(こうろほう)の雪 いかならむ?」

と聞かれた清少納言(せいしょうなごん)は、

みんなが首を傾げている中で、定子さまの謎かけにピンときて、

格子(雨戸のようなもの)を開けて、御簾(すだれのようなもの)を上げ、

雪景色を見せるのです。

 

これは、「香炉峰の雪は簾を上げて看る」という漢詩があり、

それを踏まえた謎かけだったのですが、

 

ひとりだけバッチリと答えられた清少納言は、

定子さまからたいへん喜ばれたとか。

 

相手が曹操だったら、死刑は免れなかったですね、清少納言さん!

 

 

[adsense]
 

こちらの記事もよく読まれています

13人の妻達(曹操)

 

よく読まれてる記事:曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1

 

曹操 健康

 

よく読まれてる記事:曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法

 

曹丕

 

よく読まれてる記事:集まれ曹操の25人の息子たち・その1

 

[adsense]
 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. 京劇コスチューム趙雲
  2. 船冒険する諸葛直 船
  3. 生姜を買ってくる左慈と曹操
  4. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)
  5. キレる劉備になだめる黄権
  6. 二刀流の劉備

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP