ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
徐庶


はじめての三国志

menu

はじめての魏

曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯

曹操と夏侯惇




曹操 夏侯惇

 

※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バトル」専用オリジナルコンテンツです。

 

夏侯惇元譲(?~220年:かこうとん・げんじょう)は、

曹操(そうそう)と同じく、豫州(よしゅう)沛国(はいこく)

譙県(しょうけん)の出身です。

 

曹操の父の曹嵩(そうすう)が、夏侯惇の父の弟で曹操とは従兄弟同士です。

正史に名が出てくるのは、曹操が参加した西暦190年の反董卓連合軍からで、

そこから、曹操が死去する西暦220年まで、途切れる事なく忠義を尽くし

曹操の分身として、特に重く用いられました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの?





徐栄に敗れて兵を集めにいった無名の曹操に従う

曹操 夏侯惇

 

自ら奮武(ふんぶ)将軍を称した曹操ですが、事実は手勢五千名と、

董卓連合軍で集まった、どの諸侯にも見劣りする小さな勢力でした。

その焦りもあってか曹操は、功を急ぎ董卓(とうたく)軍の名将の

徐栄(じょえい)に挑んで大敗し、仲間と兵力の大半を失います。

 

仕方なく、曹操は揚州まで兵を集めに行きますが、

夏侯惇は当たり前のようについて行っています。

彼が曹操の片腕である事は劉備(りゅうび)における

関羽(かんう)のようでした。




実は戦争が下手、呂布に捕まり、劉備には壊滅させられる

夏侯惇 呂布

 

隻眼(せきがん)の武将として、凄味があり戦争の達人に見える夏侯惇ですが、

実は内政向きの文官タイプで大きな手柄は立てていません。

 

濮陽(ぼくよう)の戦いでは、呂布(りょふ)の計略にハマり

一度は捕えられるという大チョンボを起こしますが、

部下の韓浩(かんこう)の機転で救われます。

 

また、西暦199年頃の博望坡(はくぼうは)の戦いでは、

劉表(りゅうひょう)側の武将としてやってきた劉備と戦いますが、

劉備の偽装撤退に引っ掛かり、伏兵に襲われて軍が壊滅、

危ない所を副将の李典(りてん)に救われています。

これも、李典が「伏兵がいるので危ない」という助言を

あえて無視しての大失敗でした。

 

その後は、将帥として多くの将軍を従えるようになり、

彼等を指揮して勝利するようになりますが、夏侯惇個人の

才能は、やはり将軍より文官向きであったようです。

 

最初から別部隊を任され、太守、河南尹を歴任するキャリア

夏侯惇

 

武将としてはイマイチの戦歴でも文官としての夏侯惇は優秀でした。

曹操の配下になった時から司馬を命じられて別働隊を指揮し、

さらに曹操が本拠地の兗(えん)州を得ると、

白馬に駐屯して別軍を率い東郡(とうぐん)太守に任命されます。

 

以後、曹操の勢力が拡大するに従い、陳留(ちんりゅう)太守、

済陰(せいいん)太守と行政官のポストを歴任しました。

 

その後、曹操が献帝を迎えると洛陽の長官である

河南尹(かなんいん)に就任、治水工事なども積極的に行い、

兵士や庶民に模範を見せるべく自ら、もっこを担いで

土を運搬するなど率先垂範します。

 

生涯、曹操とは同僚同士だった

 

曹操が夏侯惇を信頼する事は、肉親同様で、

曹操の寝室に許可なく出入りする事まで許されています。

曹操は、自身と夏侯惇に身分の差は無く対等であるという

不臣の礼(ふしんのれい)を実践すべく、魏王になっても

唯一、夏侯惇には、魏の官位を与えようとはしませんでした。

 

その為に夏侯惇には漢の位しかなく、曹操とは、

献帝の下では肩書の違いはあっても同僚という扱いでした。

夏侯惇は、「畏れ多い」として魏の官位を求めますが、

曹操は「お前は俺の仲間だ」という立場を守り死ぬまで

夏侯惇に魏の官位を与えませんでした。

 

清廉潔白でお金に執着せず、学問好きだった

 

夏侯惇は学問が好きで、前線にも師を呼んで時間の合間を見て

講義を受けたほか、金銭に淡白でお金が余ると周囲に施していました。

 

同族の曹洪(そうこう)が金貸しなどで利殖に励んだのと違い、

夏侯惇は金に困れば人から借金し、後で返すなど利殖をしませんでした。

 

彼は、曹操の死後、これまでの多大な功績から、

三公という最高の行政職の上の大将軍に任じられます。

しかし、それから間もなく、曹操の後を追うように亡くなります。

まさに曹操を補佐し、その分身として生きた生涯でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析

関連記事:戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いなの?




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 司馬徽 司馬徽(しばき)はどんな人?なんでも善きかな、生涯誰にも仕えなか…
  2. ヤンキー曹操 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?
  3. 劉備の黒歴史 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは?…
  4. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部
  5. 32話:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示
  6. 孔明 【ビジネス三国志】孔明の大逆転!既成概念を破壊してチャンスを掴め…
  7. 曹昂(曹昴) 曹昂とはどんな人?曹操の跡継ぎ候補でもありながら父を救うために散…
  8. 司馬懿 まだ漢王朝で消耗してるの?第5話:統一国家 晋の礎 司馬懿

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志
  2. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明
  3. 曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后
  4. 司馬懿
  5. 魯粛、周瑜、劉備

おすすめ記事

  1. 月刊はじめての三国志2017年8月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  2. 【8月の見どころ】8/19公開予定:諸葛亮の危篤よりも五丈原の権力争い 姜維の地位を落とす文官
  3. 【三国志平話】俺は周瑜派!龐統が劉備に反逆?
  4. 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった! 夷陵の戦いで負ける劉備
  5. 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ 鼎(かなえ)
  6. さよなら戦国BASARA!イケメン真田幸村の不細工伝説

三國志雑学

  1. 山頂に陣を敷いた馬謖
  2. 三国志時代の牢獄
  3. 劉備とイチャイチャする孫尚香
  4. 異議ありと叫ぶ司馬懿
  5. 徐晃


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 鄧艾
  2. キングダム
  3. 劉邦と項羽
  4. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  5. 明治天皇
  6. 朱異
  7. 鮑三娘(関索の妻)

おすすめ記事

馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー 蒼天航路 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強 陶謙 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん) 魏冄(ぎぜん)とはどんな人?政治・軍事両方で大活躍した秦の名宰相 ホウ徳(龐徳) 魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組 武田観柳斎とはどんな人?武田観柳祭から読み取る新選組の武田観柳斎 曹丕 そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ! レッドクリフ レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP