【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発




SWITCHインタビュー 達人達(たち)「原泰久×シブサワ・コウ」

 

これまで、ほとんど馴染みが無かった中国春秋戦国時代に光を当てて、

空前の大ヒット漫画にした、原泰久先生。中年層の読み物と横山光輝三国志しか

無かった中国古典三国志をゲーム化して、老若男女すべての層に三国志を広く普及させた

シブサワ・コウこと、襟川陽一氏。新旧二人の歴史の達人が、5月28日(土)

EテレSWITCHインタビュー 達人達(たち)「原泰久×シブサワ・コウ」

ついに対談します。

 

それぞれ一時代を築いてきた両者が、どんな事を語るのか楽しみですが、

はじさんでは、その予備知識として、二人がいかに凄いか、

その凄いポイントを分かりやすく紹介していこうと思います。

第一回の今回は、2000万部を売り上げた大ヒット漫画、

キングダムの原作者、原泰久先生のココが凄いを紹介しましょう。




原泰久のココが凄い1 超ポジティブ思考

キングダム 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

実はキングダムは、原先生の連載デビュー作です(読み切りはある)。

普通の新人なら、少しでも長く続く事を期待しつつも、

「打ち切りになりませんように」とおどおどしてしまいますが、

原先生は、根っから楽天的な性格らしく、

連載当初から10年は続くと確信していたそうです。

 

さらに、キングダムは今、累計2000万部ですが、

原先生自身は「10年続ければ、もっと売れる」と思っていたそうです。

まさにスーパーポジティブ、突き抜けたキングダムの爽快感は

原先生の性格によるものかも知れません。

 

やはり悲観していい事はないので、俺は売れるとポジティブに

構えていた方が、運も実力も十二分に発揮できるかもですね。




原泰久のココが凄い2 単行本の売れ方が全巻変わらない!

キングダム コミック 1-41巻セット (ヤングジャンプコミックス)

 

通常、コミックスというものは、第1巻が一番売れて、

後になればなるほど売上が落ちてゆくものだそうです。

それは、話が進むにつれて興味をなくした読者が、

コミックスを買わなくなるからと言われます。

 

漫画って始まった当初は、

読者が「ああなるかな、こうなるかな?」

展開を想像するのも楽しいですが、ある程度巻数が出ると、

大体は先の展開が読めますし、

「あれ?想像してた展開と違う」とかにもなりやすく、

その漫画を卒業してしまう人も多くなります。

 

しかし、キングダムは、41巻にもなるコミックスが

全て平均的に売れているという事実があります。

つまり、これは、読者が興味を失わず、

ずーっとキングダムという作品に喰らいついて、

まるで信に従う飛信隊のように一緒に歩んでいるという事です。

これって、かなり凄い事ですよね?

 

ここには、人気漫画にありがちな、インターバル?

スピンオフ? ぶっちゃけ中だるみ?を造らずに、

すでにキングダムのラストまでが大まかに頭にあるという

原先生の緻密なストーリー作りが関係していると思います。

 

読者の予想を裏切り、期待を裏切らない、

毎回ジェットコースターなキングダムのスト―リーは

思いつきではなく、かなり緻密に組まれているのです。

 

原泰久のココが凄い3 週刊少年ジャンプ黄金期育ち!

ドラゴンボール超 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

キングダムは、ヤングジャンプに連載している青年誌なんですが、

読んでいると、作品の内側から友情、努力、勝利という

週刊少年ジャンプの声が聞こえる気がします。

つまり少年漫画のテイストを強く感じるわけです。

 

それは、偶然ではないそうで、実は、1975年生まれの原先生は、

80年代~90年代の週刊少年ジャンプの黄金期に

リアルジャンプっ子だったそうで、

「キン肉マン」「シティーハンター」「Drスランプあられちゃん」

「流れ星 銀牙」「聖闘士聖矢」「ドラゴンボール」「スラムダンク」等、

 

全て、アニメ化、映画化された事がある、当時の少年少女の心を熱くした

超メジャー漫画をリアルタイムで読んでいました。

 

それが、原先生の心の中に残っていて、キングダムの中にも反映している

そういう事なんですね。

 

原先生のココが凄い4 一度サラリーマンをした経験を活かしている

㈱三国志 劉備 孔明

 

原先生が本格的に漫画を描き始めたのは大学3年生の頃です。

あちこちの漫画賞に応募して、大学4年生の時に、

ちばてつや賞の準大賞を受賞します。

 

それから読み切りなどを書いたものの、連載の話はなく、

「あれ?思い通りにはならないな・・」と感じた原先生は、

プログラマーとして就職してサラリーマンになります。

 

なんだか遠回りな感じがしますけど、原先生は、

このサラリーマン時代の経験が無ければ、

絶対キングダムは描けなかったと断言しています。

 

外から見ると、皆、同じに見えるサラリーマンも内部に入ると、

自信家で仕事が出来る人、威張っているけど、いざとなると

他人に責任を押し付ける人、猪突猛進でワンマンタイプの上司、

生意気で言う事を聞かない部下など、色々な人がいます。

会社は、こういう性格も能力も、ばらばらな人達を一つの目的に向けて、

まとめてゆく事で成立しているんですね。

 

キングダムでも時々登場する父と子の相克、新旧世代の激突、

複数勢力の利益のせめぎ合いですが、

秦という国家の内部で起きるドラマは、このサラリーマン時代の

原先生の経験が反映されているのです。

 

よく、すぐれた表現者になりたいなら、

自分の経歴と接点がない仕事をこなしなさいとか言われますが、

原先生も、まさにそのような経験をしてきたんですね。

 

関連記事:コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教えちゃいます!【ビジネス三国志】

関連記事:営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!

関連記事:知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!

関連記事:思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】

 

原先生のココが凄い5 自由に描けるから春秋戦国時代を選んだ!

政

 

原先生は、子供の頃から大河ドラマが好きで、作家では司馬遼太郎、

漫画では、本宮ひろ志の「赤龍王」などを読み、また幕末モノの

読み切りを描いた事もあるそうです。

 

ただ、皆が知っていてメジャーな時代だと、確かに描きやすいですし、

受け入れられやすいですが、代わりに色々な作者の色がついていて、

また、この内容は史実ではない!等の批判も沢山出てきます。

 

ですから原先生は、自由に描けない、メジャーな幕末や三国志等

ではなく、マイナーな春秋戦国時代を選んだそうです。

 

元々、楚漢戦争以前の秦の始皇帝による天下統一までの漫画がないなと

漠然と思っていたので、司馬遷(しばせん)の史記に依拠して、

その時代の漫画を描こうと考えて、そこからキングダムが生まれたのです。

 

口でそういうのは簡単ですが、知名度が低い時代を描くのは、

リスクも大きかったと思います。

そこに挑戦して実績を残すのですから、原泰久、恐るべしです。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. キングダム45
  2. はじめての変

    ブラウザ三国志|マーベラスにおとぼけが突撃じゃ!

    やぁ、兄弟。今回の突撃取材は『ブラ…

  3. 西郷隆盛
  4. 司馬懿
  5. 空箱を受け取る荀彧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP