架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語】

この記事の所要時間: 832




水魚の交わり

 

すべての人間の関係性の中で兄弟って特別ですよね?

特に、兄か弟のどちらかが出来が良いと、それだけで小さなドラマになります。

まぁ、王道の「タッチ」に限らず、最近では「宇宙兄弟」「キングダム」では、

秦王政と弟の成蟜(せいきょう)等、兄弟を扱った作品は多く名作も多いです。

 

三国志の中にも、もちろん、兄弟で登場する人達がいます。

また、兄弟の数だけ、その末路も関係性も様々です。

今回は、そんな三国志に登場する兄弟達を紹介していきますよ。




犬猿の仲、袁術(えんじゅつ)と袁紹(えんしょう)のエリートブラザーズ

袁紹VS袁術(犬猿)

 

三国志に登場する兄弟の中で一番仲が悪いと言えば、この二人でしょう。

袁紹は袁術の従兄弟とも言われますが、一方では、袁逢(えんほう)の庶子とも言われ

そうなると、袁術とは異母兄弟という事になります。

 

この二人の場合、庶子の出で、袁術よりもランクが落ちる袁紹が、

袁術よりも人望と才能があった事がトラブルの元でした。

プライドの塊だった袁術は、袁紹に嫉妬して、

その生母の身分が卑しい事を事あるごとに吹聴したので、

袁紹も次第に袁術を憎むようになります。

 

袁術 呂布

 

二人は、反董卓連合軍の解散後は兄弟でありながら敵同士になり

袁術は、公孫瓚(こうそんさん)孫策(そんさく)呂布(りょふ)と結び、

袁紹は、曹操(そうそう)、劉表(りゅうひょう)、劉備(りゅうび)などを使って、

勢力争いを繰り広げました。

 

その後、没落した袁術は、北方の雄に成長していた袁紹を頼って逃げますが

それを阻止しようとした、曹操により朱霊(しゅれい)と劉備の攻撃で

阻まれ果たせず孤独に餓死しました。

もし、亡命が上手く行っていれば、兄弟の和解は出来たでしょうか?




実力伯仲、孫策(そんさく)と孫権(そんけん)の兄弟

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

三国志の中で一番、有名な兄弟は、孫策(そんさく)と孫権(そんけん)の二人の兄弟です。

孫策は、江東の小覇王と呼ばれた勇猛な人物であり、

孫権は、孫策から受け継いだ呉の領地を守り、拡大した人物です。

 

玉磁と孫堅

 

父、孫堅(そんけん)は、孫策17歳、孫権10歳の時に戦死しているので、

孫策は、孫権の兄であるばかりではなく、父の代わりでもありました。

孫堅が死んだ時、その勢力は袁術に吸収され、孫策はその客将という

惨めな状態からの再スタートでした。

 

しかし、孫策は、その状態から父の家臣をまとめて兵を興し

劉繇(りゅうよう)討伐を名目に、袁術から離脱して独立しています。

その為に、兄弟喧嘩などというゆとりもなく、実力が拮抗する程で

あったにも関わらず、勢力争いとも無縁です。

 

もっとも、孫権18歳の時に、孫策は刺客に襲われて、

死んでいますから、権力の継承はすんなりと行われました。

もし、孫策が死ななければ、その後、成長した孫権との間で、

深刻な権力の確執が起きたかも知れません。

 

関連記事:孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

関連記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

関連記事:于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人

 

慎重な兄と野心家の弟の悲劇 張粛(ちょうしゅく)と張松(ちょうしょう)

張松

 

張粛と張松は、いずれも益州牧の劉璋(りゅうしょう)に仕えた人物です。

しかし、地味で職務を淡々とこなす兄の張粛に反比例して、

張松は、上昇志向が強い、裏を返せば不満家でした。

 

兄の張粛は、曹操の荊州平定を慶賀しに向かい、直接に広漢太守に

任命されるなどしましたが、張松は、同じく曹操の使者になっても

冷遇され、官位一つ貰えませんでした。

兄よりも才能豊かであった張松は、これを不満に思って、

劉璋に説き、劉備に接近してゆく事になります。

 

その張松は、劉璋の配下では、これ以上の出世は望めないと、

劉備を益州に引き込んで、劉璋を倒させて、その手柄で出世しようとします。

ところが、それを張松の手紙で知った兄の張粛は、禍いが自分達にまで

及ぶのを恐れて、劉璋に弟の計画を密告してしまいます。

 

劉璋は激怒し、張松の家族を皆殺しにしてしまいました。

これは、兄弟の性格の違いが産んだ悲劇と言えるでしょう。

 

関連記事:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する

関連記事:張松という男が劉備の運命を左右する 

 

弟の不始末を気にして病死 縻竺(びじく)・縻芳(びほう)兄弟

陶謙

 

縻竺は、徐州でも有数の資産家で、召使が1万人もいたと言われます。

最初は、陶謙(とうけん)に仕えますが、その後は劉備に兄弟で仕えました。

 

劉備が、呂布に本拠地を奪われて、小沛で孤立した時には、

私財をはたいて救援し、劉備はこれで立ち直る事が出来たと言われます。

劉備は、その事を深く感謝し、縻竺の官位は、孔明より上で、

そればかりか、孫乾(そんかん)、簡雍(かんよう)のような、

劉備旗揚げ時の家臣よりも上位でした。

 

最後まで劉備に忠義を尽くした縻竺と違い弟の縻芳には、違う人生がありました。

 

関羽

 

関羽(かんう)の配下にあった彼は、自他共に厳しい関羽に嫌われていたのです。

或る時には、火の不始末から南郡城内で火災が起きて、武器が少し燃える

という被害がありましたが、それを聴いた関羽は激怒し、

「戻ったら厳しく処罰してやる!」と言い捨てていました。

 

震えあがった縻芳は、同僚の傅士仁(ふしじん)と共に、

孫権の内応に応じて、関羽を裏切って見殺しにし、

それ以後は呉の武将になっています。

 

兄の縻竺は、弟の不始末に激怒し自らを鞭打って、劉備にまみえて、

「どうか弟の不始末の咎で、私も処罰して下さい」と言います。

劉備は、「縻芳の罪はそなたの罪ではない」と宥めますが、気持ちが治まらない

縻竺は、気に病んで健康を損ねて、1年後に死んだそうです。

 

関連記事:実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)

関連記事:そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

関連記事:これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!
  2. 合体!曹&袁コンビ!董卓軍をフルボッコに撃破する方法!!
  3. 三國無双では女性が戦闘しているが本当に史実でも戦っていたの?
  4. 墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの?
  5. 諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛が…
  6. 56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事?
  7. 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由
  8. 【曹操の妨害工作】呂布と袁術の同盟を曹操は恐れていた!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された
  2. 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。
  3. 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!
  4. こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介
  5. 【第三回 放置少女】ひとりぼっちからの脱出と景品を狙い撃つぜ
  6. 夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国同盟の終わりと武田信玄の危機 【お知らせ】サイト内検索(検索フォーム)を導入しました 楽毅の猛攻に神対応!籠城の天才、斉の田単(でんたん) 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見事に統治した名政治家 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの? 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密 三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの? なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!?

おすすめ記事

  1. 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)
  2. 曹純(そうじゅん)ってどんな人?曹操軍の騎馬隊長として戦場を駆け巡る
  3. 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為すは、仁者の兵にあらざるなり」
  4. 【キングダム時代考証】漫画の描写は嘘?ホント?キングダムの史実による歴史考証
  5. 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長
  6. 呂玲綺(りょれいき)とはどんな人?史実でも実在したの?
  7. 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴
  8. 【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP