ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
姜維特集


はじめての三国志

menu

はじめての変

衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?

三国志の英雄(魏 呉 蜀)

三人(魏 呉 蜀)

三国志の時代のみならず、古代中国の歴史全般を扱う『はじめての三国志』ですが、

このサイトを読んでいてこんな疑問を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

『魏とか呉とか、三国志以外の時代にも同じ名前の国があるよな?』

 

確かに中国の歴史上、“魏”“呉”“蜀”の名前を持つ国は複数存在しています。

なぜ、同じ名前を持つ国が歴史上いくつも存在しているのでしょうか?

 

そのことを疑問に思った筆者が調べたところ、なんと衝撃の事実が判明しました。

魏とか呉とか蜀とか、そんな名前の『国家』は実は存在しなかった!?

 

一体、どういうことなのでしょうか……?

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

 

実は国名ではなく王朝の名前だった

曹操 死

 

中国人の大半を占める漢民族には古来、自分たちの民族(中国)が宇宙の中心にあるという思想がありました。

これを中華思想といいます。

 

皇帝はその宇宙の中心において、天(世界)すべてを支配する者とされました。

世界全体が皇帝の支配する唯一無二の領域であるわけですから、従ってそれと対等の立場となる外国や、その支配者などは存在しない、ということになります。

キングダム 始皇帝

 

このような理由から、始皇帝以降の時代、歴代王朝は自らの国名を定めることはありませんでした。

“魏”“呉”“蜀”はすべて王朝を示す名称であって、国名ではなかったのです。

 

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

関連記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

関連記事:封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説

 

現在の中国も……

中国

現在の中国の正式名称である“中華人民共和国”も、読んで字のごとく件の中華思想に基いて命名された国名です。

 

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

関連記事:二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ

関連記事:三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説

関連記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

 

歴史上、なぜ同じ名前の王朝が存在するの?

曹丕皇帝

 

それでは、どうして歴史上、同じ名前の王朝が複数あるのでしょうか?

それは、王朝の名前の由来を調べてみるとわかってきます。

 

“魏”とは、もともと古代中国の周の時代にあった都市国家の名前でした。

現在の山西省にあった国で、後に、その地に報じられた諸侯に贈られる封号として“魏”という名称が用いられるようになりました。

 

“呉”も、もともとは周の時代に存在した王朝を指す名称でしたが、秦の時代以降、郡県の名称として用いられるようになります。

 

“蜀”とは現在の四川省の辺りを指す地名で、古代から『巴蜀』(はしょく)の地と呼ばれてきました。

 

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君

 

要するに、その王朝があった地方の名称だった

三国志地図

 

かなりおおざっぱにまとめて言ってしまえば、“魏”“呉”“蜀”はいずれも地方を指す名詞であり、その地に興った王朝がそれを王朝そのものの呼称として利用していたわけです。

 

あえて現代の日本で例えて言うなら、四国や九州に興った王国が『四国王国』『九州王国』と名乗るようなもの……と考えるとわかりやすいかもしれません。

 

三国時代以外の“魏”

曹操 五胡十六国

魏は古代、周の時代にあった都市国家の名前であったことは前述の通りですが、戦国時代にもその呼称を持つ王朝が存在しました。

 

三国時代から遡ること600年ほど前の紀元前450年頃に成立した国の一つが魏です。

魏は後に漢の時代の首都となる洛陽を含む領域を支配し、一時は『戦国七雄』と呼ばれる強国のひとつとして栄えますが、その後勢力を伸ばした秦によって滅亡させられています。

 

戦国時代の“魏”以外にも、三国時代より後の五胡十六国時代に、やはり“魏”という名称を持つ王朝が存在しています。

 

関連記事:五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

関連記事:遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?

関連記事:三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

 

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 孫権の娘が大喧嘩 孫魯班、孫魯育 二宮の変をまとめてみた「起因と原因編」
  2. 劉備 現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!
  3. 曹操は女性の敵なの?もじのみ 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4
  4. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を…
  5. 逃げる夏侯覇 夏侯覇が敵国に亡命できたのは劉禅と親戚だったから?
  6. 関興と張苞 関羽・張飛・趙雲の息子達は勇将だったの?蜀の二代目特集
  7. 袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟…
  8. 曹操 詩 【三国志群雄列伝】3分でわかる:三国志の群雄達の名言

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 周瑜逝く
  2. 袁紹と曹操
  3. 嬴政(始皇帝)
  4. 董卓
  5. 城の前を掃除する孔明
  6. 孫権 劉備 対立
  7. 魏から蜀に下る姜維
  8. 馬超の仲間入り
  9. 曹操は褒め上手

おすすめ記事

  1. 【応仁の乱】 東軍と西軍の大衝突!東岩倉三宝院の戦い
  2. 山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界
  3. 【ネタバレ注意】キングダム540話 消耗戦 レビュー&今後予想 キングダム
  4. 軍師・荀攸と曹操の懐刀・荀彧が曹操の公就任に反対していればどうなったの!? 荀攸と曹操
  5. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – あなたの心の中にも袁術が住んでいる 【完003】
  6. 【織田信長が明智光秀に殺害される】謎に包まれた本能寺の変:黒幕は誰だ? 織田信長

三國志雑学

  1. 公孫サン(公孫瓚)
  2. 二刀流の劉備
  3. すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ
  4. 曹叡


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呂不韋
  2. キングダム
  3. 君たちはどう生きるか?劉禅
  4. 貂蝉
  5. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  6. 赤兎馬と武霊王

おすすめ記事

豊臣秀吉 戦国時代2 豊臣秀吉の天下統一に向けて「四国征伐」が開戦!どんな戦いになったの? 関帝廟 関羽 関羽はお金の神様?風水における関羽像について 張飛の男気人生 長坂の戦いの張飛は正史と三国志演義だと全然違う武将だった!? 戦え于禁 于禁はチキン?その評価の妥当性について考えてみた 小松帯刀 偉人たちの名前を冠した「小松帯刀」を飲んでみよう! 曹操 中国文学の黎明を告げた建安の三曹七子とは? 函谷関 キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP