三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?

三人(魏 呉 蜀)

三国志の時代のみならず、古代中国の歴史全般を扱う『はじめての三国志』ですが、

このサイトを読んでいてこんな疑問を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

『魏とか呉とか、三国志以外の時代にも同じ名前の国があるよな?』

 

確かに中国の歴史上、“魏”“呉”“蜀”の名前を持つ国は複数存在しています。

なぜ、同じ名前を持つ国が歴史上いくつも存在しているのでしょうか?

 

そのことを疑問に思った筆者が調べたところ、なんと衝撃の事実が判明しました。

魏とか呉とか蜀とか、そんな名前の『国家』は実は存在しなかった!?

 

一体、どういうことなのでしょうか……?

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

 

実は国名ではなく王朝の名前だった

曹操 死

 

中国人の大半を占める漢民族には古来、自分たちの民族(中国)が宇宙の中心にあるという思想がありました。

これを中華思想といいます。

 

皇帝はその宇宙の中心において、天(世界)すべてを支配する者とされました。

世界全体が皇帝の支配する唯一無二の領域であるわけですから、従ってそれと対等の立場となる外国や、その支配者などは存在しない、ということになります。

キングダム 始皇帝

 

このような理由から、始皇帝以降の時代、歴代王朝は自らの国名を定めることはありませんでした。

“魏”“呉”“蜀”はすべて王朝を示す名称であって、国名ではなかったのです。

 

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

関連記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

関連記事:封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説

 

現在の中国も……

中国

現在の中国の正式名称である“中華人民共和国”も、読んで字のごとく件の中華思想に基いて命名された国名です。

 

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

関連記事:二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ

関連記事:三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説

関連記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

 

歴史上、なぜ同じ名前の王朝が存在するの?

曹丕皇帝

 

それでは、どうして歴史上、同じ名前の王朝が複数あるのでしょうか?

それは、王朝の名前の由来を調べてみるとわかってきます。

 

“魏”とは、もともと古代中国の周の時代にあった都市国家の名前でした。

現在の山西省にあった国で、後に、その地に報じられた諸侯に贈られる封号として“魏”という名称が用いられるようになりました。

 

“呉”も、もともとは周の時代に存在した王朝を指す名称でしたが、秦の時代以降、郡県の名称として用いられるようになります。

 

“蜀”とは現在の四川省の辺りを指す地名で、古代から『巴蜀』(はしょく)の地と呼ばれてきました。

 

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君

 

要するに、その王朝があった地方の名称だった

三国志地図

 

かなりおおざっぱにまとめて言ってしまえば、“魏”“呉”“蜀”はいずれも地方を指す名詞であり、その地に興った王朝がそれを王朝そのものの呼称として利用していたわけです。

 

あえて現代の日本で例えて言うなら、四国や九州に興った王国が『四国王国』『九州王国』と名乗るようなもの……と考えるとわかりやすいかもしれません。

 

三国時代以外の“魏”

曹操 五胡十六国

魏は古代、周の時代にあった都市国家の名前であったことは前述の通りですが、戦国時代にもその呼称を持つ王朝が存在しました。

 

三国時代から遡ること600年ほど前の紀元前450年頃に成立した国の一つが魏です。

魏は後に漢の時代の首都となる洛陽を含む領域を支配し、一時は『戦国七雄』と呼ばれる強国のひとつとして栄えますが、その後勢力を伸ばした秦によって滅亡させられています。

 

戦国時代の“魏”以外にも、三国時代より後の五胡十六国時代に、やはり“魏”という名称を持つ王朝が存在しています。

 

関連記事:五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

関連記事:遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?

関連記事:三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

 

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン…
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第13部(完)
  3. 雨の中進軍する曹真 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介
  4. 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しが…
  5. 一体なぜ?顔も性格も美しすぎる甄氏が壮絶な死を遂げたわけ
  6. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」
  7. 【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編
  8. 孔子が理想とした王朝・周はどんな王朝だったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 李儒と三国志

おすすめ記事

  1. 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと?
  2. 【キングダム549話】「3つの誤算」ネタバレ&レビュー
  3. 三国時代にはもうハンバーガーが食べられていた!?驚きの食文化をご紹介
  4. 三国夢幻演義 龍の少年 第1話「命の山」見逃し配信開始!
  5. 【はじめての君主論】電子書籍出版のお知らせ
  6. いい部屋ネットが必要?三国志時代の家事情

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁家をイジメる董卓

おすすめ記事

呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る! 【真の将軍はあいつだ!!】漢の名将・周亜夫が命じた命令とは 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【前半】 李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる」と予言していた仙人 孔融と禰衡 元祖そこまで言って委員会!孔融と禰衡の議論がカオス 結婚を喜ぶ孫策 孫策は小喬を手に入れるためにとんでもない行動を起こした!? 陸抗 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将 【李傕・郭汜祭り 7日目】最期の勝者?仲間達を蹴落し勝ち残った董承(とうしょう)

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.31「モノマネの本質」
  2. 諸葛亮の病状に温度差?二つの三国志演義を比較
  3. 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?
  4. 【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった
  5. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】
  6. 【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?
  7. 西郷星と火星大接近!西郷どんが141年ぶりに帰って来た? 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  8. 薩長同盟の目的は倒幕ではなかった!【知って得する幕末史】 薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP