【祝】 山崎賢人主演で漫画「キングダム」実写化!キャスティングを大胆予想

2016年4月14日


 

秦の名門の重圧にも飄々とした蒙恬(もうてん)は?

蒙恬

 

蒙恬は、友達の王賁(おうはん)とは対照的に、祖父、父と秦の将軍を勤める名門の重圧を受け流している感じです。

 

「疲れるんだよね実際」と気取らず、名門の重圧をはっきり口にする、親しみやすい性格ですが、戦場では犠牲を厭わず戦う果敢な性格。祖父、父とマッチョなのに、蒙恬は、細くサラサラヘアです。

 

事あるごとに張り合う、信と王賁の間に入り調停する事が多い、蒙恬の配役は、窪田正孝さんではどうでしょう?

どこか、間の抜けた雰囲気が、蒙恬と被るように個人的には思います。

 

王一族を背負う決意、王賁の配役は・・

王賁

 

王座を狙っていると噂のある曲者、王翦(おうせん)の子として、名門を背負う王賁。性格は真面目で厳しく、また貴族としての優越感を隠さず、下僕出身の信を、身の程知らずと考え、戦場ではやたらに張り合う存在です。ただ、信を見下していても、認める部分は潔く認める器量は持っているので鼻白む貴族意識だけで固まっているわけではありません。

 

そんな王賁の配役は、真剣佑(まっけんゆう)彼に決まりでしょう。父はアクション俳優、千葉真一の彼は、とにかく端正な顔立ちで、さらに、父の手ほどきで、アクションも見事にこなします。彼なら、スタントいらずで撮影が出来て、人気も出そう・・

 

ある意味、一番長い信の友達、尾平(びへい)は・・

 

信が下僕だった頃からの友達である、尾平はある意味で、一番信の事をよく知っている存在だと言えるでしょう。弟の尾到(びとう)を戦で失う悲しみはあったものの、今でも、地獄の戦場を戦い抜いて、現在は伍長です。そんな尾平の配役は、お笑い芸人、アンガールズ田中さんではどうでしょうか?

 

信のあまり使えない方の副官、渕(えん)

 

元々は、壁隊と飛信隊の連絡係だったのが、何の因果か、王騎将軍が課した、信の修行に付き合わされて、そのまま流れで副官になった渕。戦場では、信に的確なアドバイスをするので、戦術家としても有能かと思いきや、もう一人の副官、羌瘣が仇討ちの為に、飛信隊を出てゆくと、飛信隊は、連戦連敗になる事から、大した戦術眼は持ち合わせていないようです。この渕の配役は、キングダム芸人でもある、ケンドーコバヤシさんで決まりでしょう。

 

キングダムライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

いかがだったでしょうか?ついに実写化されるキングダムの配役を独断と偏見で、好き放題に喋ってみました。いまから楽しみな、実写版キングダムですが、何と4月19日の、23時から、フジテレビ系列で放送する、「有吉弘行のダレトク?」で実写版キングダムの60秒のプロモーション映像が流れるそうです。もしかして、山崎賢人さん以外の、出演陣も映るかも、、要チェックです!!

 

関連記事:張松という男が劉備の運命を左右する

関連記事:【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語】

関連記事:三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-春秋戦国時代
-, , , , ,