曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操 劉備 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラVSゲイリー・グッドリッチ

 

219年、漢中を巡って劉備(りゅうび)と戦っていた曹操(そうそう)は、数か月に及ぶ苦戦を強いられ、進退について悩んでいました。そんなある日のお話です。


鶏肋、鶏肋

曹操 鶏肋

 

曹操は、鶏のあばらが入った羹(あつもの、スープのこと)を飲んでいました。

 

そこへ、夏候惇(かこうとん)がやってきます。

「孟徳、次はどう攻める?」

曹操は、羹をすすりながら、こう答えました。

「鶏肋(けいろく)、鶏肋」

 

そっか、そんなに鶏のあばらがおいしかったんダナー。夏候惇はそんなふうに思ったのでしょうが、楊修(ようしゅう)という男だけは、ピンと来たのです。

 

「鶏の肋(あばら)は、だしは取れるが食べるところはない。つまり、漢中は捨ててしまうには惜しいが、かといって死守すべきでもない。そういうことですよネ!?」

 

楊修は撤退の準備を始めました。はたして、翌日、曹操は本当に退却命令を出しました。

 

関連記事:夏候惇(かこうとん)ってどんな人?| 曹操に最も近い男

関連記事:夏候惇と言えば独眼竜?

関連記事:孔明、博望坡で初陣を飾る。夏侯惇をフルボッコ


楊修大正解~!! なのに死刑

裏切りは許さぬ 曹操

 

長年のライバルである劉備に敗れたことが、曹操はそうとう悔しかったのでしょう。虫の居所が非常にわるかったのに違いありません。

 

「鶏肋」命令を、あっさりと理解して、嬉しそうに周りに触れ回った楊修に対して、腹を立てます。

 

「あいつ、もともと袁術(えんじゅつ)の甥だし、 気にくわなかったんだよ」

 

曹操は、漢中から撤退した後、楊修が諸侯と通じたとして処刑してしまいます。私は鶏肋の逸話を聞くと、いつも思い出す日本文学のエピソードがあります。

 

関連記事:袁術祭り開催日程のお知らせ

関連記事:三国志一の策謀家、袁術の伝説


枕草子

 

中学生になると必ずと言っていいほど古典で習う『枕草子』の逸話です。

 

中宮定子(ていし)さまから、

「香炉峰(こうろほう)の雪 いかならむ?」

 

と聞かれた清少納言(せいしょうなごん)は、みんなが首を傾げている中で、定子さまの謎かけにピンときて、格子(雨戸のようなもの)を開けて、御簾(すだれのようなもの)を上げ、雪景色を見せるのです。

 

これは、「香炉峰の雪は簾を上げて看る」という漢詩があり、それを踏まえた謎かけだったのですが、ひとりだけバッチリと答えられた清少納言は、定子さまからたいへん喜ばれたとか。相手が曹操だったら、死刑は免れなかったですね、清少納言さん!

 

関連記事:楊修と司馬懿の二人は優秀なアドバイザーだった理由とは?

関連記事:楊修の死因とは?曹操に恨まれた優秀な男の最期を分かりやすく解説

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

 

関連記事

  1. 忘年会の特集バナー ver.3
  2. 張飛と劉備
  3. 孔明
  4. 孔明
  5. 痛い目にあう孫権
  6. 荀彧と袁紹

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP