三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの?

この記事の所要時間: 246




孔明 出師

 

西暦228年に北伐を開始した蜀の諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)は、

君主たる劉禅(りゅうぜん)に出師表をたてまつります。

そこには「漢室復興し旧都に還る」とあります。

簒奪者の魏を滅ぼし、漢王朝を再興するのがこの戦の名目でした。

実に崇高な戦争です。

 

劉邦

 

その昔、漢の高祖・劉邦(りゅうほう)諸葛亮孔明と

同じく漢中から中原に攻め入り天下を獲りました。

諸葛亮孔明はその再現をしようと試みます。

三国志演義」では諸葛亮孔明の北伐を「六出祁山」と表現していますが、

実際に武都近郊の祁山まで諸葛亮孔明が出陣できたのは第一次と第五次の二度だけです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




陳寿の評価

韓信vs孔明13 孔明

 

三国志」の著者である陳寿は北伐の責任者である諸葛亮孔明に対して次のような評価をしています。

「治戎を長となし、奇謀を短となす、理民の幹は将略に優る」

要するに政治は超一流の諸葛亮孔明も、こと実戦の戦略はそこまで凄くなかったという評価です。

六度行われたという諸葛亮孔明の北伐で大きな成果を

挙げたのは第三次で武都郡と陰平郡を征服したぐらいです。

しかもこの領土はどちらかというと蜀の領内という場所です。




諸葛亮孔明の誤算

司馬懿対孔明

 

諸葛亮孔明の北伐には誤算がつきものです。

第一次では荊州の孟達の内応を司馬懿に見破られて攻略の糸口を失います。

 

基礎知識 馬謖03

 

さらに街亭に出陣した馬謖(ばしょく)がド素人のような

布陣を敷いて張郃に木っ端みじんに打ち破られ、

泣く泣く責任者の馬謖を斬ることになります。

第二次では新任の魏将・郭昭の力を見誤り時間をかけ過ぎて二十日あまりで兵糧切れ。

第五次で上邽において司馬懿と対陣しますが、敵兵の首級三千をあげながら四ヶ月で兵糧切れ。

思うような成果をあげることができませんでした。

しかも第六次では己の病状から陣中で没することとなり撤退することになります。

 

関連記事:【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?

 

好敵手・司馬懿との対陣

司馬懿対孔明

 

第六次の北伐では五丈原に陣取り、約百日の期間を魏将の司馬懿と対陣することになります。

「軍師連盟」でも見せ場になると思いますが、

うかつに攻め込むと、攻め込んだ方が敗北するという忍耐を要する対峙です。

司馬懿は挑発してくる諸葛亮孔明を無視して最後に勝利を手にすることになります。

かりに司馬懿が挑発にのって陣を動かしていたら魏は敗北していたことでしょう。

明帝(曹叡)は辛毗を使者に立てて司馬懿を絶対に動かさないように厳命します。

結果、心労がたたったのは諸葛亮孔明の方で、病没します。

 

司馬懿の功績

孔明と司馬懿

 

第六次で辛抱が実を結んだ司馬懿ですが、

「軍師連盟」で活躍する司馬懿の功績はなんといっても

第一次北伐の際の孟達の内応を抑えたことでしょう。

この点だけでいっても司馬懿がいなければ諸葛亮孔明の北伐は成功していたかもしれません。

ただし、ここで上手く事が運んでいても、

蜀は長安や上庸を押さえるぐらいでそれ以上の侵攻は難しかったと思われます。

兵站の問題があったからです。

占領地で兵糧を確保するにもおのずと限界がありますし、

諸葛亮孔明が開発したと云われる運搬器具「木牛・流馬」が登場するのは第六次のことです。

屯田を行ったのも第六次の五丈原とされています。

魏としては最前線を突破されても逆転する手はいくらでもあったのではないでしょうか。

問題は同時攻撃を仕掛けてくる呉です。

呉にも勢いづかせると魏国は大いに脅かされる危険性がありました。

魏には相当な余裕があったと思われます。

しかしプライドを傷つけられることを許さない

明帝(曹叡)はこの最前線で蜀を食い止める策をとります。

それに立派に応えたのが司馬懿です。

 

関連記事:【軍師連盟】晩年の司馬懿には欠点はなかったの?

関連記事:【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

「軍師連盟」の主役となる司馬懿。

第六次の北伐において諸葛亮孔明の計略に引っかかり

「死せる孔明、生ける仲達を走らす」という失態を犯しますが、

全体像を見て見ると司馬懿の健闘は光ります。

司馬懿

諸葛亮孔明の最大の誤算は敵陣にこのような忍耐強く、

深謀の持ち主たる司馬懿がいたことかもしれません。

結論として「もし魏に司馬懿がいなかったら魏への攻撃は成功していたのか」というと、

「蜀は魏に効果的なダメージは与えられた」というのが正解だと思います。

しかし滅ぼすまでには至らなかったことでしょう。

蜀と魏の国境には海抜二千mを超える秦嶺山脈が東西に伸びており、

進軍するにも援軍を出すにも蜀にとっては大変なことだったからです。

下手をすると、もしかしたら蜀軍は中原深くに引き込まれて

壊滅的なダメージをこうむっていたかもしれないのです。

やはり劉備関羽張飛の役者抜きでは蜀は苦しかったというわけです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 関羽の名言にはどんなモノがあるの?
  2. 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる
  3. 【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だっ…
  4. 馬融vs鄭玄的中率100%占いから逃れた鄭玄の知略とは?
  5. 周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!?
  6. 【鬼は溺死!】容赦ない三国志の節分臘日(ろうじつ)
  7. キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?
  8. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術と孫策
  2. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  3. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組

おすすめ記事

  1. 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?
  2. 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った?
  3. ペリーとはどんな人?日本開国の動機は有名過ぎる兄を超える為だった!
  4. 馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの?
  5. 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名士達
  6. これは本物…?稀代の奇人変人・禰衡のやらかしエピソード集

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志

おすすめ記事

【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうほん)は今後どうなる? 【キングダム558話】「人外の武」ネタバレ&レビュー 袁紹に殺された2000人以外にも歴代の皆殺しに注目してみた。ちょっぴり不謹慎 三国志ライター黒田レン 戦国最強の同盟を成立させた名軍師・太原雪斎(たいげんせっさい)の活躍 【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められることになったの? 出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1 三国夢幻演義 龍の少年 第5話「別離の日」配信日が決定しました

おすすめ記事

  1. 【感謝】シミルボンにて総合ランキング1位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  2. 背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行動とは?
  3. 【孔門十哲】宰我(さいが)とはどんな人?孔子に一番叱られた弟子
  4. 三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!
  5. はじめての三国志 X 大戦乱!!三国志バトル
  6. 諸葛瞻の名前にはパパ孔明の悲壮な決意が込められていた!
  7. 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは? 空を飛ぶスーパーマン袁術
  8. 典韋と弁慶の共通点を探してみたら意外な事実が判明!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP