広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いなの?

この記事の所要時間: 32




官渡の戦いと2

 

「赤壁の戦い」や「官渡の戦い」など多くの兵士や将校、将軍達が倒れた末に、

勝利を重ねている戦いが数多くあります。

このように激戦が繰り広げられていた戦いですが、

今回はちょっと変わった戦いをご紹介します。




赤壁の敗北

曹操 死

 

曹操は官渡の戦いで勝利したことで、天下の半分を手に入れます。

彼はその後、一気に天下統一を行うため軍を南下させ、荊州を手に入れます。

そして荊州を手に入れた曹操は、天下最期の最大勢力である呉へ侵攻します。

呉は劉備と手を結び、赤壁の地で曹操軍を完膚なきまでに叩き、大勝利を得ます。

曹操は赤壁で大敗北を喫すると、北へ退却します。

 

関連記事:赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!




関中討伐戦

馬超021

 

その後彼は水軍の強化を図ると共に、

雍州・涼州で独立している馬超(ばちょう)韓遂(かんすい)らの独立勢力討伐へ向かいます。

曹操は初戦こそ馬超軍の騎馬隊の猛攻の前に苦戦を強いられる事になりますが、

その後は賈詡(かく)の謀略を用いて、独立勢力の連合軍を内部崩壊させ、

勝利を得ます。

こうして関中の独立勢力の討伐に成功した彼は、

次なる目標である漢中侵攻への準備を行います。

 

関連記事:馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?

関連記事:まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!

 

なんでもない土地であった漢中が注目される

五斗米道 はじめての三国志

 

曹操は関中を平定した後、政治・軍事共に忙しい身でありながら、

漢中侵攻への軍備を着々と進め、関中の反乱から三年後ついに曹操自ら軍を率いて、

漢中へ軍を進めます。

漢中は五斗米道(ごとべいどう)と言われる宗教団体が治めている土地です。

しかし武装して反乱を起こそうという気概はなく、今までおとなしくしておりましたが、

劉備が劉璋(りゅうしょう)を追い払い益州を領有したことが原因で、

漢中の地がにわかに重要な地として注目されます。

 

関連記事:もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?

関連記事:太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

 

漢中がなぜ重要なの?

祁山、街亭01

 

漢中は益州の玄関口です。

この地から雍州・涼州に進出することが可能で、長安へも行くことができます。

もしこの地を劉備に取られてしまうと、

雍州や涼州の奥地までしっかりとした守備を施さなければなりません。

だが曹操軍がこの地をとれば、益州の玄関口を押さえることになり、

漢中から南下すれば益州へ侵入することも可能です。

また漢中をしっかり押さえておけば、雍州・涼州へ軍を回さなくて済みます。

このような理由から曹操は漢中を領地とすべく出陣します。

 

断崖絶壁を超えていく

祁山、街亭02

 

曹操は漢中へ出陣します。

しかし中原のようにスムーズに軍ができるような場所ではありませんでした。

断崖絶壁のようなところに橋がかけられており、馬で渡ると危ないので、

馬を降りてわたっていきます。

もちろん輸送も非常に手間取りながら、何とか漢中の地へたどり着きます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  2. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち…
  3. 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピ…
  4. 白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語
  5. 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自ら…
  6. 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者?
  7. 【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世し…
  8. 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1
  2. 『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の名剣・干将と莫邪
  3. 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?
  4. 河了貂や媧燐もハマった?キングダムの時代の占いはテキトーで過激だった!
  5. 三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【2/20〜2/26】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう! 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは? 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察 キングダム 511話 ネタバレ予想:王翦はどこへ消えたのか? 呂不韋の出世のきっかけはここから始まる! 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説!

おすすめ記事

  1. 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期待された曹操の4男
  2. あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選
  3. 三国インフィニティ(三国INFINITY)とはどんなアプリゲーム?
  4. 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物
  5. 【第7回 幻想少女】強敵続出!ろひもと理穂は曹操に会えたのか!?
  6. 世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集
  7. 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人
  8. ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP