ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

はじめての変

赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?

疫病が流行った村




郭嘉

 

はじさん臨終図巻の郭嘉(かくか)の回でも触れましたが、

三国志の時代、北方に比較して南方は伝染病の多い地域として恐れられていました。

特に荊州は伝染病が多かったようで、曹操(そうそう)の赤壁の敗戦の原因とも

言われています、では、その伝染病とは一体、何だったのでしょうか?

 

関連記事:郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】

関連記事:郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由

関連記事:郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物



後漢の建安年間、五度も発生した伝染病

疫病

 

西暦196年から220年までを中国では建安年間と言いますが、

その間、中国では記録に残る限り、五回も伝染病が猛威を奮った事が記録されています。

最初の流行が建安4年である西暦196年、以後、矢継ぎ早に199年、

208年、217年、219年と伝染病が続いています。



伝染病は北方ではなく南方に多かった

疫病02b

 

さて、この伝染病ですが華北ではなく、華南地方に多かったようです。

196年~206年の長期にわたり断続的に続いた流行は長沙地方で起り

伝染病に感染して死亡した人間が3分の2に上り、またその中の70%は

「傷寒」により亡くなったと長沙太守、張機(ちょうき)の記録にあります。

 

また、西暦208年、曹操が呉を併合しようとした時にも伝染病が大流行。

官吏士卒の大半が戦死してしまい、曹操は伝染病を恐れ船を焼き払い

退却してしまっています。

 

建安の七子の過半数を殺した217年の伝染病

 

さて、建安年間に中国を席巻した伝染病は、西暦217年、

遂に当時の魏の首都、鄴(ぎょう)に到達します。

この時の大流行は、曹操張遼(ちょうりょう)司馬朗(しばろう)、

夏候惇(かこうとん)臧覇(ぞうは)などを伴い呉を討伐した

濡須口(じゅすこう)の戦いが契機と考えられ、帰国した兵士を通して

感染が拡大し、建安の七子と名高い名文家、王粲(おうさん)、

陳琳(ちんりん)、徐幹(じょかん)、応瑒(おうとう)が病死しました。

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

関連記事:【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは

関連記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

関連記事:現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!

 

建安年間に流行した伝染病の正体とは?

サルモネラ属 wiki

 

建安年間だけで5回も流行して、多くの人命を奪った、

この伝染病の正体は一体なんだったのでしょう。

謎を解く言葉の一つは、長沙太守、張機の傷寒という言葉に表れています。

この傷寒という言葉は「寒さによって(身を)傷(やぶ)る」という意味です。

具体的には、腸チフスなどの伝染病がこれに当たるとされています。

 

腸チフスの症状とは?

腸チフス wiki

 

腸チフスは最初、風邪によく似た症状が発生します、まずは発熱して、

悪寒がとまらなくなり、高熱でガタガタ震えます。

この寒がるという様子が傷寒の語源だと思われます。

 

症状が進むと関節痛、腹痛、食欲不振、咽頭炎、空咳、そして鼻血という

症状が現れ、さらに症状が進むと、40度近い高熱を出し、

血便、下痢、便秘を起し腹部から胸にピンク色の

バラの花びらのような発疹が出現します。

 

最終的には、腸出血からの腸穿孔、肺炎、意識障害や難聴、

肝機能障害を引き起こし重症なら死に至ります。

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 三国志大学を目指す曹操 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心
  2. 周瑜の魅力 呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由
  3. カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名…
  4. 赤兎馬にまたがる呂布 呂布の凄さをいろんな角度から考察!彼が「やらかした」その時歴史が…
  5. 三国志のモブ 反乱 【悲報】徐州虐殺が曹操の中華統一を阻止した事実
  6. 西遊記 孫悟空 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁…
  7. 五虎大将軍の趙雲 趙雲が最強イケメンだった3つの理由
  8. 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3 黒山賊の首領張燕が独立しなかった理由は?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 水魚の交わり
  3. 五虎大将軍の趙雲
  4. 上杉謙信
  5. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)
  6. 顔良を討ち取る関羽
  7. はじめての三国志 画像準備中
  8. 岳飛伝(一) amazon

おすすめ記事

  1. 酒井忠篤とはどんな人?明治新政府軍に降伏後まで紹介 幕末 洋式軍隊の行進
  2. 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人? 李牧
  3. 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察
  4. 陳宮は何故曹操を裏切ったのか? 陳宮
  5. 徐晃にとって曹操は人使いの荒いブラック社長? 徐晃と許チョと曹操
  6. 【病は気から?】姜維が諸葛亮に延命祈祷を勧めた理由 病気がちな孔明

三國志雑学

  1. 三国志の女性
  2. 蜀の劉備
  3. 呉の孫権は皇帝
  4. 曹操 女性の敵? 鄒氏


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 陸遜
  2. 孫皓と張俊
  3. 曹植は軟弱ではなかった
  4. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  5. 孫和
  6. 袁術と袁紹の喧嘩
  7. 曹休

おすすめ記事

王賁 【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と軍事手腕がヤバイ! キングダム54巻amazon キングダム最新ネタバレ608話「中央軍の勝算」レビュー考察 【大三国志 攻略6】Lv7の土地攻略、青州より太守機能や最強部隊を一挙公開 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格 呉の周瑜、孫策、程普 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将 孔融 孔融梨を譲る!いちばん小さな梨を取った孔融の兄弟愛 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.2 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第17部

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP