呂布特集
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた天才の生涯

賈詡




暗殺計画自慢の董承05 曹操

 

西暦200年(建安五年)は三国志の歴史のなかでも激動の年といえます。

1月には献帝(けんてい)の外戚である董承(とうしょう)が曹操(そうそう)の暗殺に失敗します。

さらに、徐州の小沛で再度独立した劉備曹操にあっさりと敗れました。

 

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

4月には「小覇王」とも呼ばれた江東の覇者である孫策(そんさく)が暗殺されました。

そして10月には勢力で劣る曹操が河北の覇者である袁紹(えんしょう)

「官渡の戦い」で大逆転しています。

 

賈詡と曹操

 

賈詡が、重要な決断を下すための助言をするのは、

この前年からこの年にかけてのことといわれています。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




逆転の発想

賈詡

 

賈詡はこのとき、南陽郡に拠点におく張繍(ちょうしゅう)の参謀をしていました。

ここに河北の覇者である袁紹の使者が来るのです。

飛ぶ鳥落とす勢いの袁紹の使者ですからずいぶんと偉そうだったようです。

使者は「曹操を滅ぼした後に涼州の刺史に任じる」という袁紹の言伝を持ってきました。

曹操と敵対していた張繍はこれ幸いに話に乗ろうとしましたが、賈詡が一喝します。

「血縁のものすら束ねられないものが、なんで志のある人物の上に立てるだろうか」

と使者を罵倒するのです。この血族というのは袁紹と

袁家の家督争いをしていた袁術(えんじゅつ)を指しています。

 

袁術の最後

 

袁術はさんざん国をかき乱した後、前年の199年に病死しています。

使者は怒って帰ってしまいましたが、主の張繍はよくわからずに驚いていました。

賈詡は「殿が三年前に曹操を裏切った原因は、曹操自身もよくわかっています。

旗色の悪い曹操に味方してこそ心から感謝されるのです。

尊大な袁紹などに加担しても感謝などされませんよ」と進言します。

 

曹操

 

この言葉で張繍は曹操側につくことを決め、これが曹操の大勝利に繋がるのです。




抜群のタイミング

賈詡

 

ここぞというときの行動のタイミングで勝敗が決まる場合があります。

しかしこのタイミングというものは凡人にはなかなか計りにくいものがあります。

例えれば「株の売買です」。株価が下がったときに買い、

上がったピークで売ると大勝しますが、逆になると大敗します。

簡単に思われるかもしれませんが、

実際に未来がわからない状態でこれを読み切ることはたいへんに難しいことです。

賈詡の一番の長所は、このタイミングを計ることが抜群だったということです。

張繍にしても一番自分を高く売れるタイミングで曹操に帰順したことになります。

 

賈詡と曹操と張繍

 

曹操にとっても利点は多くあり、これで後背の敵を気にすることなく、

前面の袁紹に集中することができるようになりました。

曹操としても以前裏切られて息子や甥っ子を殺されたことに執着している場合ではなかったのです。

袁紹に勝つことが一番の目標でした。

そのためには「背に腹は代えられぬ」というのが曹操の本音だったことでしょう。

賈詡は曹操の性質と現状を読み切って帰順を進言したのです。

 

中原の平穏

賈詡

 

戦乱が続く中原に平穏をもたらしたのが曹操の河北平定になります。

これによって曹操領の中原まで攻め込んでくる勢力がなくなったからです。

賈詡が進言せずに張繍が袁紹と組んでいたら、曹操の官渡の戦いの勝利はなかったかもしれません。

そう考えると、言葉だけの働きながら、このときの賈詡の功績はとても大きなものがあります。

賈詡の進言によって、曹操は一日も早く河北を平定することができ、中原に平穏が訪れたからです。

このような逆転の発想と決断は並みの人間にはできません。

将来を多角的に捉え、自由な考え方ができる賈詡だからこその助言です。

 

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

戦いではなく、降伏の進言をして名軍師と呼ばれる人物はあまりいません。

そう考えると、「軍師連盟」の主役である司馬懿(しばい)をはじめとした

三国志の時代の名軍師は無数にいますが、賈詡はかなり特筆すべき人物だったのではないでしょうか。

WIN-WINの関係・タイミングを見つけ出す天才。

賈詡に関してはそう呼べるのかもしれません。

まさに一流の政治家です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの?

関連記事:策で生き続けた賈詡は最終的にどこまで出世したの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 騎馬兵にあこがれる歩兵 三国志の時代に活躍した兵士の逸話
  2. 曹彰 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期…
  3. 日本に目指さした孫権 文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こうい…
  4. 策士・参謀・軍師の役割の違いって何?
  5. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明 【危篤の孔明そっちのけ!】始まっていた五丈原の権力争い
  6. 関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!
  7. 曹操と機密保持 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?
  8. 始皇帝(キングダム) 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄
  2. 牛輔と董卓
  3. 孫権と劉備と曹丕
  4. 司馬朗と司馬防
  5. 宋江(水滸伝)
  6. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  7. 陸遜

おすすめ記事

  1. 【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた? 李儒と三国志
  2. 夷陵の戦いで勝つには?呉に対してどうするべきだったのか? 蜀の劉備
  3. 「月刊はじめての三国志1月号」12月25日(火)に出版決定 はじめての三国志からのお知らせ バナー
  4. 来島又兵衛、禁門の変に死す!長州だけにやっぱり最後はキレたのか?
  5. 武帝とはどんな人?漢王朝の絶頂期を築いた皇帝はバイオレンスだった? 武帝は前漢の第7代皇帝
  6. 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の生涯

三國志雑学

  1. 陸遜と孫権
  2. 孔融
  3. 秦明


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉邦と張良と陳平
  2. 三国志ライター黒田レン
  3. 年を取った司馬懿
  4. アンティキティラ島の機械
  5. 豊臣秀吉 戦国時代2

おすすめ記事

古代エジプトのグライダー 「古代エジプトのグライダー」ニセモノ説は冤罪だった【HMR流◯転裁判】 不満が溜まる魏延 魏延への嫌がらせ人事に込められた諸葛亮の愛 三国志の計略と孔明 諸葛孔明は北伐時に兵士達にとある約束をしたけど、どんな約束をしたの? キングダム 534話 ネタバレ予想:倒せるか?紀彗軍 kawauso編集長、おとぼけさん、コーノさん、廉さん kawauso編集長のぼやきVol.11「食いあわせ」 関羽と張飛と劉備 なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝 三国志の時代に傘ってあったの?始皇帝や光武帝、呂蒙も使っていた傘事情 孔明のテントがある野外のシーン 諸葛亮の病状に温度差?二つの三国志演義を比較

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP