ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての魏

桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣

曹魏の3代に仕えた桓範(かんはん)




曹魏の3代に仕えた桓範(かんはん)

 

桓範(かんはん)は曹操(そうそう)の時代に魏国に仕え、

曹丕(そうひ)曹叡(そうえい)曹芳(そうほう)の三代の皇帝に仕えます。

曹芳の時代には曹家一門で同郷の後輩である曹爽を気にかけますが、

彼に仕える事はしませんでした。

その後司馬懿曹爽一派が朝廷内の権力争いを行います。

彼は権力争いに興味はなく、どちらの陣営にも属さず自らの仕事を一生懸命

おこなっていました。

しかし司馬懿が洛陽を制圧し、クーデターを起こすと、

桓範は司馬懿に勝つ逆転の策を曹爽に献策します。

今回は後輩を助けるために乾坤一擲の策を献策した桓範のお話をしたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:幻の皇帝?曹操が最も愛した息子……曹沖について

関連記事:周不疑(しゅうふぎ)ってどんな人?曹沖と並び立つ天才少年の悲劇





魏に仕える

曹操 魏王

 

桓範は魏国を建国した曹操に仕えます。

はじめは丞相府の役人として、上司から散々こきつかわれます。

しかし桓範はめげずに堪えて、少しずつですが実績を上げていきます。

曹丕が皇帝になると「皇覧」という書物の編集を任されます。

こうして実績が周りに認められ、曹叡の時代には尚書令へ出世。

尚書令時代には職務に通じた人材であると周りから高評価を得るまでになります。

 

 

地方へ転勤するが…

 

桓範は中央で長く勤めると、地方へ転勤する事になります。

彼は地方に出ると青徐諸軍事(せいじょしょぐんじ=青州と徐州の軍権を束ねる役職)

に昇進します。

しかし徐州刺史と意見の食い違いから大喧嘩してしまいます。

頭に血が上った桓範は徐州刺史を斬り殺そうとしますが、

周りに止められて事なきを得ます。

その後この事件は裁判にかけられ、桓範に非がある事が認められ、

彼は免職処分になり、故郷へ帰郷する事になります。

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

短気な桓範は蒋済(しょうせい)と大喧嘩

 

桓範は徐州刺史と大喧嘩しますが、そのほかにも大喧嘩をしています。

彼は役人の仕事に励む傍ら、若い頃から「漢書」の研究を行っており、

その研究成果をまとめた書物である「世要論(よようろん)」と言う論文

を完成させます。

当時魏の重鎮であった蒋済は公正な人物として評価がありました。

そのため桓範は蒋済に公正な評価をしてもらおうと「世要論」を見せます。

だが蒋済は桓範の力作を全く見ませんでした。

彼は自らの力作を見ない蒋済にブチ切れ、大声で怒鳴り散らします。

蒋済は桓範から怒鳴られても全く言い返さず鋭い目つきを向けただけでした。

その後も大声で怒鳴り散らす桓範を周りがなだめ、何事もなく終わりますが、

以後桓範は蒋済とつきあう事はしませんでした。

 

大司農へ大抜擢

 

桓範は官職を罷免された後、自らの研究や読書をしながら

過ごします。

しかし四代目皇帝曹芳の時代になると大司農(だいしのう)へ抜擢されます。

彼は久しぶりに官職に就き、職務に励みます。

すると周りからは非常に高評価で、彼の名前は魏国の間で有名になります。

桓範は大司農に就任してから数ヶ月後、同郷の後輩である曹爽が挨拶しに来ます。

彼と親しくなかったため、すぐに挨拶を終わらせ、仕事に戻りますが、

この時曹爽と挨拶を交わしたことが桓範の運命を大きく変えます。

 

曹爽と司馬懿の権力闘争

司馬懿

 

曹爽は始めこそ司馬懿(しばい)と協力しながら魏の国政を行っていましたが、

次第に仲が悪くなってきます。

その原因は蜀征伐の会議が原因です。

曹爽は軍事的実績を残す為、蜀征伐を提案します。

しかし軍事の経験が豊富な司馬懿は蜀征伐に猛反対。

司馬懿は曹爽に対して「必ず失敗するからやめなさい」と反対意見を述べますが、

群臣らが曹爽の提案である蜀征伐に賛成します。

この時から二人の仲が悪くなります。

その後司馬懿が引退を表明すると曹爽が魏の実権を握ります。

 

関連記事:【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは

関連記事:司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル

関連記事:司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

 

曹爽の危機

曹爽

 

曹爽は魏の実権を握った後、側近に政治を任せ、自らは豪快な遊びに興じます。

ある日皇帝曹芳は曹叡のお墓参りをすると言い出します。

曹爽は曹家一門の代表として曹芳と共にお墓参りに出かけようとします。

この時あまり親しくなかった桓範が突然曹爽の屋敷に来ます。

桓範は曹爽の屋敷に来ると突然「今皇帝と共に洛陽を出るのは危険だ。」と

注意します。

曹爽は「何が危険なんだ」と質問します。

すると彼は「司馬懿がクーデターを起こしたら君はどうするのだ」と

投げかけます。

曹爽は笑いながら「あんな耄碌(もうろく)したじいさまにそんなことは

出来まい」と笑いながら屋敷を出て、曹芳と共にお墓参りに同行します。

 

司馬懿のクーデター

司馬懿 仲達

 

桓範は自らの予想が当たらない事を祈りますが、

彼の予想は当たってしまいます。

司馬懿は曹爽が洛陽を出た事を知ると、

宮殿を占拠しクーデターを起こします。

桓範は急いで洛陽を脱出し、曹爽の元へ急ぎます。

 

乾坤一擲の逆転勝ちを可能にした策

 

桓範は曹爽の元に辿り着くと司馬懿がクーデターを起こしたと知らせます。

曹爽は司馬懿がクーデターを起こしたことに驚き、動揺します。

桓範は動揺している曹爽に「今すぐ許昌へ行き、皇帝を擁立して兵をあげれば

各地の臣下はあなたに協力するはずだ。こんなところに居続けたら、あなたは

捕縛されて死ぬぞ」と乾坤一擲の策を披露します。

しかし曹爽は決断する事が出来きませんでした。

その後曹爽は司馬懿から罪を問わず、

今の地位を免職するだけで許してやると言われるとすぐに降伏。

曹爽は降伏する前に「金持ちのままで居られるなら、俺降伏するよ」と

桓範に告げます。

すると彼は大きなため息をつき「曹子丹(曹真)は優秀な人であったが、息子は

ぼんくらばかりだ。貴様らのせいで俺が被害を受けるとは思わなかった」と

悔しがります。

その後桓範は官職に復帰しますが、すぐに無実の罪を着せられ、

曹爽が処刑される時、彼も処刑されてしまいます。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

乾坤一擲の策を献じた桓範は無念な最後を迎える事になります。

曹爽がもし彼の策を採用していれば、魏の内乱は収まらず、

もしかした司馬懿が曹爽一派に敗れていた可能性もあったかもしれません。

そう考えると彼が献策した乾坤一擲の策は歴史の運命を左右するとんでもない

策でありました。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~。」

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集

関連記事:三国志演義が今どき嫌われる理由

 

 

 

【赤壁を超える!魏呉の直接対決特集】
濡須口の戦い特集バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 藏覇(臧覇) 藏覇(ぞうは)とはどんな人?鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の…
  2. 魏の忠臣・徐宣(じょせん) 徐宣(じょせん)とはどんな人?魏の三代に仕えて歴代の君主に褒めら…
  3. 鍾繇(しょうよう)とはどんな人?関中の守備を任され、西方の憂いを…
  4. 曹丕と曹操 曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?
  5. 【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘っ…
  6. 劉曄(りゅうよう)ってどんな人?王族出身の名門参謀でもあり魏の重…
  7. 魔王曹操 曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について
  8. 魏の占い師・周宣(しゅうせん) 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇っ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. 黄月英
  3. 孫堅、孫賁
  4. 幕末 帝国議会
  5. 呂蒙
  6. カバ&関羽
  7. 城の前を掃除する孔明

おすすめ記事

  1. 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)
  2. 上杉謙信は暗号を使ってたから連戦連勝できた!開発者の宇佐美定行も紹介 宇佐美定行
  3. 『100万人の三國志』がアーケードゲーム『三国志大戦』とコラボを開催中。「豪華コラボ限定武将」が獲得できる
  4. 天下の奇才!?諸葛孔明とはどのような人物だったのか 孔明
  5. 【意外な事実】天才将軍・韓信は数学にも強かった事が判明!
  6. 袁紹と田豊の仁義なきバトル物語 袁紹を説得しようとする田豊

三國志雑学

  1. 関羽
  2. 魏延
  3. 劉邦
  4. 曹操から逃げ回る劉備
  5. 張遼・楽進・李典


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 城の前を掃除する孔明
  2. 幕末 大砲発射
  3. 被害妄想で怯える韓馥
  4. 三国志 居酒屋

おすすめ記事

魏曹操と魏軍と呉軍 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情 キングダム54巻amazon キングダム601話休載スペシャル「キングダムの強さは思いで決まる」 袁術 第9話:袁術くん「セルフイメージ」の高め方を学ぶ 曹操から逃げ回る劉備 劉備は旅好きだったのか!?北から南へ大移動の真相 曹彰 曹彰(そうしょう)が曹操の後継者に選ばれる確率を求めてみた おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第35話「蘇えりし者たち」の見どころ紹介 赤鎧を身に着けた曹操 曹操を主人公にしたオススメ小説3選 呂布のラストウォー 呂布 人中の鬼人呂布のラストウォー下邳の戦いを紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP