張衛とはどんな人?曹操を一度は撃退した五斗米道教祖、張魯の弟




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

張衛(張魯)

 

張衛(ちょうえい)は、漢中を拠点に五斗米道(ごとべいどう)という宗教団体を組織した張魯(ちょうろ)の弟です。

 

正史三国志_書類

 

正史三国志張魯伝によると、張衛は兄が降伏すると言ったのを聞かずに曹操と戦ったとあり、逆に正史三国志武帝紀(ぶていき)では、張魯が張衛に命じて曹操に備えたと書かれています。

 

今回は五斗米道教祖、張魯の弟、張衛の人生を解説しましょう。




ズバリ張衛とは?

北方謙三風のハードボイルドな張衛

 

では、最初に張衛についてザックリと解説します。

 

1 二代目五斗米道教祖、張衡(ちょうこう)の子として豫洲沛国豊県(よしゅうはいこくほうけん)で誕生。兄は張魯
2 建安二十年(西暦215年)曹操が漢中に攻め寄せたので陽平関に籠城、全長2~3キロの城壁を建築して一度は曹操軍を撃退。
3 武帝紀では、曹操の偽の退却に引っ掛かり夜襲を掛けられて敗走。
4 張魯伝が引く魏晋世語(ぎしんせご)では軍営を大シカ数千頭が通過して破壊され、その後、曹操軍の高祚と夜中に偶然遭遇。
太鼓と角笛の音を包囲殲滅の合図と勘違いし降伏。(本当は味方を呼び集める合図だった)

 

以上がザックリした張衛についての解説です。ここからは、張衛についてもう少し詳しく見てみましょう。

 

関連記事:郭汜とはどんな人?実は猛将!董卓軍ナンバー2の猛将

関連記事:【李傕・郭汜祭り 1日目】凶悪!董卓を上回る暴君李傕の履歴書




五斗米道二代目教祖、張衡の子として誕生

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

張衛は字を公則(こうそく)と言い豫洲沛国豊県に誕生しました。父は張衡、兄が張魯です。

 

祁山、街亭

 

張衛の祖父の張陵(ちょうりょう)は、後漢騒乱の前から蜀に住み鵠鳴山中で道術を体得。道書を作成して怪しげな道術で百姓を惑わせて信者を獲得。信者に入信経費として五斗の米を出させ宗教団体の運営資金としました。そのため世に五斗米道と称されるようになります。

 

五斗米道の教祖・張魯

 

張陵が死ぬと子の張衡が後を継ぎますが、張衡も長くはなく兄の張魯が五斗米道の3代目教祖となります。この頃、五斗米道の勢力は漢中ではなく蜀にあった事が分かります。

 

劉焉

 

益州牧劉焉(えきしゅうぼく・りゅうえん)は、五斗米道の勢いに目をつけ、張魯を督義司馬に任命し漢中を支配させ中央との連絡を絶とうと画策。兵を率いさせ別部司馬張脩(べつぶ・しばちょうしゅう)と共に漢中太守蘇固を攻撃。張魯はその後、張脩も殺しその軍兵を奪い取りました。

 

この頃には、張衛もすでにいたと思いますが、これという事は史書には書かれていません。

 

関連記事:劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を企んでいた?

関連記事:益州の牧・劉璋の配下で最強の武将は誰か?魏延や黄忠を打ち破ったあの武将

 

【黄巾の乱を起こした宗教団体・太平道の秘密】
太平道の秘密

 

非凡な政治力で五斗米道の天国を築く張魯

張魯

 

張魯は戦争だけではなく内政にも非凡な才能を見せました。漢中を支配下におくと五斗米道を国教として祭政一致(さいせいいっち)の政治を敷き、自らを師君(しくん)と号します。

 

そして、道術の道に入った初心者を鬼卒(きそつ)、教えを理解し強い信仰心を得た者は祭酒として任命して県令の代わりとし、より多くの人口を修める祭酒を治頭大祭酒(ぢとうだいさいしゅ)としました。

 

食料を運ぶ旅行人

 

こうして、張魯は官僚機構を整え、行政区のポイントには義舎(ぎしゃ)と呼ばれる駅亭を置き、義舎には米と肉を置いて旅人が食べ過ぎない程度に食す事を許し、旅の安全を確保します。さらに国家イデオロギーとして、心にやましい事があると病気になると民衆に教え、誠実で嘘をつかない事を奨励。

 

病気になった時にはそれまでの罪を懺悔させ、罪を犯した時も三回までは赦し、それでも罪を犯すと刑に処すなど独特の政治体制を取りましたが、統治は公平であったので漢中は立派に治まり、五斗米道の王国は30年も続こうとしていました。

 

関連記事:張魯の配下には以外にも優秀な人材がいた!!

関連記事:もしも劉璋が有能だったら三国志でどのように動く?

 

曹操の侵攻に張衛が反撃

張魯の漢中王に反対する閻圃

 

国力に自信をつけた張魯は、次第に益州牧の劉璋(りゅうしょう)の命令を無視するようになり、怒った劉璋は人質に取っていた張魯の母と家族を殺します。これに張魯も激怒し、益州との関係は最悪になりました。

 

しかし、張魯の脅威は南ではなく北からやってきます。

 

蜀では結果が出せない馬超

 

建安二十年(215年)潼関(どうかん)の戦いで馬超(ばちょう)韓遂(かんすい)の連合軍を撃破し、関中を平定した曹操が、五斗米道王国に引導を渡そうと大軍を率いて進撃してきたのです。

 

曹操に降伏したくない張衛

 

正史三国志張魯伝によると、曹操は散関より武都に出てこれを征服し陽平関に至りました。張魯は抵抗しないで漢中を挙げて降伏しようとしますが、弟の張衛が納得せず、軍兵数万で関を固く守って防ぎました。曹操はこれを撃破し、漢中に入ったと書かれています。

 

関連記事:えっ?劉璋は若い頃かなり気性が荒かった?

関連記事:馬超とはどんな人?一族を殺される度に絶望した蜀の五虎将【年表付】

 

武帝紀ではイイトコなし張衛

戦意を喪失し曹操に降伏する張衛

 

一方で正史三国志武帝紀の記述では、もう少し張衛の活躍が描かれます。建安二十年3月、曹操が張魯を征服しようと陳倉に至り、武都から(てい)の土地に入ろうとします。氐人は道を塞いだものの張郃と朱霊が先鋒となり撃破します。

 

行軍する兵士達b(モブ)

 

同年4月、曹操は陳倉より散関に出て河池に至りますが、氐王竇茂(とうも)の軍勢は1万余りで地形が険しいのを頼みに降伏しなかったので、曹操軍は竇茂を殺し7月には陽平関に到着しました。

 

張魯は、弟の張衛に将軍楊昂(ようこう)楊任(ようじん)を率いさせて陽平関に陣取らせ、山を横断して築城する事2~3キロ余りになり曹操は砦を抜けずに軍を率いて帰還します。

 

曹操

 

張衛は曹操の退却を知ると守備兵を解散させますが、曹操は、退却を止めて密かに解剽(かいひょう)高祚(こうそ)を派遣。砦を乗り越えて夜襲を掛け将軍の楊任を斬りました。

 

勢いに乗った曹操軍は進んで張衛を攻めたので、張衛らは夜に紛れて逃走し、張魯は潰走して巴中に逃げ込みます。こうして曹操軍は南鄭に入城し、張魯の宝物を全て獲得しました。

 

武帝紀で読むと張衛は、曹操の偽の退却も見抜けずに守備兵を解散する凡将という扱いです。

 

関連記事:戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いなの?

関連記事:ホントにライバル?劉備が曹操から逃げすぎな件

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 文醜
  2. 韓玄(かんげん)
  3. 楊柏
  4. 劉表に反旗を翻する張羨
  5. 曹仁 三国志 ゆるキャラ

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 6月 06日

    野麋数千頭。(張魯伝より)

    麋は大型の鹿の事。ヘラジカやトナカイぐらいの大きさと思ってください。ただ中国にはこのサイズのシカが居ないので、中国原産の四不像(しふぞう)の事だと考えられてます。

    封神演義のスープーシャンのモデルが四不像。四不像は四不象とも書かれます。

    野麋数千頭。(張魯伝より)
    ↑話を戻すと野良スープーシャン数千が襲来したと言う解釈でも通るんじゃないのかな?いや流石に無理か(笑)




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP