編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】

この記事の所要時間: 350




張飛にお酒 だめだよ

 

三国志で印象的なのは、繰り返し描かれる宴会のシーンです。

そこでは酒は欠かせないもので、何百杯でも飲める酒豪も登場します。

しかし、一方で飲めない家臣に無理やり飲ませて、面白がる悪酔い君主も

多くいた事が史書から明らかです。

そこで、はじさんでは歴史に残る悪酔い君主をランキングします。



第3位 意外! 家臣に泥酔するまで酒を飲ませた劉表

劉表 三国志 ゆるキャラ

 

荊州の劉表(りゅうひょう)と言えば、学問の興隆に寄与した

名君として知られていますが、実は、かなり酒癖が悪く、

家臣を散々に酔わせる悪い癖がありました。

 

劉表は、酒をより深く味わおうと考え、爵(酒の杯)を3つ造り、

大爵を伯雅、中爵を仲雅、小爵を季雅と名付け、それぞれに、

酒を7升、6升、5升と注ぎこみました。

 

全部総合すると、18升で今の単位だと、16・4リットルになります。

もちろん、この3爵の酒を宴に来た人間一人、一人に出していたと

思われるので、もう色々オカシイとしか思えません。

 

いかにアルコール度数が低いとはいっても!!

一人で16・4リットルも飲めるわけないじゃん!

 

劉表は、出席者が酔い潰れるまで帰る事を許さず、さらに本当に、

酔い潰れたか確認すべく、鉄の針のデカイのを造り、酔い潰れた

人を刺して、反応を見ていたようです。

 

劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ

 

劉備も(りゅうび)、長い間、劉表の世話になっていましたが、

この泥酔するまで飲ませるという宴会に付き合っていたのでしょうか?

劉備がデブチンになったのも、この凄い宴会が原因だったりして・・




第2位 酔い潰れて溺れるまで飲ませる、孫権のヒドイ酒癖

張昭 VS 孫権

 

当人も大酒飲みの酒乱として知られる孫権(そんけん)は、

酔うと理性を無くし家臣にヒドイ命令を出す事でも知られています。

張昭(ちょうしょう)伝によると、孫権が、武昌の釣台(沿岸にある)で

いつものように泥酔した時の事、家臣に対しても、自分のように

酔い潰れるまで飲酒を強要します。

 

孫権

 

そして、潰れた家臣には、宮人に命じて水をぶっ掛けさせて

目を覚まさせ、さらに自ら飲酒を勧めます。

しまいには、「水の中で酔い潰れたら、飲酒を止めていい」と

無茶な命令を出してしまいます。

 

水中で本当に泥酔したら、溺れ死ぬという事になるからです。

この時、可哀想な呉の家臣達はどうしたのでしょうか?

記録には何も書いてありません。

 

関連記事:孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?

関連記事:終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ

関連記事:権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権

 

第1位 最悪、泥酔させて暴言を吐かせ、処罰した孫皓

孫晧

 

孫家には、遺伝的に酒乱の傾向があるのか、孫権の孫にあたる

最後の呉帝、暴君、孫皓(そんこう)にも酒にまつわるヒドイ話があります。

 

孫皓は、家臣を集めて宴会を開く時に、こう言いました。

 

「酒の席でも君臣の関係は絶対だ、酔って無礼があれば処罰する」

 

孫奉 孫奮

 

こうして、家臣を凍りつかせてから、その癖、浴びる程に家臣に

酒を飲ませました。

 

もうね、この人オカシイです、無礼講は無し、でも、酒は泥酔する

まで飲めというなら、無礼な振る舞いを待っているようなものです。

この宴会に招かれた家臣は、生きた心地がしなかったでしょう。

 

さらに、孫皓は、僅か一言でも、暴言や不遜な態度を見逃さない為に

司過の徒という宴会を監視する役人を10名配置していました。

彼らは一滴も飲まず、ひたすら宴会の客を監視して、暴言や、

孫皓への無礼な態度がないかを監視する役割です。

 

こうして、司過の徒は客の様子を逐一、孫皓に報告します。

そこで、孫皓は自身が気に入らないと思った家臣を処罰していたのです。

 

孫権や劉表でも、酒の席での事は全て大目にみますが、

孫皓は、自分が処罰したいが為に家臣に酒を飲ませたのです。

その性質の悪さは、祖父の孫権を超えると言えるでしょう。

 

関連記事:孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名をほしいままにしたが、実は…

関連記事:理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)

関連記事:曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

酒を無理矢理飲ませる君主は、孫権だけかと思いきや、

劉表や孫皓までいたとは意外でした。

こういう人達は、普段のストレスが凄いので、

酒が入るとやたら凶暴になり周囲に迷惑を掛けるのかも知れませんね。

 

皆さんも、飲めない人に酒を勧めるのは止めましょう。

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

 



よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?
  2. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢
  3. 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?
  4. 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、…
  5. 104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い
  6. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介
  7. 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして…
  8. 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりや…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?
  2. 廉頗(れんぱ)とはどんな人?悲劇のレジェンド元趙三大天[キングダム ネタバレ注意]
  3. 殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝最後の帝辛
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【7/11〜7/17】
  5. 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から漢中までの鉄軌道
  6. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発 卑弥呼は魏に何を献上したの?また魏国からの下賜品の差の謎に迫る 孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名をほしいままにしたが、実は… はじさんが曹操を丸裸に!素顔は?身長は?曹操を徹底追及! 「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加していた! 黄忠(こうちゅう)ってどんな人?華々しさとは真逆、家族に恵まれなかった人生 そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!

おすすめ記事

  1. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」
  2. 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛
  3. キングダムに登場する司馬尚はどんな性格なの?【キングダムネタバレ予想】
  4. 【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。クソ漏らし家康と死んだふりの劉備
  5. 【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!
  6. 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話
  7. 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ
  8. 孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP