広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事件?

この記事の所要時間: 345




後継者争い 劉協と劉弁

 

三国志では次世代の君主を選ぶ際、非常に苦労しています。

河北の覇者として、君臨した袁紹(えんしょう)は後継者を決めないまま亡くなってしまった事で、

袁紹の息子達が争う事になり、国力は衰退。

 

袁紹逝く! ゆるキャラ

 

敵国である曹操に攻められて国は滅亡してしまいます。

一歩間違えれば国が滅亡してしまう程、難しい後継者を選び。

今回紹介するのは二宮の変(にきゅうのへん)と言われる呉の国で起きた

孫権(そんけん)の後継者を巡る事件を紹介したいと思います。




【二宮の変】とは一体なんぞ

そんろは 孫魯班

 

そもそも二宮の変(にきゅうのへん)とは一体何なのでしょうか。

二宮の変とは孫権の息子で、皇太子であった孫登(そんとう)の死後に起きた争いです

孫登は遺言で「異母兄弟である孫和(そんか)を次世代の皇太子にしてほしい」と

孫権に懇願します。

孫権も息子のいう事を聞き、孫和を次世代の太子に任命します。

しかし孫権は自分の四男である孫覇(そんは)を魯王(ろおう)に任命。

こうして皇太子と孫覇が次世代の孫家を巡って争い、

呉の群臣達も孫和派と孫覇派に分かれ争った事件です。

 

両成敗 【初回生産限定盤CD+DVD】 【Loppi・HMV限定オリジナルトートバッグ&手拭いセット】

 

最終的にこの争いは喧嘩両成敗となり、太子であった孫和は廃嫡され、

魯王であった孫覇は死罪。

そして孫権の新たな後継者として七男の孫亮(そんりょう)が擁立される事で、

一件落着となります。

この二宮の変が解決するまでに多くの呉の重臣が命を落とし、

国力は大幅に衰退する事になった事件です。




二宮の変が起きた原因その1:一番下の子に国を継がせる為に行った?

孫権

 

孫権は六十歳を過ぎた頃に一人の男子を得ます。

この子どもの名は孫亮(そんりょう)。

孫権はこの子を非常に可愛がり、

この子に自分の後を継がせたいと考えたのではないでしょうか。

その為には太子を廃嫡しなければなりません。

しかし、廃嫡は後継者の素行が悪かったり、重大な事件(例えば謀反など)を

した場合のみできます。

孫和は特に素行が悪いわけではなく、また謀反を起こそうとしている事実もありません。

そこで孫権は孫和を廃嫡に追い込むため、孫覇に目を付けます。

彼を魯王に任命し、孫和に対抗するように仕向ければ、

孫和が孫覇と孫権の後継者を巡って争い始めるのではと考えたのではないでしょうか。

もし二人が争えば、喧嘩両成敗という形で孫和を廃嫡した後

魯王孫覇を死罪。

二人の後継者が亡くなれば、必然的に孫権が可愛がっていた

孫亮を次世代の皇太子とすることができると孫権が考えたのではないでしょうか。

その証左として、孫権は孫和と孫覇が争い始めると

孫和を後継者の位から降ろし、孫覇を死罪にします。

そして孫亮を自らの後継者とすることに成功しています。

 

二宮の変が起きた原因その2:気に食わない群臣を粛清させるために行った?

孫権

 

二宮の変は孫呉の家臣団を真っ二つに分けて、争いが行われました。

孫和派には、呉の丞相である陸遜(りくそん)を始め、諸葛格(しょかつかく)、

顧譚(こたん)、朱拠(しゅきょ)、張休などの呉の重鎮が味方します。

また孫覇派には、江東の名家である全琮(ぜんそう)、呂岱(りょたい)

孫峻(そんしゅん)など貴族や名家が味方に付きます。

孫権はあまり厳しく諫言する者(張昭のような人物)はあまり好まない性格です。

その証左として、張昭が諫言を行った事に孫権が腹を立て、

大喧嘩を行った事があります。

さて話を元に戻しますが、孫和派の人々は陸遜を始め、

孫権を強く諫める人物が味方しております。

孫権は孫和を後継者としての地位から降ろすと、

自らを諫め続けてきた陸遜に腹を立て手紙で詰問。

陸遜は孫権に謂れのない詰問状に激怒し憤死してしまいます。

また孫覇を死罪にした際、

彼に味方した江東の名家出身の武将・全琮などの貴族を重職に付けます。

しかし全琮の死後、孫覇派で重役にいた貴族出身の武将を失脚させます。

孫権は強く諫言する武将や江東の貴族と言われる武将達を粛清。

呉の国を綺麗な状態にして、

孫呉の家を孫亮に継がせようとしたのではないでしょうか。

 

二宮の変が起きた原因その3:孫権の娘が黒幕?

西遊記 羅刹女

 

孫権の娘である孫魯班(そんろはん)は、

仲が悪かった王夫人を重臣たちが皇后に擁立しようとしていると聞きます。

自分の母である歩夫人が皇后になれなかったのに、

いきなり王夫人が皇后に擁立される事に我慢できませんでした。

その為、孫権に孫和や王夫人らの悪口を言いまくります。

孫権は娘から知らされる悪口を鵜呑みにし、孫和を遠ざけます。

彼女は夫である全琮が孫覇に味方していた事もあり、

孫覇と敵対している孫和派の重臣達の悪口を孫権に流します。

この悪口のせいで、陸遜や張休らも孫権から遠ざけられることになります。

こうして孫和に味方していた重臣たちを除くことに成功。

しかし彼女は孫権が孫覇よりも孫亮を可愛がっている事を知ると、

あっさりと孫覇を捨て、孫亮の味方に付き彼が皇太子になれるように尽力します。

 

妹も邪魔になれば消す

photo credit: Atardecer via photopin (license)

photo credit: Atardecer via photopin (license)

 

孫亮が孫権の跡を継ぎ、皇帝になると妹の孫魯育(そんろいく)が

孫和の味方をしていた事もあり、姉である孫魯班に反抗的な態度を取り続けます。

魯班は妹と疎遠になり、ついに彼女も殺害してしまいます。

こうして自らの敵になりそうな女性たちを消し、孫家の権力を一手に握ります。

もし、孫権が孫魯育の母親が亡くなる前に皇后にしていれば、

二宮の変は起きず、孫登の息子であった孫和が皇太子となり、

孫家を継いでいたかもしれません。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

孫権はいずれの理由にせよ、

二宮の変によって国力を大幅に減少させる原因を作った事で、

滅亡の遠因を作る事になります。

孫家はその後、国力を回復させる事無く、滅亡を迎える事になります。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~。」

 

関連記事:はじさんが孫権を丸裸に!素顔は?身長は?孫権を徹底追及!

関連記事:孫尚香ってどんな人|孔明に曹操、孫権と並び評された人物

 

よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 劉備と劉邦
  2. これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活
  3. 策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってど…
  4. 【衝撃の事実】鳥巣襲撃戦後にとった曹操の行動が結構エグかった
  5. 三国志一の策謀家、袁術の伝説
  6. 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚
  7. 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の…
  8. 涙なしには語れない桃園の結義

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 実在した仙人?史実でも孫策に殺されてしまう于吉(うきつ)
  2. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】
  3. 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】
  4. 赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬
  5. 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長
  6. 三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる

三國志雑学

  1. 劉備と劉邦

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志で映画にしてほしいシーンベスト10 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん) 周處(しゅうしょ)とはどんな人?必ず負けると分かっていながらも、戦い抜いた闘将【晋の将軍列伝】 赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは? 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの? 阿会喃、死んだらあかいなん!!孔明に裏切られた良い蛮族 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎士

おすすめ記事

  1. はじめての三国志企画 – エイプリルフール特集
  2. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3)
  3. 曹純(そうじゅん)ってどんな人?曹操軍の騎馬隊長として戦場を駆け巡る
  4. 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!?
  5. 曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」
  6. 【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?
  7. 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」
  8. おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP