呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【キングダム】趙の慶舎(けいしゃ)は実在したの?史実を元に真実の姿を解説




キングダム 42 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

漫画では、黒羊丘の戦いでの趙の総大将だった慶舎(けいしゃ)、、

本能型武将ならではの先が読めない戦術で桓騎(かんき)を翻弄しましたが、

一瞬の隙を突かれて飛信隊に追いつかれ、激戦の末に信に斬られました。

いまでは、故人になってしまった慶舎は、本当はどんな武将だったのか、

はじさんでは、追悼の念を込めて真実の姿を追います。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる




個人伝は存在しない武将・慶舎・・

 

慶舎には列伝がありません。

つまり、彼単体で語られるページがなく、

他の人との関係で名前が出てくるという形です。

 

彼の名前が出てくるのは、史記の趙世家編で2か所あります。

最初は、紀元前256年、趙の孝成(こうせい)王の10年の項に、

趙將樂乘、慶舍攻秦信梁軍,破之という記述、

 

2回目は、紀元前240年、趙の悼襄(とうじょう)王の5年の項に、

慶舍將東陽河外師,守河梁という記述です。

 

短いですが、これだけ見ても、慶舎は実在した将軍という事が

はっきりすると思います。




史実では、張唐、王齕を撃退して、領土を回復した名将軍

 

さて、実際の慶舎将軍は、どのような手柄を立てたのでしょうか?

紀元前256年、秦の昭襄王の50年、秦は王齕(おうこつ)が

張唐(ちょうとう)に従い、趙の寧新中(ねいしんちゅう)を抜いて、

名前を安陽と改めました。

 

王齕は分るけど張唐って誰?

キングダムと三国志

 

ここで出てくる張唐将軍は、皆さん聞き覚えがないかも知れませんが、

キングダムでもシッカリ出てきます。

そう、合従軍編で函谷関を守った、あの白髭頑固爺の張唐将軍です。

 

合従軍編では、韓の成恢(せいかい)の悪魔の毒霧を食らって、

余命幾ばくもなくなってしまい、桓騎大活躍の陰で存在感が薄い

張唐将軍ですが、ここではバリバリ全開!!

戦の采配がおもわしくない六大将軍の王齕に代わって指揮をとり

寧新中を抜いているのです。

 

うん、やはり、張唐将軍、合従軍編では年を取り、

かなり耄碌(もーろく)しただけで本来は名将軍に違いありません。

 

関連記事:キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密

関連記事:【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!

関連記事:【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

 

趙は、樂乗と慶舎、及び四カ国連合軍で反撃

 

もちろん、これで黙っている趙ではありません。

この2年前に邯鄲を秦に包囲されたりしていて、国力はかなりキツいのですが

そこは踏ん張り、慶舎及び、樂乗(がくじょう)の両将軍を派遣しています。

樂乗は、キングダムのレジェンド、樂毅(がくき)将軍の子です。

さらに同年には、趙の窮地を救うべく、韓と魏と楚が援軍を出しています。

形として、趙、韓、魏、楚の四カ国連合軍となった趙に、

秦軍は敵わないと判断して兵を引きました。

 

慶舎と樂乗のコンビによる勝利です。

 

どうして、韓・魏・楚が援軍を出したのか?

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

 

 

この戦いより2年前に秦は趙の都、邯鄲を大軍で包囲しました。

その時に、秦の脅しに屈せずに、魏の信陵君(しんりょうくん)

独断で兵を動かして趙を包囲する秦を攻撃し、趙も平原君(へいげんくん)

城内から呼応、、さらに楚の春申君(しゅんしんくん)も援軍に参加しています。

 

この時も秦は敵わないと考えて邯鄲の包囲を解いて撤退しました。

その同盟が、まだ生きていたのでしょう。

 

関連記事:戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君

関連記事:平原君(へいげんくん)ってどんな人?欠点多いけど結果オーライ!人間臭い趙の英傑

関連記事:キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる

 

慶舎の記録が途絶えるのは?

photo credit: d8_november via photopin (license)

photo credit: d8_november via photopin (license)

 

慶舎の記録が途絶えるのは、紀元前240年、趙の悼襄王の5年です。

この年、慶舎は東陽と河外の兵を率いて、黄河の梁(橋)を守ったとあります。

黄河の橋という事は、西の秦の侵攻に備えてという意味でしょう。

 

これは、慶舎が、それまで重ねた戦歴が評価されたという事です。

六大将軍の一人の王齕と張唐まで、撃破したのですから、

漫画に劣らず優れた将軍だったと言えます。

 

紀元前240年には、あのイケメン傅抵も歴史に登場・・

 

同じ年には、合従軍編のラストに登場した、イケメン武将の

傅抵(ふてい)が将軍に任命され、平邑に配置されたとあります。

平邑は、だいぶ北なので、秦に備えるというよりは、

北方の異民族対応のようです。

意地悪な見方をすると、まだキャリアが足りず、秦方面の戦いは

任せられないと判断されたのかもです。

 

キングダムライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

慶舎は、記録が途絶えただけで死んだとはされていないので、

キングダムでの動きは作者のオリジナルという事になりますね。

死んでしまいましたが、桓騎を欺き、信や河了貂を窮地に

追いやるなど手ごわい相手でしたね。

 

 

関連記事:これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?

関連記事:【これだけ読めば大体わかる】山崎賢人主演!キングダム実写化の内容を大胆予想!

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

 




よく読まれている記事

キングダム 40巻

 

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 朶思大王 インテリ朶思大王が蜀軍を苦しめる?ワシが南蛮一の軍師ダシ!
  2. 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍
  3. 官渡の戦い 曹操 勝利 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長
  4. 【キングダム】河了貂(かりょうてん)は本当にポンコツなのか?検証…
  5. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第3部
  6. 曹操と劉備 曹操と劉備ではどっちの武力が上?究極の個人対決
  7. 顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯
  8. 張松 86話:張松という男が劉備の運命を左右する 

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 2つの持論を展開する費禕
  2. 張飛のパワハラに怯える張達と范彊
  3. 解煩督 呉
  4. 曹植は軟弱ではなかった
  5. 城の前を掃除する孔明
  6. キングダム
  7. 曹叡
  8. 甘寧と凌統
  9. 株式会社三国志で働く劉備と孔明

おすすめ記事

  1. 81話:赤壁の戦い後の劉備と孫権の関係はどうなったの? 孫権 劉備 対立
  2. 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。 水攻めをする兵士
  3. インスタグラムはじめました。
  4. 織田信長が朝鮮出兵をしたら勝てたのか?李氏朝鮮をフルボッコできた? 南蛮胴を身に着けた織田信長
  5. 高杉晋作と銀魂の高杉晋助の共通点は? 高杉晋作
  6. 【水滸伝】美女ランキングベスト3選!水滸伝に登場する絶世の美女

三國志雑学

  1. 陳羣と曹丕
  2. 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉
  3. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  4. 荀彧と曹操
  5. 蜀の劉琦
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明と司馬懿
  2. 袁燿(袁耀)えんよう
  3. キングダム
  4. 王賁
  5. 織田信長
  6. 孔明

おすすめ記事

石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう) 【列子】どうしてオバチャンはいつも幸せそうなのか?恥も自意識もない生き方とは? イケメン孫策と袁術 第19話:袁術くん「人間力」を孫策から学ぶ 【大三国志 攻略8】今回は激戦中のあの巨大同盟が登場!天下乱舞にも波乱の予感 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/27〜7/3】 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介 君たちはどう生きるか?劉禅 劉禅の名言から窺い知る名君主ぶり!? 就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職 曹宇 集まれ曹操の25人の息子たち・その2

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP