編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり

この記事の所要時間: 152

曹操 劉備 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラVSゲイリー・グッドリッチ

 

219年、漢中を巡って劉備(りゅうび)と戦っていた曹操(そうそう)は、

数か月に及ぶ苦戦を強いられ、進退について悩んでいました。

 

そんなある日のお話です。

 

 

鶏肋、鶏肋

曹操 鶏肋

 

曹操は、鶏のあばらが入った羹(あつもの、スープのこと)を

飲んでいました。

 

そこへ、夏候惇(かこうとん)がやってきます。

「孟徳、次はどう攻める?」

曹操は、羹をすすりながら、こう答えました。

「鶏肋(けいろく)、鶏肋」

 

そっか、そんなに鶏のあばらがおいしかったんダナー。

夏候惇はそんなふうに思ったのでしょうが、

楊修(ようしゅう)という男だけは、ピンと来たのです。

 

「鶏の肋(あばら)は、だしは取れるが食べるところはない。

 つまり、漢中は

 捨ててしまうには惜しいが、かといって死守すべきでもない。

 そういうことですよネ!?」

 

楊修は撤退の準備を始めました。

 

はたして、

翌日、曹操は本当に退却命令を出しました。

 

関連記事:夏候惇(かこうとん)ってどんな人?| 曹操に最も近い男

関連記事:夏候惇と言えば独眼竜?

関連記事:孔明、博望坡で初陣を飾る。夏侯惇をフルボッコ

 

楊修大正解~!! なのに死刑

裏切りは許さぬ 曹操

 

長年のライバルである劉備に敗れたことが、

曹操はそうとう悔しかったのでしょう。

虫の居所が非常にわるかったのに違いありません。

 

「鶏肋」命令を、あっさりと理解して、

嬉しそうに周りに触れ回った楊修に対して、腹を立てます。

 

「あいつ、もともと袁術(えんじゅつ)の甥だし、

 気にくわなかったんだよ」

 

曹操は、漢中から撤退した後、

楊修が諸侯と通じたとして処刑してしまいます。

 

 

私は鶏肋の逸話を聞くと、

いつも思い出す日本文学のエピソードがあります。

 

関連記事:袁術祭り開催日程のお知らせ

関連記事:三国志一の策謀家、袁術の伝説

 

枕草子

 

中学生になると必ずと言っていいほど古典で習う『枕草子』の逸話です。

 

中宮定子(ていし)さまから、

「香炉峰(こうろほう)の雪 いかならむ?」

と聞かれた清少納言(せいしょうなごん)は、

みんなが首を傾げている中で、定子さまの謎かけにピンときて、

格子(雨戸のようなもの)を開けて、御簾(すだれのようなもの)を上げ、

雪景色を見せるのです。

 

これは、「香炉峰の雪は簾を上げて看る」という漢詩があり、

それを踏まえた謎かけだったのですが、

 

ひとりだけバッチリと答えられた清少納言は、

定子さまからたいへん喜ばれたとか。

 

相手が曹操だったら、死刑は免れなかったですね、清少納言さん!

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

13人の妻達(曹操)

 

よく読まれてる記事:曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1

 

曹操 健康

 

よく読まれてる記事:曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法

 

曹丕

 

よく読まれてる記事:集まれ曹操の25人の息子たち・その1

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる?
  2. 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった!
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/…
  4. 三国志の英雄で上司にするなら誰にしたい!?
  5. 人々の鑑になった良い宦官達
  6. 【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?
  7. 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?…
  8. 超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)とはどんな人?曹操の最大のライバル
  2. 秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに?
  3. 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!
  4. 韓当(かんとう)ってどんな人?程普と共に呉を支え続けた呉の勇将
  5. もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策!
  6. 鮑勛(ほうくん)とはどんな人?自分の意見をまっすぐに答え曹丕に恨まれてしまった政治家

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

ゴルゴ13もびっくり!三国志のスナイパー武将・龐徳・太史慈・呂布 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を最小限に済ませる戦術とは? 洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの? 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察 徐宣(じょせん)とはどんな人?魏の三代に仕えて歴代の君主に褒められた忠義心の塊 命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁 ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だった 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!?

おすすめ記事

  1. 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛将
  2. 【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの?
  3. サンクトペテルブルク以東最大と言われた大阪城を建築した秀吉の狙いとは?
  4. 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最後
  5. 【第3回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】三国志好きならニヤリとする数々のイベントを紹介!
  6. 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう)
  7. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3
  8. 盧綰(ろわん)とはどんな人?劉邦の親友でもあり辛苦を共にした男

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP