編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権

この記事の所要時間: 224




孫権と三国アヒル

 

西暦200年、兄孫策の非業の死を受けて、19歳で呉の当主となった孫権(そんけん)

その人柄は、謙虚で腰が低く、部下の意見にも素直に耳を傾け、

古参の武将達が言う耳の痛い諫言にも応じる度量がありました。

 

かと思えば、孫権は、護衛もつけずに、他の領主の土地まで駐屯したり、

虎狩りのような命の危険があるスポーツを好むなど、

父、孫堅、兄、孫策を彷彿とさせる激しい気性も持ち合わせています。

 

しかし、いかに孫権が優秀でも、そこは人間です。

孫権にも、非常に周囲に評判の悪い、悪癖が存在していました。




孫権の悪癖ってなに?

48a5cf588d5c655eb64ade1bde8e32d9_m

 

それは何かと言うと、ズバリ「お酒」だったのです。

 

若くして、呉の領地と家臣団を任された重圧からか、

元々から酒が好きだったのか、孫権は酔いが回ると酒宴に参加している

部下に、執拗に酒を注いで回り、酔い潰れて寝てしまう部下がいると、

これに水を掛けてまで起こし吐くまで飲ませたと言います。

 

西暦、221年の事、魏の曹丕が後漢を滅ぼして、魏の文帝として

即位すると孫権は、形式上その配下に入り、呉王に任命されます。

 

その呉王の就任祝いの酒宴でも、孫権は飲みが過ぎ、また部下に

吐くまで酒を飲ますという悪癖が始まりました。

 

その事を嫌がった、虞翻(グホン)は、したたかに酩酊した演技をし

孫権の悪癖をやり過ごしていました。

 

孫権が、虞翻の前を通過すると、彼は平生に戻り

何食わぬ顔をして座ったので孫権は、激しく激怒します。

 

そして「貴様!酔ったフリをして余の杯を避けるのか!」

と剣を抜き放って虞翻を斬ろうとしました。

 

そこを劉基という人物が必死になって孫権を取りなします。

孫権は酔いが醒めてから、この事を思い出し、顔色が青くなったと言います。

 

「もし、劉基が取りなさなかったら、たかだか酒宴のトラブルで

部下を斬っていた所だ、恐ろしい、、これは反省しないといかん」

 

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる




孫権の殺害命令は無効になる?

孫権 弔い出陣

 

以降、孫権は、自分が三杯以上の酒を飲んで、出した殺害命令は、

無効だから実行しないようにと命令を出しています。

 

ただ、この虞翻、人づきあいが下手で毒舌家であったようで、

人間関係のトラブルを度々起こしていた問題児ではあったようです。

 

以前、張昭と孫権が、神仙(最高位の不老不死の仙人)は実在するのか?

と議論をしていた時に、虞翻はこれを小耳にはさんで嘲笑い、

 

「おいおい死人同士が、神仙がいるかどうか議論しているぞ、

そんなモノいるわけがないのに、、」と毒舌を吐きました。

 

これを聞いた孫権は、以前から毒舌で周囲から評判が悪い虞翻に

たまりかねて怒り彼を左遷しています。

 

とまあ、このように孫権は、思慮深い部分と気性が激しい部分が

同居している多面的な人物でした。

 

孫権の失態

孫権 冠

 

若い頃は自制心と内省が勝った孫権ですが、

晩年は呉の国力が充実し、魏も蜀も国内事情から、

呉にとって脅威にならなくなった事で慢心してしまいます。

 

そして、内省と自制心が薄くなり、好き勝手な振舞いが多くなり

呉の国力は次第に衰退していく運命を辿るのです。

 

関連記事:沢山の人材を発掘した呉の孫権

関連記事:遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは?

関連記事:孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題




こちらの記事もよく読まれています

曹操VS孫権R2

 

よく読まれてる記事:曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1

 

かぼちゃ 孫権

 

よく読まれてる記事:本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権

孫権日本

 

よく読まれてる記事:不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

関連記事

  1. 【キングダムの主人公】飛信隊の信は悲惨な最期を遂げる?
  2. 策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってど…
  3. 【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの?
  4. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【2/20〜2/2…
  6. 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?
  7. 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった…
  8. 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?
  2. 【第一回 放置少女】美少女達と一緒に三国志の世界を体感しよう!!
  3. 【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負
  4. 名馬ズラリ!三国志〜日本史と英雄の偉業を支えた名馬たちを徹底紹介!
  5. 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ?
  6. 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の反乱はなぜ失敗したの? 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!後篇 【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!! 程昱(ていいく)ってどんな人?気性の荒いおじいちゃん 郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6 ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話

おすすめ記事

  1. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – あなたの心の中にも袁術が住んでいる 【完003】
  2. 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣
  3. 妻子を人質に取られすぎな劉備
  4. みにおん三国志とはどんなアプリゲーム?
  5. 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐統の容貌
  6. 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱
  7. 曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの?
  8. 81話:赤壁の戦い後の劉備と孫権の関係はどうなったの?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP