ライセンシー募集
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?

この記事の所要時間: 348




劉備 黒歴史

 

三国志の時代の行政単位で、長が常駐する最小単位は県です。

張純(ちょうじゅん)の乱を死んだフリをしてやり過ごし手柄を立てた事になって

役人に取り立てられた劉備(りゅうび)も、安熹県の県尉になっています。

さて、後漢から三国時代の県とは、どのような雰囲気だったのでしょうか?

 

関連記事:【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。クソ漏らし家康と死んだふりの劉備

関連記事:もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去



後漢時代の都市は長方形

平城京跡 wiki

(画像出典元:wikipedia平城京跡)

 

古代の中国の都市と言うと、平城京や平安京の碁盤の目の都市を

思いだす方も多いと思います。

あれは、人口数十万の大都市ですが、県城のような小さな都市でも同じであり

河北省武安県牛汲古城跡の遺跡によると、南北768メートル、

東西889メートルの城壁に囲まれたスペースが漢代から三国時代の県城でした。



県は、里というブロックで別れている

県城 自作

 

この城壁に囲まれた県城は、さらに里という区画に分かれていました。

里の大きさは南北380メートル、東西175メートルの長方形で

30~50メートルの間隔を開けて50件程度の住宅が建っていました。

里の中の各家は、15m×20mの大きさだというので、

大体、一軒で180坪位という事になります。

 

衛生的な後漢の県城の生活

井戸 p

 

家敷は低い土塁で囲われていて、屋根には瓦も少しですが使われていました。

敷地内には井戸があり、また、石組みの配管が出土した所もあるようです。

井戸の水は全て飲めるとは限りませんので、基本は生活用の水であり、

石組みの配管は飲料用の泉から水を引いた上水道だった可能性もあります。

里の中は、石の道路で舗装されたような箇所もあり、全ての県城が、こうだった

とは言えませんが、裕福な県では、当時としてはかなり衛生的な生活が

行われていたと言えるかも知れません。

 

関連記事:三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

関連記事:三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国志もよく分かる!

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

関連記事:勝負下着の参考に!三国時代の下着ってどんなのだったの?

 

田畑は県城の中ではなく外にあった

かぼちゃ 孫権

 

一方で畑は、県城の外にありました、春秋戦国時代には、絶え間ない戦乱の為に

県城の中に畑もありましたが、漢の時代の長い太平で、城の中に田畑を持つ

必要性が無くなり、次第に城の外になっていったようです。

しかし、後漢末は再び、世が乱れたので、或いは田畑も再び城の中に造られる

ようになったのかも知れません。

 

関連記事:本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

関連記事:三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

関連記事:三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌

 

県城の人口はどの程度だったのか?

朝まで三国志 劉備

 

基本、県は、10の里という行政区画に分かれていました。

一つの里には50戸があり、一つの戸の平均人口は5名程度でした。

漢の時代には、すでに中国は核家族になっていたのです。

 

こうして考えると、一里の人口が250名×10=2500名です。

もっとも、大きい県も小さい県もあるので、これは目安にしかならないですが

つまり、劉備主従は、このような県城の中で県尉、警察署長のような仕事を

していたという事になるでしょうか?

 

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

関連記事:三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

 

農奴状態だった豪族の都市

劉邦 農民

 

上に書いたのは、きちんと自分の土地を保有している自作農の都市です。

前漢末から後漢、三国の時代には、これとは別の都市が発生しました。

それが、豪族が私有民を使って造った郷という城塞都市です。

 

私有民とは政治の混乱で税金を支払えず土地を捨てて逃げてしまった農民、

或いは、生活苦で豪族から金を借りて払えなくなり、土地を豪族に手放して

自身は小作農として、それを耕すようになった人々です。

 

よるべなき彼等は、官憲から守ってもらい喰い扶持を保証された

代わりに、豪族の手足として必死に働かざるを得なくなりました。

 

彼等は、掘立て小屋のような場所で、大勢が密集して暮らす事を余儀なくされ

豪族の命令によって都市の整備や城壁の修理、或いは、流民や山賊が

出現した時には豪族の郷を守る為に兵士として駆り出されました。

 

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

関連記事:三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説

関連記事:世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

関連記事:衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?

 

三国志の戦乱で戦う兵士の大半は、私有民

公孫攅と劉備

 

やがて、これらの豪族は、後漢の風雲で群雄になり、田舎の有力者から

一転して歴史の表へと出ていく事になります。

袁紹(えんしょう)や、劉備、劉焉(りゅうえん)、劉表(りゅうひょう)、

曹操(そうそう)公孫瓚(こうそんさん)孫権(そんけん)というような

英傑は、部下として、或いは自身が豪族として戦っていました。

 

配下の豪族は部曲(ぶきょく)という私兵団を使いましたが、これが豪族の小作人、

或いは農奴と化した農民達であった事は言うまでもありません。

 

関連記事:曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女とアモーレ・ミ―オ!

関連記事:【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは?

関連記事:曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校

関連記事:テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

今回は後漢から三国時代の県城を考えてみました。

前漢末から後漢は、豪族の力が非常に伸びていて、後漢を興した

光武帝も、また南陽の豪族だった程でした。

 

同じ農民でも自作農と豪族の私有民では待遇に天地の開きがあり、

曹操の屯田兵も、この私有民の一種でした。

 

私有民というイレギュラーな存在は曹魏を滅ぼした晋の武帝に

よって廃止され公民に編入されますが、それにより戸籍人口は

一気に倍以上に増えています。

 

いかに当時、私有民が多かったか、その存在が歴史に影響を

与えているかが分かる逸話です。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—





よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. kawausoって、何者?
  2. 曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得
  3. 夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇…
  4. 蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点
  5. 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子…
  6. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで…
  7. 【2016年】年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり…
  8. 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が分かる。基礎&豆知識!
  2. 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言した天才軍師
  3. 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生
  4. 陳泰(ちんたい)ってどんな人?司馬昭の親友でもあり正義感が強く清廉な将
  5. 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体何者?
  6. 【第2話】戦え!于禁文則ん「李典曼成」

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

人材大好きの曹操が欲しがるほどに惚れた敵将は誰? 呂布の裏切りについて考察してみた 孫尚香ってどんな人|孔明に曹操、孫権と並び評された人物 どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの? 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学 【告知】読者参加型企画!三国志の時代にタイムスリップしたらやりたい事 【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの? 三國志戦記とはどんなアプリゲーム?

おすすめ記事

  1. 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備
  2. 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生
  3. 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言
  4. 戦国最強の同盟を成立させた名軍師・太原雪斎(たいげんせっさい)の活躍
  5. 関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇
  6. 魏や呉にもいた諸葛一族の話
  7. 【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世代三国志!
  8. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP