キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】

この記事の所要時間: 350




張飛にお酒 だめだよ

 

三国志で印象的なのは、繰り返し描かれる宴会のシーンです。

そこでは酒は欠かせないもので、何百杯でも飲める酒豪も登場します。

しかし、一方で飲めない家臣に無理やり飲ませて、面白がる悪酔い君主も

多くいた事が史書から明らかです。

そこで、はじさんでは歴史に残る悪酔い君主をランキングします。



第3位 意外! 家臣に泥酔するまで酒を飲ませた劉表

劉表 三国志 ゆるキャラ

 

荊州の劉表(りゅうひょう)と言えば、学問の興隆に寄与した

名君として知られていますが、実は、かなり酒癖が悪く、

家臣を散々に酔わせる悪い癖がありました。

 

劉表は、酒をより深く味わおうと考え、爵(酒の杯)を3つ造り、

大爵を伯雅、中爵を仲雅、小爵を季雅と名付け、それぞれに、

酒を7升、6升、5升と注ぎこみました。

 

全部総合すると、18升で今の単位だと、16・4リットルになります。

もちろん、この3爵の酒を宴に来た人間一人、一人に出していたと

思われるので、もう色々オカシイとしか思えません。

 

いかにアルコール度数が低いとはいっても!!

一人で16・4リットルも飲めるわけないじゃん!

 

劉表は、出席者が酔い潰れるまで帰る事を許さず、さらに本当に、

酔い潰れたか確認すべく、鉄の針のデカイのを造り、酔い潰れた

人を刺して、反応を見ていたようです。

 

劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ

 

劉備も(りゅうび)、長い間、劉表の世話になっていましたが、

この泥酔するまで飲ませるという宴会に付き合っていたのでしょうか?

劉備がデブチンになったのも、この凄い宴会が原因だったりして・・




第2位 酔い潰れて溺れるまで飲ませる、孫権のヒドイ酒癖

張昭 VS 孫権

 

当人も大酒飲みの酒乱として知られる孫権(そんけん)は、

酔うと理性を無くし家臣にヒドイ命令を出す事でも知られています。

張昭(ちょうしょう)伝によると、孫権が、武昌の釣台(沿岸にある)で

いつものように泥酔した時の事、家臣に対しても、自分のように

酔い潰れるまで飲酒を強要します。

 

孫権

 

そして、潰れた家臣には、宮人に命じて水をぶっ掛けさせて

目を覚まさせ、さらに自ら飲酒を勧めます。

しまいには、「水の中で酔い潰れたら、飲酒を止めていい」と

無茶な命令を出してしまいます。

 

水中で本当に泥酔したら、溺れ死ぬという事になるからです。

この時、可哀想な呉の家臣達はどうしたのでしょうか?

記録には何も書いてありません。

 

関連記事:孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?

関連記事:終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ

関連記事:権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権

 

第1位 最悪、泥酔させて暴言を吐かせ、処罰した孫皓

孫晧

 

孫家には、遺伝的に酒乱の傾向があるのか、孫権の孫にあたる

最後の呉帝、暴君、孫皓(そんこう)にも酒にまつわるヒドイ話があります。

 

孫皓は、家臣を集めて宴会を開く時に、こう言いました。

 

「酒の席でも君臣の関係は絶対だ、酔って無礼があれば処罰する」

 

孫奉 孫奮

 

こうして、家臣を凍りつかせてから、その癖、浴びる程に家臣に

酒を飲ませました。

 

もうね、この人オカシイです、無礼講は無し、でも、酒は泥酔する

まで飲めというなら、無礼な振る舞いを待っているようなものです。

この宴会に招かれた家臣は、生きた心地がしなかったでしょう。

 

さらに、孫皓は、僅か一言でも、暴言や不遜な態度を見逃さない為に

司過の徒という宴会を監視する役人を10名配置していました。

彼らは一滴も飲まず、ひたすら宴会の客を監視して、暴言や、

孫皓への無礼な態度がないかを監視する役割です。

 

こうして、司過の徒は客の様子を逐一、孫皓に報告します。

そこで、孫皓は自身が気に入らないと思った家臣を処罰していたのです。

 

孫権や劉表でも、酒の席での事は全て大目にみますが、

孫皓は、自分が処罰したいが為に家臣に酒を飲ませたのです。

その性質の悪さは、祖父の孫権を超えると言えるでしょう。

 

関連記事:孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名をほしいままにしたが、実は…

関連記事:理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)

関連記事:曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

酒を無理矢理飲ませる君主は、孫権だけかと思いきや、

劉表や孫皓までいたとは意外でした。

こういう人達は、普段のストレスが凄いので、

酒が入るとやたら凶暴になり周囲に迷惑を掛けるのかも知れませんね。

 

皆さんも、飲めない人に酒を勧めるのは止めましょう。

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

 



よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑…
  2. 【濡須口の戦い功労者列伝】濡須塢を築き二度も曹操軍を撃退、呂蒙
  3. 誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の…
  4. 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった!
  5. 三国志の人々の精神に影響を与えた論語(ろんご)って何?
  6. 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)
  7. 【危篤の孔明そっちのけ!】始まっていた五丈原の権力争い
  8. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 郭淮の行動が司馬懿政権を崩壊させたかも知れないってほんと!?
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/31〜11/6】
  3. 孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?
  4. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに魏延を追加しました
  5. 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  6. 島津斉彬の急死は暗殺だったの?弟の久光が黒幕?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこなった政策を覗いてみたよ キングダムの史上最悪の宦官、趙高(ちょうこう)はどうやって浮き上がる? 三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント? 【第三回 放置少女】ひとりぼっちからの脱出と景品を狙い撃つぜ キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる 司馬昭ってチョー有能?それとも親の七光りだったの!? 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第35話「蘇えりし者たち」の見どころ紹介

おすすめ記事

  1. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった!
  2. 桂小五郎と高杉晋作最強コンビの本当の関係は??
  3. 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第22話「虎と龍」の見どころ紹介
  5. 荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能
  6. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1
  7. 馬融vs鄭玄的中率100%占いから逃れた鄭玄の知略とは?
  8. 【キングダム559話】「右翼の行方」ネタバレ&レビュー

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP