北伐
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【項羽との恋愛で起こった悲しい運命】虞美人と虞美人草の悲しいお話

この記事の所要時間: 21




張良㈭ 広武山決戦編03 劉邦と項羽

 

始皇帝の死後、劉邦(りゅうほう)項羽(こうう)は天下の覇権をかけて熾烈な争いを行います。

項羽は身内以外の家臣のちょっとした悪口を聞くとすぐに彼は疑ってしまいます。

このことが彼が天下を取れなかった大きな原因の一つですが、

ただひとり疑うことなく信じていた人がいました。

それは彼のお気に入りの姫である虞美人(ぐびじん)です。

項羽は彼女にだけは心を許しており、垓下の戦いにも彼女を連れておりました。

一体項羽の心を掴んでいたこの虞美人とは一体どのような人だったのでしょうか。

 

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




中国四大美女のひとり

陰麗華

 

中国には四大美女と呼ばれるものすごく綺麗な女性がおりました。

一人目は春秋時代の末期に登場した西施(せいし)と呼ばれる女性です。

そして三人目は三国志を知っている人でも知らない人でも一度は必ず耳にしたことがある

あの貂蝉(ちょうせん)です。

 

楊貴妃

 

そして四人目は知らない人はいないでしょうド級の有名人楊貴妃(ようきひ)です。

さて二人目は今回紹介する虞美人がエントリーしております。

 

関連記事:中国四大美女のひとり貂蝉

関連記事:小野小町(おののこまち)はどんな人?世界三代美女は謎だらけ




歴史書に記載がほとんどない謎の女性虞美人

項羽

 

項羽の愛妾としていつも傍に連れていた女性である虞美人ですが、

彼女の記載はほとんどなくいったいどこで生まれて、

どのような経緯で項羽と会うことになったのか

一切が謎に包まれている不思議な女性です。

彼女が登場するのが劉邦との最終決戦である広武山の戦いが終わってから、

行われた垓下の戦いの時に始めて彼女が登場します。

 

項羽の最後に登場する虞美人

悲劇の英雄 項羽1

 

項羽は劉邦軍や韓信らの軍勢の攻撃によって

垓下城(がいかじょう)に追い詰められてしまいます。

彼はこの垓下城に篭城して劉邦軍と戦いを続けていたのですが、

ある夜のこと城外から楚の歌が項羽の耳に入ってきます。

この歌を聞いた項羽は楚の軍勢が漢に降っていることを知り、

大いにショックを受けて戦う気力を失ってしまいます。

そして垓下を抜け出して南方へ逃げる事を決意。

彼は臣下を全て集めて別れの酒宴を行います。

この時項羽は酒宴の席で愛妾である虞美人に向かって

力は山を抜き気は世を蓋う。

時不利にして騅逝かず。

騅逝かざるを奈何せん。

虞や虞や汝を奈何せん

と歌を披露します。

この歌の内容は以前の楚は天下を伺うほど強大であったが、

今は時勢が味方せず、愛馬の騅(すい)も進んでくれなくなってしまった。

戦いは楚の敗北が決定的になった今、愛馬・騅をどうすればいいだろう。

また俺の好きな虞美人をどうすればいいのであろう。と悲哀に満ちた歌となっております。

この時始めて歴史書に虞美人の名前が登場することになります。

 

関連記事:【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

関連記事:名馬ズラリ!三国志〜日本史と英雄の偉業を支えた名馬たちを徹底紹介!

 

項羽の問いかけに対してどう答えたのか

月 f

 

虞美人は項羽の問いかけに対して、

「漢の軍勢が四方を制圧して天下は漢の物になるでしょう。

そして漢の軍勢の中には大王と共に戦ってきた楚軍が多く降伏しております。

このような状況になった今、私が一人で生きていくことはありません。」と答えます。

そして項羽は虞美人の元を離れて垓下を抜け出して行くことになります。

その後の虞美人の消息は不明ですが、

彼女は垓下が漢軍によって占領される前に亡くなったのではと思います。

そうしなければ項羽にあのような事を言うことはできないでしょう。

 

楚漢戦争ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

垓下は陥落して漢が占領することになるのですが、漢軍なのかそれとも項羽を慕っていた

垓下の住民なのか分かりませんが、虞美人の死後墓が垓下に建立されます。

このお墓の付近に赤い華が咲いたことから虞美人草と名付けられた伝説が残っております。

まさに悲劇のヒロインでありながら項羽に忠節を尽くした中国四大美女・虞美人のお話でした。

「今回の楚漢戦争時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽

 



黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた…
  2. 【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価…
  3. 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名…
  4. 【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名…
  5. 【保存版】孫呉の歴史(208~219)を年表でザックリ紹介するよ…
  6. 周舒(しゅうじょ)とはどんな人?預言書に記されていた「漢に代わる…
  7. 楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲…
  8. 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.2
  2. 曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介
  3. 赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?
  4. 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第7部
  6. 【ネタバレ注意】キングダム540話 消耗戦 レビュー&今後予想

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人? 【実録】今川義元にいじめられ続けた井伊家と松平家 はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家 戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いなの? 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった! 平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!? 読書感想文に使えるオススメ歴史小説「日本の幕末・近代史編」おまけもあるよ

おすすめ記事

  1. 【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出来たの?
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6
  3. モンゴルの漢族支配から生まれた名物料理「刀削麺」
  4. 【朝まで三国志2017】秋告知(5)開催日時が決定したよ
  5. 井伊直虎はおんな城主だったの?それとも男?身長は高かったの?直虎の生涯から迫まる!
  6. 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法
  7. 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック
  8. 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“邪馬台国"
PAGE TOP