【5分で分かる】田中角栄とは何者なの?戦後最大の庶民宰相をザックリ紹介!




田中角栄

 

最近、政治家、田中角栄の人気が急上昇中です。

しかし、すでに亡くなって23年にもなる田中角栄が、

なぜ、今、脚光を浴びているのでしょう?

そこには、決められない政治、責任回避の社会が関係していると思います。

特に、政治家や企業の無責任体質は酷く、どうすれば責任を回避できるかで、

オロオロし、許されるなら土下座も辞さないという情けない状態です。

そんな中で、責任は全てワシが取る!という親分肌の田中角栄が、

年配者には懐かしく若年層には新鮮に映っているようです。

 

関連記事:【政界の怪物】田中角栄が日本に残した功績って何?

関連記事:【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダーティーな男

 

 

でも、ぶっちゃけ分厚い本は読みたくねぇ・・

天才

 

そんな中、トレンドに疎い人だと言われたくないから、

さわりだけでも、田中角栄を知りたいという人も増えていますが、

一番売れている石原慎太郎の「天才」でも226ページもあります。

 

「俺は戦国や三国志の人物論は読むけど現代人はちょっと・・」

 

そういう方もいるでしょう、でも大丈夫、はじさんにお任せ!

田中角栄を扱いながら、ちゃんと三国志を絡ませて、

サックリ、すんなりと理解できるようにしますよ。

 

 

劉備玄徳のような、貧乏人からの出発!!

劉備 食客

 

田中角栄は、1918年(大正7年)新潟県刈羽郡二田村

大字坂田(現・柏崎市)に田中角次・フメ夫妻の二男として生まれました。

田中家は農家でしたが、兼業で父は牛馬を売買する仕事に、

祖父は農業の傍らで宮大工として働いていました。

 

特に母のフメは、寝る間も惜しんでの働きぶりで、幼い角栄は、

構ってもらえず、お婆ちゃんに育てられ、おばあちゃん子になった程です。

 

そんな田中家ですが、父の角次が鯉の養魚業や種牛の購入に失敗、

大きな負債を抱えて、家は極貧の苦しみに喘ぎます。

 

角栄は学業優秀で、小学生時代はずっと級長でしたが、その状態では

進学は望めず、高等小学校卒という肩書になります。

 

この辺りは、筵や草履を売りながら母子二人で暮らしていた、

劉備(りゅうび)に共通する所があります。

 

関連記事:コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教えちゃいます!【ビジネス三国志】

関連記事:もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去

 

苦しい生活でも向学心を忘れない呂蒙のような角栄

呂蒙

 

昭和9年、高等小学校を卒業した角栄に幸運が舞い込みます。

子爵で理化学研究所の所長であり、元貴族院議員でもあった、

大河原正敏が書生を募集しているという情報が入ったのです。

 

書生というのは、三国志の世界で言うと、食客のようなもので、

主人の仕事を引き受けたりしながら、有能だと段々重んじられます。

角栄も、大河原正敏の引き立てを期待して上京するのですが、

書生を募集しているという情報はデマだったようで門前払いになります。

 

落胆する角栄ですが、挫けず仮住まいとして入っていた

井上工業で働きながら、建築士になるべく予備校に通いつつ、

保険業界専門誌の記者や、貿易商会の配送員として働き出します。

 

この時に、幾つもの仕事を経験し、また苦学しながら建築士の

免許を取った事が角栄の人間観察力を磨いていきます。

 

極貧でも負けずに発揮される向学心は、

まるで呉下の阿蒙に非ずの呂蒙(りょもう)のようにも見えませんか?

 

関連記事:呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ

関連記事:超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード

 

角栄の努力が、幸運を招き寄せる・・

建設 f

 

1936年、予備校を卒業し建築士事務所に勤めるようになった

角栄に思わぬ幸運がやってきます。

独立して「共栄建築事務所」を立てた頃、偶然に日比谷のビルの

エレベーターで大河原正敏と再会したのです。

 

大河原「おお、君は、いつかの書生くんじゃないか」

角栄「先生、その節は、どうもお世話になりました」

 

大河原「今は、どうしているのかね?」

 

角栄「はい、小さいながら個人で

建築事務所をやっています」

 

大河原は、角栄を気に入り、以後建築事務所は理研コンツェルンから

多くの受注を受けるようになり、会社も軌道に乗り出します。

まさに挫けずに一生懸命働く角栄に、幸運が味方してくれたのです。

 

戦後、政治家の道へ、曹操ばりのスローガンを掲げる

曹操 夏侯惇

 

角栄は、徴兵・従軍などを経た後、昭和20年に終戦を迎えます。

建築事務所は幸い、戦災を免れました。

そして、1945年、11月、進歩党の大麻唯男からの要請で事務所が

政治献金を行った事を切っ掛けに角栄も立候補する流れになります。

 

この選挙は選挙資金を流用されたり、後援者としてアテしていた人物が、

立候補してライバルになるなどで、37名中の11位で角栄は落選しますが、

ここで角栄は記憶に残る演説をぶっています。

 

「三国峠をダイナマイトでドカンとやれば、

新潟に雪は降らなくなります!

そうして崩した土砂で、そのまま日本海を埋めて

佐渡まで陸続きにすればいいんです」

 

これは、日本屈指の豪雪地帯の新潟の人々の胸を熱くする言葉でした。

冬は雪に閉ざされて、産業も育たず、多くが出稼ぎしていた新潟人は、

雪の降らない環境を切望していたのです。

 

実際、角栄は政治家になった後、上越新幹線を開通させるなど、

陸の孤島同様だった新潟のインフラ整備に全力を傾けます。

 

このキャッチコピーは、曹操(そうそう)が出した唯才令の

 

「能力さえあれば、少々の犯罪者でも構わず登用するぞ」

 

こちらに匹敵する名文句じゃないでしょうか?

 

政界を泳ぎながら出世していく様は賈詡のよう・・

賈詡

 

1947年4月、角栄は新しく公布された日本国憲法下で立候補、

今度は12人中の3位で当選して晴れて代議士になります。

角栄は当時民主党に所属していましたが、民主党は少数政党だった為に

日本社会党、国民協同党と連立して、片山内閣を組織しました。

つまり、角栄はすんなりと与党の代議士となったわけです。

 

しかし、片山内閣が出した臨時石炭鉱業管理法には、

角栄は、鉱業主の側に立ち猛反発し、14名で民主党を離党し民主クラブに入党します。

この民主クラブは、1948年3月に吉田茂率いる民主自由党に合流します。

 

やがて片山内閣を継いだ芦田内閣が、昭和電工事件で総辞職すると、

吉田茂が率いる民主自由党は、政権与党に返り咲きます。

ここで角栄は、三十歳という若さで法務次官に抜擢されました。

 

離合集散を繰り返しながら、なんだかんだで地位を挙げていく角栄は

まるで、李傕(りかく)、張繍(ちょうしゅう)、曹操と主君を変えながらも

殺されず天寿を全うした賈詡(かく)のようです。

 

角栄、逮捕!しかし獄中から立候補するど根性

手錠 f

 

ところが、一年以上前の臨時石炭鉱業管理法の余波で、石炭事業者が、

与党議員に賄賂を送っていた事が発覚、角栄も疑惑をもたれ逮捕されます。

角栄は無罪を主張しますが、衆議院は角栄の逮捕許諾決議を可決し、

東京拘置所に収監されてしまいます。

法務次官が容疑者とは、皮肉な話ですが角栄はその程度で挫けません。

収監中に衆議院が解散すると獄中から立候補し、たった10日間の選挙期間、

そして底を尽きかけた選挙資金にも関わらず2位で当選します。

 

角栄の支持層は都会ではなく辺境、そして若い世代に圧倒的に多く、

それは、議員になっても地元を熱心に回り利益誘導を怠らない成果でした。

 

通した議員立法100件、孔明並のアイデアマンの欠点・・

孔明 コペルニクス

 

角栄は学歴こそ、高等小学校卒ですが、建築士でもあり商業にも明るく、

官僚以上に行政を知る人で、生涯に100本以上も議員立法を通しています。

その中には建築士法、公営住宅法、そして日本の道路を爆発的に広げた、

ガソリン税を道路特定財源に組み入れた功績などがあります。

 

公営住宅法は国と地方公共団体が協力して低廉な価格で所得の低い層に

健康で文化的な最低限度の生活を保障する公営住宅を整備する制度で、

当時多かった不衛生なバラック住宅を追放するのに成果を上げます。

 

まるで、孔明並みのアイデアマンでしたが、金にまつわるスキャンダルが

生涯つきまとい、1972年、54歳という若さで総理大臣になるも、

1974年にフリージャーナリスト立花隆により、不透明な

金銭スキャンダルが文芸春秋誌上で暴露され総理大臣を辞職。

さらに1976年にロッキード事件で5億円の受託収賄罪と外国為替・外国貿易

管理法違反の容疑で逮捕、自民党を離党する羽目になります。

 

その後も角栄は裁判を争いながら、闇将軍として政界を操りますが

二度と表舞台に立つ事なく、1993年に75歳で死去しました。

 

角栄の金銭モラルの低さは、曹爽政権下ではブイブイ言わせていたのに、

司馬懿のクーデターで呆気なく処刑された何晏の最後のようです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

田中角栄の政治は、金権政治の一言で切り捨てられますが、

今より、突出して地域格差があった地方に利益を誘導して発展させるという

日本の均一化には一定の成果を挙げました。

一方では、開発の行き過ぎによる環境破壊、原発利権の構築、

族議員と呼ばれる政治家による、不必要な公共事業の頻発という、

有り難くない状態も生み出します。

 

もし、田中角栄が明治、大正の政治家だったら、

金銭の問題も大きくならず、素晴らしい政治家の名声の方が

長く残ったかもしれませんね。

 

関連記事:【政界の怪物】田中角栄が日本に残した功績って何?

関連記事:これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得

関連記事:【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダーティーな男

 




関連記事

  1. 朱元璋
  2. 諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ
  3. 関銀屏

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP