日常生活

はじめての三国志

menu

はじめての変

衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?

この記事の所要時間: 450

三人(魏 呉 蜀)

三国志の時代のみならず、古代中国の歴史全般を扱う『はじめての三国志』ですが、

このサイトを読んでいてこんな疑問を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

『魏とか呉とか、三国志以外の時代にも同じ名前の国があるよな?』

 

確かに中国の歴史上、“魏”“呉”“蜀”の名前を持つ国は複数存在しています。

なぜ、同じ名前を持つ国が歴史上いくつも存在しているのでしょうか?

 

そのことを疑問に思った筆者が調べたところ、なんと衝撃の事実が判明しました。

魏とか呉とか蜀とか、そんな名前の『国家』は実は存在しなかった!?

 

一体、どういうことなのでしょうか……?

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

 

実は国名ではなく王朝の名前だった

曹操 死

 

中国人の大半を占める漢民族には古来、自分たちの民族(中国)が宇宙の中心にあるという思想がありました。

これを中華思想といいます。

 

皇帝はその宇宙の中心において、天(世界)すべてを支配する者とされました。

世界全体が皇帝の支配する唯一無二の領域であるわけですから、従ってそれと対等の立場となる外国や、その支配者などは存在しない、ということになります。

キングダム 始皇帝

 

このような理由から、始皇帝以降の時代、歴代王朝は自らの国名を定めることはありませんでした。

“魏”“呉”“蜀”はすべて王朝を示す名称であって、国名ではなかったのです。

 

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

関連記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

関連記事:封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説

 

現在の中国も……

中国

現在の中国の正式名称である“中華人民共和国”も、読んで字のごとく件の中華思想に基いて命名された国名です。

 

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

関連記事:二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ

関連記事:三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説

関連記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

 

歴史上、なぜ同じ名前の王朝が存在するの?

曹丕皇帝

 

それでは、どうして歴史上、同じ名前の王朝が複数あるのでしょうか?

それは、王朝の名前の由来を調べてみるとわかってきます。

 

“魏”とは、もともと古代中国の周の時代にあった都市国家の名前でした。

現在の山西省にあった国で、後に、その地に報じられた諸侯に贈られる封号として“魏”という名称が用いられるようになりました。

 

“呉”も、もともとは周の時代に存在した王朝を指す名称でしたが、秦の時代以降、郡県の名称として用いられるようになります。

 

“蜀”とは現在の四川省の辺りを指す地名で、古代から『巴蜀』(はしょく)の地と呼ばれてきました。

 

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君

 

要するに、その王朝があった地方の名称だった

三国志地図

 

かなりおおざっぱにまとめて言ってしまえば、“魏”“呉”“蜀”はいずれも地方を指す名詞であり、その地に興った王朝がそれを王朝そのものの呼称として利用していたわけです。

 

あえて現代の日本で例えて言うなら、四国や九州に興った王国が『四国王国』『九州王国』と名乗るようなもの……と考えるとわかりやすいかもしれません。

 

三国時代以外の“魏”

曹操 五胡十六国

魏は古代、周の時代にあった都市国家の名前であったことは前述の通りですが、戦国時代にもその呼称を持つ王朝が存在しました。

 

三国時代から遡ること600年ほど前の紀元前450年頃に成立した国の一つが魏です。

魏は後に漢の時代の首都となる洛陽を含む領域を支配し、一時は『戦国七雄』と呼ばれる強国のひとつとして栄えますが、その後勢力を伸ばした秦によって滅亡させられています。

 

戦国時代の“魏”以外にも、三国時代より後の五胡十六国時代に、やはり“魏”という名称を持つ王朝が存在しています。

 

関連記事:五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

関連記事:遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?

関連記事:三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

 

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【月間まとめ】2016年3月の注目ニュース19選!
  2. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  3. 石川克世って、何者?
  4. 【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(り…
  5. 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀…
  6. 荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!
  7. 蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介
  8. 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの?
  2. 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  3. 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物
  4. 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語
  5. 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表者達
  6. 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう! 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男  46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」 くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ

おすすめ記事

  1. 周瑜公瑾の輝かしい功績
  2. 三国時代の経済ってどうなってたの?
  3. 鄧禹(とうう)とはどんな人?光武帝の親友だが戦争にべらぼう弱い雲台二十八将の1人
  4. 復讐に燃える曹操は三国鼎立を早める
  5. コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教えちゃいます!【ビジネス三国志】
  6. 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。
  7. 【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達
  8. 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP