編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての魏

桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣

この記事の所要時間: 42




現実主義曹操

 

桓範(かんはん)曹操(そうそう)の時代に魏国に仕え、

曹丕(そうひ)曹叡(そうえい)・曹芳(そうほう)の三代の皇帝に仕えます。

曹芳の時代には曹家一門で同郷の後輩である曹爽を気にかけますが、

彼に仕える事はしませんでした。

その後司馬懿と曹爽一派が朝廷内の権力争いを行います。

彼は権力争いに興味はなく、どちらの陣営にも属さず自らの仕事を一生懸命

おこなっていました。

しかし司馬懿が洛陽を制圧し、クーデターを起こすと、

桓範は司馬懿に勝つ逆転の策を曹爽に献策します。

今回は後輩を助けるために乾坤一擲の策を献策した桓範のお話をしたいと思います。




魏に仕える

曹操 魏王

 

桓範は魏国を建国した曹操に仕えます。

はじめは丞相府の役人として、上司から散々こきつかわれます。

しかし桓範はめげずに堪えて、少しずつですが実績を上げていきます。

曹丕が皇帝になると「皇覧」という書物の編集を任されます。

こうして実績が周りに認められ、曹叡の時代には尚書令へ出世。

尚書令時代には職務に通じた人材であると周りから高評価を得るまでになります。




地方へ転勤するが…

 

桓範は中央で長く勤めると、地方へ転勤する事になります。

彼は地方に出ると青徐諸軍事(せいじょしょぐんじ=青州と徐州の軍権を束ねる役職)

に昇進します。

しかし徐州刺史と意見の食い違いから大喧嘩してしまいます。

頭に血が上った桓範は徐州刺史を斬り殺そうとしますが、

周りに止められて事なきを得ます。

その後この事件は裁判にかけられ、桓範に非がある事が認められ、

彼は免職処分になり、故郷へ帰郷する事になります。

 

短気な桓範は蒋済(しょうせい)と大喧嘩

photo credit: Last Leaf via photopin (license)

photo credit: Last Leaf via photopin (license)

 

桓範は徐州刺史と大喧嘩しますが、そのほかにも大喧嘩をしています。

彼は役人の仕事に励む傍ら、若い頃から「漢書」の研究を行っており、

その研究成果をまとめた書物である「世要論(よようろん)」と言う論文

を完成させます。

当時魏の重鎮であった蒋済は公正な人物として評価がありました。

そのため桓範は蒋済に公正な評価をしてもらおうと「世要論」を見せます。

だが蒋済は桓範の力作を全く見ませんでした。

彼は自らの力作を見ない蒋済にブチ切れ、大声で怒鳴り散らします。

蒋済は桓範から怒鳴られても全く言い返さず鋭い目つきを向けただけでした。

その後も大声で怒鳴り散らす桓範を周りがなだめ、何事もなく終わりますが、

以後桓範は蒋済とつきあう事はしませんでした。

 

大司農へ大抜擢

photo credit: Blue horses via photopin (license)

photo credit: Blue horses via photopin (license)

 

桓範は官職を罷免された後、自らの研究や読書をしながら

過ごします。

しかし四代目皇帝曹芳の時代になると大司農(だいしのう)へ抜擢されます。

彼は久しぶりに官職に就き、職務に励みます。

すると周りからは非常に高評価で、彼の名前は魏国の間で有名になります。

桓範は大司農に就任してから数ヶ月後、同郷の後輩である曹爽が挨拶しに来ます。

彼と親しくなかったため、すぐに挨拶を終わらせ、仕事に戻りますが、

この時曹爽と挨拶を交わしたことが桓範の運命を大きく変えます。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み…
  2. 徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世し…
  3. 見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン
  4. 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した…
  5. 張緝(ちょうしゅう)とはどんな人?ドケチで自らの権力を誇っていた…
  6. 劉伶(りゅうれい)とはどんな人?奇行が目立つ竹林の七賢の一人
  7. 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将
  8. 鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの?
  2. 張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑
  3. 孫静(そんせい)とはどんな人?兄貴、孫堅とはゼッコーモン!ひたすら故郷を守った孫一族
  4. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.2
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第6部
  6. もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超人の秘密! 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介 78話:龐統初登場、連環の計発動! 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う! 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖 【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった

おすすめ記事

  1. 魏が好きな皆さんへ!五分でわかる曹魏の逸話を紹介【三国志逸話列伝】
  2. 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説!
  3. 三国志学会公認:横浜関帝廟ツアー
  4. 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って何?
  5. 曹家の文才「三曹七子」って何?
  6. 【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将・韓信との共通点
  7. 【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?
  8. 127話:迫る第四次北伐と蜀の抱える二つの問題点

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP