編集長日記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?

この記事の所要時間: 234




司馬朗 曹操

 

身分や家柄に捉われずに優秀な人材を重く用いて最強の陣営を築いた曹操(そうそう)

敵の降将を起用することも多々あります。

呂布(りょふ)の配下だった張遼(ちょうりょう)や張繍(ちょうしゅう)の配下だった賈詡(かく)

楊奉(ようほう)の配下だった徐晃(じょこう)袁紹(えんしょう)の配下だった張郃(ちょうこう)など

その後の曹操の国造りに欠かせない人材ばかりです。

 

曹操は関羽をGET

 

無論、劉備の配下だった関羽(かんう)も曹操にベタ惚れされた人材のひとりです。

曹操は関羽の能力を最大限に引き出そうとあの手この手を尽くします。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




関羽が曹操を惹きつけた魅力

関羽 曹操 ゆるキャラ

 

関羽の特筆すべき能力はふたつです。

 

  • 当時の最強レベルに匹敵する武勇の持ち主であること。
  • 曹操からの贈り物をすべて封印し、ひたすら主君である劉備に尽くそうとする忠義心。

この二点が異常なまでに高かったのが関羽です。

人好きな曹操から見ると絶対に手ゴマにしたい人材であったに違いありません。




曹操と関羽の関係

曹操 関羽LOVE

 

当時、関羽の主君である劉備は曹操を裏切り徐州で独立。

さらに曹操に攻められて敗北し、北の袁紹を頼って逃げています。

関羽は城を守っていましたが、張遼の説得もあり、

劉備の妻子を守る形で曹操に一時降伏します。

普通に考えると裏切者の妻子を許すことなど考えられませんが、

そこは曹操の懐の広さです。劉備の妻子を丁重に保護します。

関羽は主君の妻子を守護する役目を担って、

曹操の配下のような形で仕えることになります。

 

関羽の降伏の条件

関羽 3つの条件

 

関羽は曹操に降る条件として、劉備の妻子を丁重に扱う事を約束させていました。

また、劉備を裏切ることをせずにいずれ劉備のもとに戻ることも告げています。

関羽が劉備存命の情報をどこで聞きつけたのかは諸説あります。

袁紹との戦いに出陣した関羽は曹操への恩返しのために健闘します。

このとき関羽は曹操より偏将軍に任じられていました。

白馬県に攻め込んできた袁紹軍の大将は猛将として名高い顔良(がんりょう)です。

関羽が劉備が生きていることを知ったのはこの時だとされています。

 

顔良を斬って恩に報いる

関羽 一騎当千

 

関羽は敵陣の大将めがけて一気に駆けて顔良を斬り捨て、

その首を持ち帰ったとされています。

話によると顔良は袁紹の陣営に身を寄せていた劉備より関羽の話を聞いており、

劉備が存命で袁紹陣にいることを関羽に告げようとして隙が出たところを

関羽に一刀両断されたともいわれています。

さてどの話が真実なのでしょうか。

曹操の恩に報いなければ劉備のもとに帰れない関羽としては、

そんな顔良の思いも知っていて何食わぬ顔で近づいて斬ったのかもしれません。

絶対に顔良の首が関羽には必要だったのです。

 

劉備の妻子を連れて曹操のもとを去る

関羽千里行 ゆるキャラ

 

関羽は顔良を斬ったことで恩に報いたと判断し、

劉備の妻子を連れて曹操の領地を去ります。

袁紹の最強の武将を倒したのですから曹操としてもその功は絶大と考え、

上表して関羽を漢寿亭侯に封じ、重い報奨を与えます。

関羽は恩賞すべてに封をして屋敷に置いて劉備のもとに出立しました。

その忠義心の強さと潔しさに曹操はさらに感心したと伝わっています。

 

曹操03

 

関羽最大の魅力であるその忠義心を奪うことは、

人材の能力を最大限に引き出すことを趣味にしていた曹操にとってはできなかったことなのでしょう。

結果、曹操は関羽の「劉備のもとに戻る」ことを許します。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

三国志に登場する君主たちのなかで、そこまで敵に寛容なのは曹操くらいです。

実際に関羽は孫権にも降伏するのですが、

決して劉備を裏切ることはないと感じた孫権は関羽の首を刎ねています。

器の大きい曹操と、別格の能力を誇った関羽だからこそ為しえた話なのかもしれません。

そこには関羽の曹操に対する畏敬の念も少なからずあったのではないかと私は思います。

本当かどうか定かではありませんが、八年後の赤壁の戦いで敗走する曹操を見逃し、

その命を救ったのは他ならぬ関羽だったと「華容道の物語」では伝わっています。

主従の関係を超えて心で繋がっていたのが曹操と関羽だったのかもしれませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 黄忠(こうちゅう)ってどんな人?華々しさとは真逆、家族に恵まれな…
  2. 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!
  3. 【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の…
  4. 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚!
  5. 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その…
  6. 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか
  7. なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝
  8. 就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる
  2. 78話:龐統初登場、連環の計発動!
  3. 架空戦記って何?いつから存在してどこでIF戦記ブームは過ぎ去ったの?
  4. 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介!
  5. 三国志演義に登場する兵器
  6. 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【5/22〜5/28】 曹操の名言から知る三国志の世界「徒に先の易きを見て、 いまだ当今の難を見ず」 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた? 晴信の仲介によって停戦と最強の三者同盟成立と運命の戦い 【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察 【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった! 三国大戦スマッシュ!(さんすま)とはどんなアプリゲーム? 【軍師連盟】司馬懿は何で身分の低い鄧艾を重用したの?

おすすめ記事

  1. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編
  2. 【キングダム】王賁の子孫はついに○○になっちゃったってホント!?
  3. 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?
  4. Webサイトリニューアルのお知らせ
  5. 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!
  6. 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  7. 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」の見どころ紹介

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP