法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孫権はなぜ孫策の子息を冷遇したの?それは孫権が袁術を愛していたから?

袁術と孫策




孫権

 

孫権(そんけん)、字は仲謀は、孫堅(そんけん)が下邳の丞だった182年に誕生しています。

あごが角ばっていて口が大きく、目がいきいきと輝いており、一目見て父親は「高貴の相」だと思ったそうです。

呉書の主役は孫権だけに、出生にまつわる瑞祥譚はお約束でしょう。

11歳で父親は戦死。

一族は兄の孫策(そんさく)が再興します。




13歳で江東平定に随身

かぼちゃ 孫権

 

呉書によると、13歳にして、父や兄に匹敵する名声を得ていたとされています。

性格は明るく、思いやりがあり、決断力に富み、幕下に侠客志士を養っていたというのです。

現代で云うところの中学1年生ぐらいです。

凄すぎです。スーパーチャイルドです。

13歳の孫権が作戦会議で出す意見に、兄の孫策は目を見張り、自分以上だと評価したそうです。

そして自分の跡は孫権が継ぐと紹介していたのです。

呉書ではどうも孫策より孫権のほうが優れていると強調しているシーンが多く見られます。

本当にそうだったのでしょうか。




15歳で県長

孫権と三国アヒル

 

そして15歳の若さで揚州呉郡陽羨県の県長になります。

15歳の県知事なんて今では信じられないですよね。

政治の何を知っているの?って感じです。

かなりのバックボーンがないとこの異例の出世はあり得ません。

飛ぶ鳥を落とす勢いの孫策の弟ということもありますが、相当な政治家に認められていないと成し得ない話です。

孫権は一体どれほどのコネクションを持っていたのでしょうか。

 

袁術との関係は?

袁術と孫策

 

そこで登場してくるのが、実質呉郡を支配していたスーパーエリート袁術(えんじゅつ)です。

孫権は袁術にかなり見込まれていたのではないでしょうか。

一般的に袁術は孫策を見て「孫策のような子供がいれば……」と呟いたと云われていますが、

実はそれは孫権を見て云っていたのではないでしょうか。

帝位を専称した袁術に認められていたというのは汚点ですから、

呉書ではあえて孫策に変えてしまったということはあり得る話です。

武力一辺倒の孫策よりも政治に長けた孫権の方が袁術の目には留まりそうです。

 

関連記事:孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

 

部隊司令代行

孫権 弔い出陣

 

そんな最強の後ろ盾とコネによって、孫権は呉郡太守、

朱治(父親の代からの生え抜きの武将)から考廉の資格を認定され、

揚州刺史、嚴象(献帝を擁する曹操派)からは茂才に推挙され、奉義校尉という部隊の司令長官を代行することになります。

199年、宿敵である黄祖を追いやったときには奉業校尉という任に就いていました。

17歳にして、盧江郡皖城を落とし、黄祖軍を打ち破る原動力となったのです。

 

18歳で孫家当主

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

200年に当主である孫策が死に、孫権が跡を継ぎました。18歳の若さです。

本来であれば、孫策の嫡男の孫紹が継ぐべきでしたが、呉書では孫紹は意気地がなく、

とても父の事業を受け継ぐ器量ではなかったとされています。

孫権の抜擢は正解だと云うのです。

陳寿は、江東に割拠する体制を築いた孫策の功績に対して、

子の孫紹が侯に封じられただけでは情理に欠けていると述べています。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

遅れて来た孫権 英雄

 

孫権が孫策を尊敬していないように映るのは、諡を長沙桓王としたことにもあります。

父親は帝の称号でも、兄は王どまりなのです。

なぜなのでしょうか。

私はそこに袁術が係わっていると感じざるを得ません。

孫策は袁術を裏切り独立しました。

孫権は袁術に恩義を感じていて、兄の行動に納得していなかったのではないでしょうか。

だとすれば孫権が袁術の娘を後宮に入れて保護し、袁術の息子を起用したことも頷けます。

呉書には到底綴れない孫権の感情です。

袁術の子孫が呉帝国の皇帝の正妻になるかもしれない機会が二度もあったことが、

さらにその推測に説得力をつけていると思われるのですが、みなさまはいかがでしょうか?

 

関連記事:【袁術特集】孫家に吸収された袁術の子孫たちはどうなったの?

関連記事:孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?

関連記事:大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!?

関連記事:【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?

 

 

—自称皇帝の袁術をたっぷり紹介!—




よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?
  2. 関羽 関羽が打った囲碁は、今の囲碁と同じものだったの?
  3. 水面に弱気な自分が映る周瑜 周瑜はどのような病気で亡くなったのか考えてみた
  4. 華陀と麻沸散 三国志時代の医療はどうなっていたの?華佗以外にも治療を行っていた…
  5. 魏から蜀に下る姜維 姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた!
  6. 諸葛恪は諸葛亮からあれをパクッていた!?
  7. 姜維 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?
  8. 陸遜 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 光武帝を解説する荀彧
  2. 戦え于禁
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. 孫権に諫言する陸瑁

おすすめ記事

  1. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ 三国志ライター黒田レン
  2. 【センゴク】織田信長が上洛するための大義名分って何?尾張・美濃を攻略する織田家 織田信長
  3. 鍋島直茂(なべしま なおしげ)がスゴイ!主家乗っ取りに成功!時勢を見る目と優秀な智謀を持った肥前の名将
  4. 見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン ナポレオンと曹操
  5. 坂本龍馬の死因は?暗殺の黒幕は分かったの? 坂本龍馬の臨終(暗殺)
  6. 錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

三國志雑学

  1. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  2. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)
  3. ホウ徳
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 韓侂冑
  2. オオクニヌシ(日本神話)
  3. 貂蝉と呂布
  4. はじめての三国志編集長 kawauso
  5. 漢の顔良(がんりょう)

おすすめ記事

赤穂浪士の吉良邸討ち入り 忠臣蔵はテロ?知っているようで知らない赤穂事件を解説 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事件? アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 高麗がモンゴルと組んだ理由 劉備 婿 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1 馬に乗って戦う若き織田信長 織田信長のお墓は一体どこにある?高野山「奥の院」と京都「阿弥陀寺」を紹介 賈詡に学ぶベストな転職の方法 呂布に殺害される丁原(ていげん) 丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ 曹叡 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP