三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

三国志の雑学

賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた天才の生涯

この記事の所要時間: 219




暗殺計画自慢の董承05 曹操

 

西暦200年(建安五年)は三国志の歴史のなかでも激動の年といえます。

1月には献帝(けんてい)の外戚である董承(とうしょう)が曹操(そうそう)の暗殺に失敗します。

さらに、徐州の小沛で再度独立した劉備が曹操にあっさりと敗れました。

 

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

4月には「小覇王」とも呼ばれた江東の覇者である孫策(そんさく)が暗殺されました。

そして10月には勢力で劣る曹操が河北の覇者である袁紹(えんしょう)

「官渡の戦い」で大逆転しています。

 

賈詡と曹操

 

賈詡が、重要な決断を下すための助言をするのは、

この前年からこの年にかけてのことといわれています。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




逆転の発想

賈詡

 

賈詡はこのとき、南陽郡に拠点におく張繍(ちょうしゅう)の参謀をしていました。

ここに河北の覇者である袁紹の使者が来るのです。

飛ぶ鳥落とす勢いの袁紹の使者ですからずいぶんと偉そうだったようです。

使者は「曹操を滅ぼした後に涼州の刺史に任じる」という袁紹の言伝を持ってきました。

曹操と敵対していた張繍はこれ幸いに話に乗ろうとしましたが、賈詡が一喝します。

「血縁のものすら束ねられないものが、なんで志のある人物の上に立てるだろうか」

と使者を罵倒するのです。この血族というのは袁紹と

袁家の家督争いをしていた袁術(えんじゅつ)を指しています。

 

袁術の最後

 

袁術はさんざん国をかき乱した後、前年の199年に病死しています。

使者は怒って帰ってしまいましたが、主の張繍はよくわからずに驚いていました。

賈詡は「殿が三年前に曹操を裏切った原因は、曹操自身もよくわかっています。

旗色の悪い曹操に味方してこそ心から感謝されるのです。

尊大な袁紹などに加担しても感謝などされませんよ」と進言します。

 

曹操

 

この言葉で張繍は曹操側につくことを決め、これが曹操の大勝利に繋がるのです。




抜群のタイミング

賈詡

 

ここぞというときの行動のタイミングで勝敗が決まる場合があります。

しかしこのタイミングというものは凡人にはなかなか計りにくいものがあります。

例えれば「株の売買です」。株価が下がったときに買い、

上がったピークで売ると大勝しますが、逆になると大敗します。

簡単に思われるかもしれませんが、

実際に未来がわからない状態でこれを読み切ることはたいへんに難しいことです。

賈詡の一番の長所は、このタイミングを計ることが抜群だったということです。

張繍にしても一番自分を高く売れるタイミングで曹操に帰順したことになります。

 

賈詡と曹操と張繍

 

曹操にとっても利点は多くあり、これで後背の敵を気にすることなく、

前面の袁紹に集中することができるようになりました。

曹操としても以前裏切られて息子や甥っ子を殺されたことに執着している場合ではなかったのです。

袁紹に勝つことが一番の目標でした。

そのためには「背に腹は代えられぬ」というのが曹操の本音だったことでしょう。

賈詡は曹操の性質と現状を読み切って帰順を進言したのです。

 

中原の平穏

賈詡

 

戦乱が続く中原に平穏をもたらしたのが曹操の河北平定になります。

これによって曹操領の中原まで攻め込んでくる勢力がなくなったからです。

賈詡が進言せずに張繍が袁紹と組んでいたら、曹操の官渡の戦いの勝利はなかったかもしれません。

そう考えると、言葉だけの働きながら、このときの賈詡の功績はとても大きなものがあります。

賈詡の進言によって、曹操は一日も早く河北を平定することができ、中原に平穏が訪れたからです。

このような逆転の発想と決断は並みの人間にはできません。

将来を多角的に捉え、自由な考え方ができる賈詡だからこその助言です。

 

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

戦いではなく、降伏の進言をして名軍師と呼ばれる人物はあまりいません。

そう考えると、「軍師連盟」の主役である司馬懿(しばい)をはじめとした

三国志の時代の名軍師は無数にいますが、賈詡はかなり特筆すべき人物だったのではないでしょうか。

WIN-WINの関係・タイミングを見つけ出す天才。

賈詡に関してはそう呼べるのかもしれません。

まさに一流の政治家です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの?

関連記事:策で生き続けた賈詡は最終的にどこまで出世したの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです
  2. 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり
  3. 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍…
  4. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した…
  5. 人材大好きの曹操が欲しがるほどに惚れた敵将は誰?
  6. 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権
  7. 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】
  8. 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えてたの?
  2. 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!
  3. 曹操の機転。濮陽の戦いと定陶の戦い
  4. 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち
  5. 【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好きだった?
  6. 裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!

三國志雑学

“劉備漫画"

ピックアップ記事

おすすめ記事

東方明珠のへなちょこ万里長城旅行記 その5 これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬? 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」 もう!待ちきれない真三国無双8の発売日はいつ? 何でこんなに孫権は地味なの? 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将

おすすめ記事

  1. 周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの?
  2. うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!
  3. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!
  4. 関帝廟のご利益ってなに?神様の名前は「関聖帝君」
  5. 実は大激戦だった!劉備の蜀獲りを地図で見ると意外なこともわかる!
  6. 『三国志』人気を数字から考えてみる
  7. 赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?
  8. 111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP