これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじわくる




三国志 居酒屋

 

テレビもラジオもネットもない三国志の時代、人々の娯楽としては、

体を張って曲芸を見せる、大道芸が一般的でした。

彼等は、道端で芸を披露するのみではなく、豪族の宴会にも呼ばれたので、

墳墓の壁画にも、その様子が残っています。

では、三国志の時代の曲芸とは、どんなものだったのでしょうか?




七枚の皿の上を飛び回る 曲芸師

三国志 芸

 

 

地面に、うつぶせにした七枚の皿をおいて、

その上で飛んだり、跳ねたり、宙返りをしたりする芸です。

もちろん、着地する時に、皿を割ってはいけませんし、

皿以外の部分に着地してもいけません。

 

このような芸は最近は見られないので、廃れたタイプの

曲芸なのかも知れません。

 

常に皿がどこにあるかを把握しながら、かつ、皿に体重を

かけて割らないようにする柔軟な身体能力が必要です。




今でもお馴染み、剣をお手玉するジャグラー
ジャグリング f

 

手に持った、四本の抜き身の剣を上空に舞わせながら、

地面に落さないようにする、ジャグリングです。

剣は大ぶりであり、緊迫感をあたえるように抜き身です。

そして、意味なく演者は、上半身裸ですが、

これも刺さると危ないという一つの演出かも知れません。

また、地面には、五個のお手玉が転がっていて、

剣を落さないようにしながら、お手玉を地面から拾って

ジャグリングを続けるという芸もしたようです。

 

関連記事:【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん)

関連記事:【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる!

関連記事:【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その理由とは?? 

 

竿を使う絶妙のバランス感覚曲芸

三国志 芸

 

お約束で上半身裸の筋肉隆々の男が、十字型の竿を額に乗せています。

さらに、竿には、3人の子供がぶらさがっていています。

十字の左右の子供は、足を引っ掛けて、竿からぶら下がり、

てっぺんの子供は、お腹だけで、バランスを取っています。

 

子供三人の体重を、男は、額で支えているわけです。

見るからに、ハラハラする曲芸です。

 

関連記事:スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた!【古代中国の仙人事情】

関連記事:まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄のお屋敷を徹底紹介!

関連記事:三国志時代の楽しい農村!当時の農業とはどんなのがあったの?

 

サーカスの原型、馬の曲乗り

旅馬 三国志

 

二頭の馬が、お互いに交差しながら、広場を円を描いて駆けまわる

というタイプの曲芸です。

馬上では演者が、馬の背に立って、鞭を振りまわしたり剣を振ったり

しつつ、時には、わざと落ちそうな振りをして、手綱にしがみつきながら、

振りまわされるという演出もやっています。

 

実はサーカスの語源は、円を意味するサークルであり、

この壁画は、サーカスが洋の東西を問わず、

馬の曲乗りから出発したという事を表しているのです。

 

関連記事:三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事情を徹底紹介!

関連記事:三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子についての記録が凄い!

関連記事:文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こういう所が大違い?

 

これは曲芸なのか?皿まわしと車輪投げ

劉備

 

上記のような、高度な曲芸もあれば、宴会芸というモノもあります。

紀元3~4世紀の三国から魏晋南北朝の時代の壁画には、

今でも、宴会芸で、たまーに見る、皿まわしをやっている絵があります。

細い棒の先に皿を乗せて、もう一本の棒で皿の高台をなぞって、

回転させるのも今と一緒です。

 

でも、見る限り、回しているのは、一枚の皿だけです。

これくらいなら、素人でも少し練習すれば出来そうです。

かわりに、この演者、めっさ笑顔に見えます。

 

後一人は、車輪を回転させて、手から腕へ、腕から肩を通って

反対側の肩から腕へと移動させる車輪芸の人です。

こちらも何ともいえない笑顔です。

 

関連記事:三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?

関連記事:出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具

関連記事:【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?

 

剣が立てられているロープの上で綱渡り

ロープ f

 

現在の綱渡りの原型になるものも登場しています。

地上から、150センチ程度の所に、綱を一本渡して、

そこを、大きな房がついた棒を持った子供が3名で、

バランスを取りながら歩いています。

 

下には、立てられた剣が何本も並んでいて、

誤って落ちたら串刺しになります。

ある意味では、高さが危険なだけの今の綱渡りより、

かなり危険な曲芸という事が出来ます。

 

また、その中の一人の子供は、

その中で逆立ちをして、歩いています。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

当時の大道芸は、今と違わないものもあり、皿の上を歩くように、

最近ではお目にかかれないものまであります。

個人的に、痛々しいのは、子供が登場する比率が多い事です。

恐らく、小さい頃から、芸を仕込まれて、一人前になるに従い

高度な芸を覚えていったのでしょうね。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 夏侯淵
  2. 李典
  3. 周瑜逝く

    デザイン担当:よりぶりん

    82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る

    曹操(そうそう)は、赤壁の戦いに敗れたもの…

  4. 曹操の弱点(蟻)

    デザイン担当:よりぶりん

    曹操には弱点はないの?

    曹操(そうそう)というと、誰もが戦の天才で…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP