架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉眼でスーパーマーズが見えていた

この記事の所要時間: 313




火星 f

 

火星が、過去10年で最も地球に接近しているそうです。

これをスーパーマーズと言い、熊本などでは、肉眼でもはっきり見える程に

大きく火星が確認できた模様です。

 

国立天文台によれば、火星は2年2カ月ごとに地球に接近するようです。

ただ、接近する距離は毎回違い、今回は地球から7500万キロメートルの

距離まで接近し2005年の11月以来の近さです。

 

肉眼で見える火星の見た目の直径は、これにより今年最小だった

1月の段階の3倍になり、明るさは一等星の16倍になっています。

このスーパーマーズ、これから一週間は見られるとの事ですので、

時には夜空に顔を向けてみてはいかがでしょうか?




三国志の時代には不吉の星だった火星

孔明 コペルニクス

 

現在の天文学者に劣らぬ程、三国志の時代の中国でも天体観測は盛んでした。

ただ、それは宇宙の神秘を解き明かしたいという科学的な面だけでなく、

天体の動きから、まだ分らない未来が予測できるという考えに基づきます。

 

三国志演義でも諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)が、

夜空に星を見上げて、味方武将の死を察知したりしていますよね?

 

さて、この火星、古代中国では、見た目の血を連想させる赤い色や、

不規則に地球に近寄る様子から不気味な星とされ、災いの前兆と見なされました。

興味深い事に、同じ時代の別の国、例えば古代ローマでも火星はマルス、

戦争の星として不吉な事が起きる前触れと考えられていたようです。



捜神記に登場する火星の精の予言

始皇帝と星空

 

古代中国における妖怪や怪奇現象の話を載せた、捜神記(そうしんき)には、

この火星の精として、出現した不気味な少年の話があります。

 

西暦260年、呉は3代皇帝、孫休(そんきゅう)の時代、身の丈4尺あまり、

年の頃は6~7歳の青い着物を着た童子が、子供達が遊んでいる場所に

やってきて、一緒に遊び始めた。

 

子供達は見た事がない少年なので、「どこから来たの?」と聞くと

「皆が遊んでいるのが楽しそうなので降りてきた」と返事をする。

 

よく見ると、この少年の目はらんらんと光を放っていて、

どう見ても人間ではないようだ。

 

子供達は怯えていると、少年はにっこり笑って

 

「みんな僕が怖い?実は僕は火星の精なんだ、、

今日はね、みんなに知らせたい事があって来たんだよ

三公、司馬に帰さん、これが僕の伝えたい事さ」

 

少年達は恐ろしくなり、蜘蛛の子を散らすように逃げ出し、

それぞれ大人を連れて戻ってきた。

その時も、火星の精は、同じ場所に立っていたが、

 

「もう時間だから僕は帰るね・・」というや、天に飛びあがり

そのまま、絹の衣のように細くなって空に吸い込まれた。

 

それから、三年後、劉禅(りゅうぜん)の蜀は滅び、六年後には、

魏は晋に滅ぼされ、二十一年後には呉も晋の司馬炎(しばえん)に滅ぼされた。

火星の精の予言は現実のものとなったのである。

 

火星に託された、三国志の時代の知識人の不満

宦官集合 

 

この怪奇な話は、元々は呉で謳われていたわらべ歌だったようです。

そして、火星と子供の取り合わせは、実は偶然ではありません。

木・火・土・金・水の五大元素が世界を造ると考える五行思想では、

火は二番目、五時では言が二番目、そして陰陽二元論では、

火も子供も同様に陽に属します。

 

火星と子供と言葉は、陰陽思想や五行思想では当然結びつくモノで、

それが当時の人々にある種の神秘性と説得力を与えたのです。

 

当然、わらべ歌は子供が考えたのではなく、当時の知識人層が政治の腐敗を

嘆いて、歌詞を子供が歌いやすいようにして意図的に流した

一種の政治批判のようなものでした。

 

董卓(とうたく)の時代の末期にも、

「千里の草、なんぞ青からん、日が十個落ちれば、生き得まじ」

という董卓の無残な最期を予言したわらべ歌が流行しました。

こちらも当時の知識人階層が董卓の暴力政治を批判した歌なのです。

 

つまり、呉の孫休の自分勝手な政治に対して、当時の呉の知識人層が

憤慨し、直接ではなく、わらべ歌に託して、

「このままだと司馬氏に三公(当時の政治の最高職)は、

帰して呉は滅ぼされるよ」と警告したのです。

 

孫晧

 

ただ、孫休の天下は長く続かず、その後、暴君の孫晧(そんこう)が登場。

孫休に10倍輪を掛けた、独裁恐怖政治を行い呉にトドメを刺します。

政治批判だった、わらべ歌は呉が滅ぶ予言になり後世に残ったのです。

 

関連記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

関連記事:宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説!

 



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で…
  2. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグ…
  3. 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』
  4. 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!
  5. キングダム 522話 ネタバレ予想:まさか!紀彗軍が全滅の危機!…
  6. 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない…
  7. とっても皇帝になりたかった袁術
  8. 張飛(ちょうひ)は本当は知将だった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 21話:汜水関の戦いの功労者
  2. 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言
  3. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察
  4. 0話:歴史は繰り返す!三国志エピソード ゼロ
  5. 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上
  6. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書 洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの? 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第1回 初体験のひっぱりゲーム攻略に挑戦です! 【第7回 幻想少女】強敵続出!ろひもと理穂は曹操に会えたのか!? 山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した戦 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法 【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた? 赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?

おすすめ記事

  1. 40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?
  2. フビライ・ハンとは何者?モンゴル帝国のラスボスに迫る!
  3. 三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説
  4. 【シミルボン】とっても面倒くさい!三国志の時代の髪の毛のお手入れ
  5. 狸(徳川家康)とお猿(豊臣秀吉)の外交合戦が面白い!
  6. 122話:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活
  7. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴
  8. 78話:龐統初登場、連環の計発動!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP