呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?

三国志の英雄(魏 呉 蜀)

三人(魏 呉 蜀)

三国志の時代のみならず、古代中国の歴史全般を扱う『はじめての三国志』ですが、

このサイトを読んでいてこんな疑問を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

『魏とか呉とか、三国志以外の時代にも同じ名前の国があるよな?』

 

確かに中国の歴史上、“魏”“呉”“蜀”の名前を持つ国は複数存在しています。

なぜ、同じ名前を持つ国が歴史上いくつも存在しているのでしょうか?

 

そのことを疑問に思った筆者が調べたところ、なんと衝撃の事実が判明しました。

魏とか呉とか蜀とか、そんな名前の『国家』は実は存在しなかった!?

 

一体、どういうことなのでしょうか……?

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

 

実は国名ではなく王朝の名前だった

曹操 死

 

中国人の大半を占める漢民族には古来、自分たちの民族(中国)が宇宙の中心にあるという思想がありました。

これを中華思想といいます。

 

皇帝はその宇宙の中心において、天(世界)すべてを支配する者とされました。

世界全体が皇帝の支配する唯一無二の領域であるわけですから、従ってそれと対等の立場となる外国や、その支配者などは存在しない、ということになります。

キングダム 始皇帝

 

このような理由から、始皇帝以降の時代、歴代王朝は自らの国名を定めることはありませんでした。

“魏”“呉”“蜀”はすべて王朝を示す名称であって、国名ではなかったのです。

 

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

関連記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

関連記事:封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説

 

現在の中国も……

中国

現在の中国の正式名称である“中華人民共和国”も、読んで字のごとく件の中華思想に基いて命名された国名です。

 

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

関連記事:二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ

関連記事:三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説

関連記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

 

歴史上、なぜ同じ名前の王朝が存在するの?

曹丕皇帝

 

それでは、どうして歴史上、同じ名前の王朝が複数あるのでしょうか?

それは、王朝の名前の由来を調べてみるとわかってきます。

 

“魏”とは、もともと古代中国の周の時代にあった都市国家の名前でした。

現在の山西省にあった国で、後に、その地に報じられた諸侯に贈られる封号として“魏”という名称が用いられるようになりました。

 

“呉”も、もともとは周の時代に存在した王朝を指す名称でしたが、秦の時代以降、郡県の名称として用いられるようになります。

 

“蜀”とは現在の四川省の辺りを指す地名で、古代から『巴蜀』(はしょく)の地と呼ばれてきました。

 

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君

 

要するに、その王朝があった地方の名称だった

三国志地図

 

かなりおおざっぱにまとめて言ってしまえば、“魏”“呉”“蜀”はいずれも地方を指す名詞であり、その地に興った王朝がそれを王朝そのものの呼称として利用していたわけです。

 

あえて現代の日本で例えて言うなら、四国や九州に興った王国が『四国王国』『九州王国』と名乗るようなもの……と考えるとわかりやすいかもしれません。

 

三国時代以外の“魏”

曹操 五胡十六国

魏は古代、周の時代にあった都市国家の名前であったことは前述の通りですが、戦国時代にもその呼称を持つ王朝が存在しました。

 

三国時代から遡ること600年ほど前の紀元前450年頃に成立した国の一つが魏です。

魏は後に漢の時代の首都となる洛陽を含む領域を支配し、一時は『戦国七雄』と呼ばれる強国のひとつとして栄えますが、その後勢力を伸ばした秦によって滅亡させられています。

 

戦国時代の“魏”以外にも、三国時代より後の五胡十六国時代に、やはり“魏”という名称を持つ王朝が存在しています。

 

関連記事:五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

関連記事:遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?

関連記事:三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

 

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 法正 もし徐庶が劉備軍に留まっていたら法正と北伐を行った【if三国志】…
  2. え!そんな理由なの?丁儀は曹丕に馬鹿にされたから曹植を応援した?…
  3. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 …
  4. 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小…
  5. 【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介
  6. 孔明 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学
  7. 楊貴妃 楊貴妃(ようきひ)とはどんな人?玄宗皇帝を夢中にさせた世界三大美…
  8. 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明
  2. 孔明
  3. 承諾する曹操
  4. 孫権に諫言する陸瑁
  5. キングダム52巻
  6. 曹休と曹丕を可愛がる曹操
  7. 袁紹、袁尚、袁譚

おすすめ記事

  1. 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず 楽毅
  2. 曹操が洛陽北部尉時代にやった売名行為とは? 怒る曹操
  3. 【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察 劉備
  4. 水野勝成の逸話とは?戦国時代のフリー武将の逸話を紹介 水野勝成
  5. 【軍師連盟】司馬懿は何で身分の低い鄧艾を重用したの? 鄧艾
  6. 何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝よりも地味なの? 孫権に煽られて憤死する陸遜

三國志雑学

  1. 甘寧に殺されかける料理人
  2. 三国志っておいしいの
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. 顔良と関羽
  3. 司馬懿と曹操
  4. 幕末 帝国議会
  5. 薩摩藩の島津義弘
  6. 蜀の外交官・鄧芝

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/14〜11/20】 kawauso編集長のぼやきVol.26「倒れない編集長」 周倉 黄巾の乱を引き起こした大平道、民衆は彼らに何を望んでいたのか? 島津斉彬はイギリスをどう思ってた?島津斉彬の功績に迫る! 于禁と曹操 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」 みにおん三国志とはどんなアプリゲーム? スサノオノミコト(日本神話) 古代出雲王国の繁栄は黄巾の乱と関係があった!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP