三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いなの?

夏侯惇




官渡の戦いと2

 

「赤壁の戦い」や「官渡の戦い」など多くの兵士や将校、将軍達が倒れた末に、

勝利を重ねている戦いが数多くあります。

このように激戦が繰り広げられていた戦いですが、

今回はちょっと変わった戦いをご紹介します。




赤壁の敗北

曹操 死

 

曹操は官渡の戦いで勝利したことで、天下の半分を手に入れます。

彼はその後、一気に天下統一を行うため軍を南下させ、荊州を手に入れます。

そして荊州を手に入れた曹操は、天下最期の最大勢力である呉へ侵攻します。

呉は劉備と手を結び、赤壁の地で曹操軍を完膚なきまでに叩き、大勝利を得ます。

曹操は赤壁で大敗北を喫すると、北へ退却します。

 

関連記事:赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!




関中討伐戦

馬超021

 

その後彼は水軍の強化を図ると共に、

雍州・涼州で独立している馬超(ばちょう)韓遂(かんすい)らの独立勢力討伐へ向かいます。

曹操は初戦こそ馬超軍の騎馬隊の猛攻の前に苦戦を強いられる事になりますが、

その後は賈詡(かく)の謀略を用いて、独立勢力の連合軍を内部崩壊させ、

勝利を得ます。

こうして関中の独立勢力の討伐に成功した彼は、

次なる目標である漢中侵攻への準備を行います。

 

関連記事:馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?

関連記事:まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!

 

なんでもない土地であった漢中が注目される

五斗米道 はじめての三国志

 

曹操は関中を平定した後、政治・軍事共に忙しい身でありながら、

漢中侵攻への軍備を着々と進め、関中の反乱から三年後ついに曹操自ら軍を率いて、

漢中へ軍を進めます。

漢中は五斗米道(ごとべいどう)と言われる宗教団体が治めている土地です。

しかし武装して反乱を起こそうという気概はなく、今までおとなしくしておりましたが、

劉備劉璋(りゅうしょう)を追い払い益州を領有したことが原因で、

漢中の地がにわかに重要な地として注目されます。

 

関連記事:もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?

関連記事:太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

 

漢中がなぜ重要なの?

祁山、街亭01

 

漢中は益州の玄関口です。

この地から雍州・涼州に進出することが可能で、長安へも行くことができます。

もしこの地を劉備に取られてしまうと、

雍州や涼州の奥地までしっかりとした守備を施さなければなりません。

だが曹操軍がこの地をとれば、益州の玄関口を押さえることになり、

漢中から南下すれば益州へ侵入することも可能です。

また漢中をしっかり押さえておけば、雍州・涼州へ軍を回さなくて済みます。

このような理由から曹操は漢中を領地とすべく出陣します。

 

断崖絶壁を超えていく

祁山、街亭02

 

曹操は漢中へ出陣します。

しかし中原のようにスムーズに軍ができるような場所ではありませんでした。

断崖絶壁のようなところに橋がかけられており、馬で渡ると危ないので、

馬を降りてわたっていきます。

もちろん輸送も非常に手間取りながら、何とか漢中の地へたどり着きます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 蜀の馬超 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?
  2. 孫軟児とはどんな人?趙雲の妻、名将を支えた奥さん
  3. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国 『三国志』の時代、世界の歴史はどんな感じだったの?
  4. 【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊…
  5. 三国志の英雄(魏 呉 蜀) 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン…
  6. 趙高 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけ…
  7. 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?
  8. 張松 李厳(りげん)とはどんな人?自分の出世の為に孔明の足を引っ張った…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  2. 文帝(前漢)
  3. 蜀の劉備

おすすめ記事

  1. 三国志時代の軍備・軍事ってどんなのがあるの? 三国志 武具 軍備
  2. 勝海舟と西郷隆盛!江戸を戦火から守った2人の真実とは?
  3. 【第4回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】これは素晴らしい人選ね!呉のあの猛将が仲間入り!
  4. 宋代の文学作品『宋名臣言行録』とは?分かりやすく解説 水滸伝って何? 書類や本
  5. 袁準(えんじゅん)とはどんな人?チート宰相・諸葛孔明を高く評価した人物
  6. えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!?

三國志雑学

  1. 龐統
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 上杉謙信

おすすめ記事

はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【003】 島津斉彬は日本最初のカメラ小僧だった!幕末カメラ事情 コーエー三國志の李儒は何であんなにパラメーターが高いの? 魏はどのように興り、どのように滅んでいったのか 【お知らせ】新企画第3弾「はじめての九品官人法」をリリースします。 張飛のヨメ 夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった? 【劉備・曹操・孔明英雄亡き後】軍事面で活躍した人物は鍾会、鄧艾それとも諸葛誕!?正史三国志・魏書からご紹介 孔明もコペルニクスに似ていた 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係

おすすめ記事

  1. 劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?
  2. 晏嬰(あんえい)とはどんな人?孔明の好きな梁父吟を作った春秋戦国時代の名宰
  3. 秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!?
  4. 馬謖の功績を数えてイメージ回復を図ってみた件 山頂に陣を敷いた馬謖
  5. 東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1 西遊記 三国志
  6. 高杉晋作の名言脳に刺さる言葉を紹介
  7. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(1/3)
  8. 井伊直弼の子孫は幕末をどう生き延びたのか?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP