戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いなの?




官渡の戦いと2

 

「赤壁の戦い」や「官渡の戦い」など多くの兵士や将校、将軍達が倒れた末に、

勝利を重ねている戦いが数多くあります。

このように激戦が繰り広げられていた戦いですが、

今回はちょっと変わった戦いをご紹介します。




赤壁の敗北

曹操 死

 

曹操は官渡の戦いで勝利したことで、天下の半分を手に入れます。

彼はその後、一気に天下統一を行うため軍を南下させ、荊州を手に入れます。

そして荊州を手に入れた曹操は、天下最期の最大勢力である呉へ侵攻します。

呉は劉備と手を結び、赤壁の地で曹操軍を完膚なきまでに叩き、大勝利を得ます。

曹操は赤壁で大敗北を喫すると、北へ退却します。

 

関連記事:赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!




関中討伐戦

馬超021

 

その後彼は水軍の強化を図ると共に、

雍州・涼州で独立している馬超(ばちょう)韓遂(かんすい)らの独立勢力討伐へ向かいます。

曹操は初戦こそ馬超軍の騎馬隊の猛攻の前に苦戦を強いられる事になりますが、

その後は賈詡(かく)の謀略を用いて、独立勢力の連合軍を内部崩壊させ、

勝利を得ます。

こうして関中の独立勢力の討伐に成功した彼は、

次なる目標である漢中侵攻への準備を行います。

 

関連記事:馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?

関連記事:まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!

 

なんでもない土地であった漢中が注目される

五斗米道 はじめての三国志

 

曹操は関中を平定した後、政治・軍事共に忙しい身でありながら、

漢中侵攻への軍備を着々と進め、関中の反乱から三年後ついに曹操自ら軍を率いて、

漢中へ軍を進めます。

漢中は五斗米道(ごとべいどう)と言われる宗教団体が治めている土地です。

しかし武装して反乱を起こそうという気概はなく、今までおとなしくしておりましたが、

劉備が劉璋(りゅうしょう)を追い払い益州を領有したことが原因で、

漢中の地がにわかに重要な地として注目されます。

 

関連記事:もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?

関連記事:太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

 

漢中がなぜ重要なの?

祁山、街亭01

 

漢中は益州の玄関口です。

この地から雍州・涼州に進出することが可能で、長安へも行くことができます。

もしこの地を劉備に取られてしまうと、

雍州や涼州の奥地までしっかりとした守備を施さなければなりません。

だが曹操軍がこの地をとれば、益州の玄関口を押さえることになり、

漢中から南下すれば益州へ侵入することも可能です。

また漢中をしっかり押さえておけば、雍州・涼州へ軍を回さなくて済みます。

このような理由から曹操は漢中を領地とすべく出陣します。

 

断崖絶壁を超えていく

祁山、街亭02

 

曹操は漢中へ出陣します。

しかし中原のようにスムーズに軍ができるような場所ではありませんでした。

断崖絶壁のようなところに橋がかけられており、馬で渡ると危ないので、

馬を降りてわたっていきます。

もちろん輸送も非常に手間取りながら、何とか漢中の地へたどり着きます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 三国志に出てくる海賊達と甘寧
  2. 五斗米道の教祖・張魯
  3. 宦官
  4. 豊臣秀吉 戦国時代

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP