編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

秦の『人材』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?

この記事の所要時間: 710




商鞅像 wiki

 

秦が天下統一することができたのは法律家である商鞅(しょうおう)の法の改革によって、

秦の従来の法を撤廃して新たな法律を制定します。

この新法によって秦の国力は大幅にアップし、中原にある他の6国を凌駕する力を手に入れます。

しかしこの力を使うことのできる人材が秦に育っていたなかったこともあり、

秦は中々他の6国を滅ぼして行く事ができませんでした。

だが秦の昭襄王(しょうじょうおう)の時代になると二人の人物が秦の国力を上手く運用して、

他の6国を圧倒していくことになります。

今回は秦の天下統一の第二段階となる人材編を紹介します。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した!




昭襄王の出現と一人の宰相

 

昭襄王は秦の武王が力持ち比べをした際に事故って亡くなってしまいます。

その後宣太后(せんたいごう=恵文王の奥さん)の息子で燕で人質となっていた昭襄王が

秦王として擁立されることになります。

この時昭襄王を秦王へするべきであると彼を指示したのは宣太后の甥である魏冄(ぎぜん)です。

彼は非常に優秀な人材であり、宣太后の夫である恵文王の時代から秦の国政に関与し、

恵文王・武王と二代の秦王に仕えた逸材です。

そして彼が昭襄王を擁立したことによって秦は天下統一の第二段階へと進むことになります。




宰相へと登る

 

昭襄王は戦国四君として有名な孟嘗君(もうしょうくん)田文率いる連合軍に秦が大敗を喫すると、

当時の宰相であった楼緩(ろうかん)が敗北の責任を追って宰相の位を追われることになります。

そして魏冄が秦の宰相へ登ることになり、秦の国政の最高責任者として君臨することになります。

 

秦の天下統一への道を開いたもうひとりの人材

 

魏冄は宰相として国政を預かることになると、

秦の国力を軍事へかた向けて他国を征伐することによって、秦の国土を広げようと考えます。

そのためには優秀な人材が必要であるため、彼は秦の国内でうもれている人材がいないか

探し始めます。

すると彼の目に一人の人材が目にとまります。

その名を白起(はくき)と言います。

魏冄は白起を将軍に仕立てて軍勢を与え、色々な戦場へむかわせます。

すると彼は一度も負けずに戦いに勝利していくことに。

そして魏冄は前々から考えていた計画を発動しようと考えます。

 

関連記事:白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍

関連記事:王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世術

 

韓・魏討伐戦

魏冄は秦の隣国にあって秦に敵対している韓と魏を討伐するため自らが総大将となって、

進行することを決めます。

この結果秦は韓の城を陥落させ、魏の城も奪うことに成功します。

しかし魏と韓は連合軍を形成して秦に奪われた城を奪還する作戦を開始。

この時魏冄は白起を連合軍迎撃軍の総司令官として任命し出陣させることにします。

白起率いる秦軍は連合軍よりも兵数において少なかったため、ある作戦を実行。

その作戦は連合軍を各個撃破していく作戦です。

まず白起は韓軍に対して一部の秦軍の兵力をもって足止めさせている間に、

魏軍へ猛攻をかけて壊滅させます。

そして残った韓軍に対して秦軍の全勢力を傾けて猛攻仕掛けた結果、

韓軍は大敗北を喫して退却していきます。

白起は連合軍を打ち破った勢いをもって両国に対して攻撃を継続して行い、

魏の2城と韓の2城を奪う大戦果を収めます。

韓と魏はこのままでは秦に国土を奪い尽くされてしまうと考えて、

秦と和睦することにします。

この時韓は武遂(ぶすい)と呼ばれる都市を中心として約87キロを割譲することで和睦が成立。

また魏は河東(かとう)と呼ばれる都市を中心として約174キロを秦へ割譲することで、

和睦が成立します。

魏冄と白起のコンビによって秦の国は他国を圧倒していくことになり、

秦が天下統一する動きが加速していくことになります。

 

楚を脅迫して無理やり同盟を結ぶ

photo credit: via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

 

魏冄(ぎぜん)は魏と韓の領地を割譲させることによって、

一時的に両国から申し入れがあった和睦を受け入れることにします。

彼は和睦を受け入れた後、秦と同等の国土を有している南方の超大国である楚へ目を向けます。

キングダムでは信と同じ歳の青年・項翼(こうよく)がいる国です

この超大国に対して魏冄は楚の王様を脅して、秦と盟約を結ぶように迫ります。

すると楚は秦に屈服する形で同盟を結ぶことになり、秦の昭襄王の娘を娶ることになります。

こうして南方からの驚異を取り除くことに成功した秦は、

韓と魏の和睦協定を破棄して攻撃を開始します。

 

秦の快進撃を止められない韓と魏

photo credit: Zweiweit via photopin (license)

photo credit: Zweiweit via photopin (license)

 

秦は魏冄の命令によって韓と魏の両国との和睦を破棄して攻撃を再開します。

この時秦の軍勢を率いていた総司令官はもちろん魏冄の相棒・白起(はくき)です。

彼は魏冄の指示によって韓の城を陥落させるように命令を出します。

すると白起は命令を受け取ってからすぐに進撃して、

いとも簡単に韓の数城を陥落させることに成功します。

その後白起は魏へ移動して攻撃を行うと大小合わせて61もの城が秦の物になってしまいます。

この間魏と韓は各々迎撃軍を出陣させますが、秦の白起の攻撃を止めることができませんでした。

こうして秦を中心として中華は回り始めることになります。

 

天下統一の機運が高まった二ヶ月

photo credit: Hydrangea via photopin (license)

photo credit: Hydrangea via photopin (license)

 

秦はこうして他の6国を圧倒する力を全国に見せつけることに成功します。

秦の宰相として活躍していた魏冄は他国よりも秦の国が上位の存在であることを認識させる為、

「帝」の位を用いようと考えます。

彼は趙を滅ぼして北方を平定しようと考えていた為、

東方の超大国である斉(せい)と同盟を締結します。

この時に帝の位を用いて、

秦を「西帝(せいてい)」・斉を「東帝(とうてい)」の位を用いようじゃないかと提案します。

斉の湣王(びんおう)は魏冄の提案を受け入れて東帝と称します。

始皇帝が帝の位を用いる前に実は中国には二つの帝が誕生していたのでした。

しかしこの帝を用いた期間はたったの二ヶ月で終了することになります。

その原因は湣王の臣下である蘇代(そだい)の反対意見を聞き入れ、

帝と名乗ることをやめたことにより、秦も帝の位を用いることを止めます。

しかし秦が「帝」の位を用いたのは天下統一を目指していることをはじめて天下に表したとされ、

非常に重要な事件とされております。

 

趙・楚と同盟を結んで斉へ攻撃を仕掛ける

photo credit: Iris via photopin (license)

photo credit: Iris via photopin (license)

 

秦はその後、趙と楚の二国と同盟を結んで東の超大国である斉へ攻撃を仕掛け、

秦は斉の9城を攻略します。

そして翌年燕を中心とした連合軍を形成し、

燕の楽毅(がくき)を連合軍の総大将として各国は斉へ攻撃を仕掛けます。

秦は連合軍側として参戦し、斉軍を済西(さいせい)の戦いで撃破すると城を攻略することを止めて、

秦へ帰国することになります。

その後燕軍によって斉は壊滅的なダメージを負うことになり、

秦の一強時代が到来することになります。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【真田丸最終回記念】真田信繁はどのようにして家康本陣へ攻撃を仕掛…
  2. 【曹操死す】卞皇后の一番辛くて長い日々
  3. 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【後半】
  4. 【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘っ…
  5. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史…
  6. ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超
  7. キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実…
  8. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?
  2. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家
  3. 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構えの政策とは?
  4. 56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事?
  5. 馬良(ばりょう)って何した人だっけ?意外な馬良の役割と任務に迫る!
  6. 三国時代では数学が出来ないと下級役人にもなれない?算籌を徹底紹介!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る 潼関(どうかん)の戦いとはどんな戦いだったの?【関中十部VS曹操軍】 衝撃の事実!卑弥呼はアイドル活動をしていた?通説・卑弥呼伝 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期 【秦の次世代を期待された二人】蒙恬と扶蘇の無念な最期 三国志に登場する兄弟最強は誰だ!?三国志最強兄弟賞(SSK) 馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの? KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウの意外な側面6連発

おすすめ記事

  1. 何で曹操は漢中で劉備に負けたの?
  2. 「キングダム」に学ぶ成功哲学!先んずれば人を制すって何?
  3. 【孫策との絆の強さは周喩以上】孫呉の将軍・太史慈は信義に厚かった?
  4. 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる!
  5. 【曹髦編】三国最強の魏はなぜ滅びることになったの?
  6. 54話:劉備、再び曹操に敗れる
  7. 金禕(きんい)とはどんな人?漢中防衛戦の陰に隠れたとある事件
  8. 赤眉軍(せきびぐん)とは何者なの?後漢演義最強のDQN軍団

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP