曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

宮本武蔵や土方歳三のような剣豪が三国志時代にも存在した?後漢末期の流派も紹介!

この記事の所要時間: 224




近藤勇と関羽

 

私達は剣豪というと、どうしても宮本武蔵や土方歳三のような、

日本の剣豪を連想してしまいます。

しかし、剣が中国から伝来した事を考えると、中国にだって剣豪がいた筈です。

そこで、三国志の時代に存在した中国の剣豪について調べてみました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇




春秋戦国から三国時代までは、撃剣は盛んだった・・

撃剣を使う曹丕

 

史記や、三国志を読んでいると、そこに撃剣の使い手の話が出てきます。

三国志の時代には、曹丕(そうひ)曹植(そうしょく)徐庶(じょしょ)

魯粛(ろしゅく)、史記の時代には荊軻(けいか)項羽(こうう)

撃剣を学んで名手であったと記録されています。

 

この撃剣は短剣を投げる技術のような解説がされます。

それも間違いではないようですが、数ある技術の一つであるようです。

当時の中国の剣は日本の刀と違い、そこまで重くないので、

投げて突き刺すという択肢も実際にあったのではないかと思います。

 

実際に荊軻も、始皇帝を暗殺しようとして失敗し、匕首(あいくち)を

始皇帝に投げて刺そうとしますが果たせずして殺されています。

これも撃剣の技術の応用の一つではないかと考えられます。




後漢末期、剣術の流派はたくさんあった

陸遜 剣と刀

 

曹丕が編纂した典論の自叙によると、曹丕が剣術を学ぼうとした頃、

中国各地には、様々な撃剣の流派が存在していたようです。

曹丕は、その中から結局、都洛陽の剣術家に弟子入りしたようです。

 

当時、剣は腰に提げられる便利さから役人全般が持つ武器になっていました。

持つとなれば、当然、ただ腰に提げているだけでは済まないので

撃剣を教える師匠について剣を勉強したのでしょう。

 

役人だけでも全土では、2~30万人いたようですから、

それらを吸収するだけの流派が生まれても不思議はありません。

案外、日本の大道場のように、門弟数千人というような、

剣術道場が当時は存在したかもしれません。

 

関連記事:意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い

関連記事:剣と刀ってどう違うの?【いまさら聞けない三国志の大疑問】

 

三国志の時代の剣豪には、どんな人がいた?

朝まで三国志 kawauso

 

三国志の時代の人々が撃剣を嗜んだ事は、書きましたが、

では、そんな撃剣の達人、剣豪はいたのでしょうか?

 

・王越(おうえつ)・・・これも、曹丕の編纂した典論、

自叙からの引用になりますが、曹丕の見解によると、

後漢の桓帝・霊帝の時代の虎賁(近衛兵)だった人のようです。

詳しい武勇伝は伝わっていません。

 

・史阿(しあ)・・・・王越から撃剣の技術の全てを受け継いだ

人物で、彼は曹丕の撃剣の師になっています。

 

・袁敏(えんびん)・・・曹丕は袁敏という人物にも学んでいますが、

彼は、予期できない速さで一剣を操り、双剣の相手を倒すという

腕前だったようで、曹丕はこれを目の当たりにし、自分では勝てないと落胆して、

以後、剣術が出来ると自慢する事が無くなったようです。

 

当時の撃剣の戦い方は、どういうモノ?

曹丕

 

正確な記述がないので、リアルには説明できないのですが、

曹丕が酔っ払ってサトウキビを剣代わりに家臣と対戦した記述を読むと、

相手の肘を3回打ったというような記述が出てきます。

また、相手の突きを足さばきでかわして面を打ったという事もあるので

どうやら、今のフェンシングに近い、突く事を基本とした

戦闘スタイルだった事が想像できます。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

一時期は、多くの流派が誕生する程に、中国で繁栄した撃剣が

どうして今では、振るわないのでしょうか?

具体的な理由は分らないのですが、そこには、文官優位、

武官劣位という中国の伝統も関係しているのかも知れません。

剣術の腕を磨く事が、そのまま出世には繋がらない事が、

次第に剣術を趣味の演舞に押し込めてゆき、実戦的な技術ではなくなる

という事に繋がっていったという事かも知れませんね。

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)

関連記事:ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・…
  2. 【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた?
  3. 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛
  4. 世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!
  5. 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった!
  6. キングダム 515話 ネタバレ予想:司馬尚は、いつ三大天になるの…
  7. もし大政奉還が成功していたら日本はどうなった?
  8. 【kawausoミエル化計画】地味な劉表政権をミエルカしてみたよ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』
  2. 『李傕・郭汜祭り』の電子書籍出版のお知らせ
  3. 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/27〜3/5】
  5. 晋にも五虎将軍が存在した?魏の五将軍に匹敵する晋の名将を紹介
  6. 【兄者を尋ねて一千里】五つの関所を破るウォンテッド関羽

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

「アンゴルモア 元寇合戦記」という歴史漫画が超絶面白い! 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将 島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第21話「ぬしの名は」の見どころ紹介 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史 【大三国志 攻略1】ついに始まった中国韓国で大ヒットしている戦略RPGの三国志 衛覬(えいき)とはどんな人?関中復興に画期的な提案を行った魏の文官

おすすめ記事

  1. 「耳で聞いて覚える三国志」をはじめました
  2. 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?
  3. 【大三国志 攻略8】今回は激戦中のあの巨大同盟が登場!天下乱舞にも波乱の予感
  4. 劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?
  5. 三国ベースボール攻略3 蜀の謀臣2人が加入、転生もついに成功!
  6. 5話:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活
  7. 【キングダム553話】休載スペシャル「山の民どうなる?」予想レビュー
  8. 三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙に迫る!!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP