よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説!

この記事の所要時間: 315




董卓えらそう 独裁

 

三国志演義の前半、横暴の限りを尽くしていたのが董卓(とうたく)です。

その振る舞いを快く思わない者も多く董卓の暗殺を試みる者も居たのですが・・・あえなく返り討ち。

少しでも楯突く者は容赦なく惨殺していく董卓の恐怖政治に、皆恐れ戦き何も出来ないでいました。

そんな中、曹操(そうそう)董卓暗殺を買って出ます。




伝家の宝刀・七星剣

射抜かれる曹操

 

今まで董卓の暴虐の元にも黙って仕えていたのは、信頼を得て傍に近寄る事が可能な立場になる為。

同じく董卓に黙って仕えながらも快く思っていなかった王允(おういん)は曹操のその志に感心し、

代々家に伝わる宝刀・七星剣(しちせいけん)曹操に渡します。これで討て、と。

 

その七星剣を忍ばせ董卓の寝所に向った曹操でしたが、後もう一歩の所で宝刀・七星剣の煌きが董卓の傍らにあった鏡にキラリと反射し、気づかれてしまいます。

とっさの事に曹操は宝刀・七星剣を董卓に献上し、董卓も宝刀・七星剣を見てホクホク。

その場を取り繕った曹操の言葉を信用してしまいます。

 

三国志ファンならご存知の名場面。

一瞬の登場でも印象に残る宝刀・七星剣ですね。

 

関連記事:洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

関連記事:後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

関連記事:三国志:前半戦のまとめその2(董卓君臨から官渡の戦いまで)




七星の持つ意味

七星剣

 

七星剣、と言うからにはもちろん、刀の部分に七つの星が刻み込まれています。

 

この七星剣の七星とは、北斗七星の事。

 

七星剣自体は中国の道教思想に基づき、北斗七星が意匠された刀剣の呼称とされています。

道教において北斗七星は北斗信仰として特別な意味合いを持っていました。

 

ちなみに北斗七星の七つの星は、柄杓の先の方からそれぞれ

貧狼星(トンロウセイ)

巨門星(キョモンセイ)

禄存星(ロクソンセイ)

文曲星(モンコクセイ)

廉貞星(レンジョウセイ)

武曲星(ムコクセイ)

破軍星(ハグンセイ)

と名づけられています。

南斗は生を司る神で、北斗は死を司る神 とされていました。

 

この北斗七星が意匠された七星剣ですが、古代中国において国家鎮護・破邪滅敵の力が宿るとされていて、主に儀式などにも用いられた剣と言われています。

また、刻み込まれた北斗七星は宇宙の中心である北極星(天帝)を守ることを表していたようです。

 

関連記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

関連記事:老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

関連記事:老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに?

 

中国での七星剣の登場

 

この七星剣は中国では古くから御馴染みで、有名な『呉越春秋』には、伍子胥が楚王から授かった百金の価値がある剣としての記述があります。

古代中国での七星剣は宝刀として扱われていた剣だったのですね。

 

その他の中国文学作品にも七星剣は登場し、

西遊記でも金角と銀角が太上老君(道教の始祖とされる老子が神格化したもの)から盗み出した宝の一つとして書かれています。

 

関連記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

 

実は日本にもある七星剣

実は日本でも同じように道教思想に基づき作られた、日本の直刀の七星剣が幾つか存在しています。

古代日本において文化や思想は中国から流れてくるものでしたから、もちろん日本文化に深く影響を与えています。

七星剣の存在は当然といえば当然かもしれません。

 

七星剣 四天王寺蔵 wiki

(写真は四天王寺蔵)

 

有名な所では四天王寺や法隆寺、正倉院、稲荷山遺跡など、国宝級の物があります。

教科書などで見たことがある人は多いのではないでしょうか?

 

 

三国志ライターAkiの独り言

Aki

 

三国志演義の名場面でもある七星剣での暗殺未遂事件ですが、実はこのシーン、史実にはない演義での創作です。

七星剣が国家鎮護と破邪滅敵の力があるとし、刻まれた北斗七星が北極星(天帝)を守ることを意味していた事から考えると・・・董卓暗殺になんてピッタリな剣でしょう!

王允が曹操に渡すのは他の剣でも良かったのでしょうが、

敢えてこのシーンに七星剣を用いた理由にそんな背景があるのなら、なかなか良い演出だと思います。

小道具として絶妙なセレクトですね。

もちろんそんな深い意味は無く、ただ王允のお家がそれほどの宝刀を持ってるお金持ちだったと表現したかっただけ、と考えることも出来ますが・・・。

 

ちなみにこの北斗信仰が根付いていた古代中国では、死を司る北斗の神に縋って寿命を延ばしたという逸話が多くあるそうです。

あれ?同じようなシーンが三国志にもあったなような・・。

北斗信仰の事を頭の片隅に置いておくと、もっと三国志が楽しくなるかもしれませんね♪

 




よく読まれている記事

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

袁紹 曹操

 

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

曹操議員

 

よく読まれてる記事:これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?

 

曹萌

 

よく読まれてる記事:曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

 

この記事を書いた人:Aki

Aki

■自己紹介:

歴史全般大好きなのですが、三国志大好き歴は20年以上。

地元には『諸葛川(もろくずがわ』という川があるのですが、名前を見る度にニヤリとしてしまいます。

好きな歴史人物:曹操諸葛亮、額田王、織田信長

何か一言:いつか三国志の小説でも書いてみたいです♪

関連記事

  1. 古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?
  2. 孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話
  3. 【なんだそりゃ?】注さらに注!ラビリンスな注釈の歴史
  4. 「濮陽の戦い」と「定陶の戦い」における曹操の復讐行為まとめ
  5. 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  6. 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!?
  7. 曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  2. 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!
  3. 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?
  4. 【センゴク】戦国時代を揺るがす本能寺の変。秀吉はこの事件のせいでショックを受けて腑抜けになった!?
  5. 【真・三國無双 Online Z 攻略2】超初心者が三国無双を5時間プレイするとどこまで上達するのか!
  6. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見! 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介! 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド 【キングダム予想】公孫龍将軍が最大の壁になる?実は防戦のスペシャリスト 【中国人民激白】劉備が鬼畜すぎたから徐庶は離れた レッドクリフ超え!魯粛(ろしゅく)の知られざる逸話 かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した! 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす

おすすめ記事

  1. 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐統の容貌
  2. 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人
  3. 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり
  4. 愛されすぎてことわざになった人・張飛(ちょうひ)編
  5. 【呉最強説】孫権率いるレッドな政権孫呉軍団の弱点ってあるの?
  6. 武田信玄の駿河侵攻戦はどうやって攻略をしたの?
  7. 蒼天航路の郭嘉の名言が三国志好きには堪らない
  8. 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP