日常生活

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?

この記事の所要時間: 27




項羽と劉邦

 

「関中に一番最初に入ったものを関中王(かんちゅうおう)にする」。

この言葉は楚の懐王の言葉で、この言葉を聞いた劉邦(りゅうほう)項羽(こうう)は、

勇んで関中へ向かって行こうとします。

しかし楚の懐王(かいおう)は項羽には秦の都である咸陽へ向かうことを命じず、

秦の名将・章邯(しょうかん)軍に苦戦している趙の救援を命じます。

そして劉邦に関中へ向かうように命令を出します。

劉邦は関中へ向かって爆進しますが、

戦が下手で幾度も敗北しつつもなんとか関中へ向かって進みます。

劉邦は苦労の末なんとか秦の首都・咸陽を陥落させて秦を滅ぼすと嬉しさのあまり暴走します。

この姿をみた張良が劉邦の暴走を止めるために言った必殺の言葉を今回はご紹介しましょう。

 

前回記事:これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




ついに咸陽へ到達

劉邦

 

劉邦は楚の懐王から関中へ向かって進撃せよと命令されてから、西へ向かって進撃を開始。

しかし劉邦軍は秦軍と一勝一敗しながら何とか西へ向かっていきます。

こうして数々の戦を乗り越えて、秦の裏門である武関を乗り越えてやっと咸陽へ向けての

道が開けます。

咸陽へ進撃している途中で秦王・子嬰(しえい)から降伏の使者がやってきます。

劉邦は彼の降伏を受け入れ、秦は滅亡します。

そして彼の軍勢はやっと咸陽へ到着。

咸陽には宝石や美女がたくさん居て、

元ヤクザの親分であった劉邦の目がギラギラと光り始めます。




美女と宝石

張良㈭ 広武山決戦編02 劉邦

 

劉邦は咸陽の宮殿に突入すると一目散に美女と宝石を両手に抱えて、

一番奥の部屋にこもり始めます。

親衛隊の隊長であった樊噲(はんかい)は劉邦のこの姿を見て幾度も

「殿。ここで暴走してしまえば、秦の民衆から嫌われてしまいますぞ。」と何回も説得します。

しかし劉邦は樊噲の言葉に一切耳を貸さず、そのまま美女を貪り続けます。

 

張良・必殺の言の葉

張良

 

張良(ちょうりょう)は劉邦の暴走の噂を聞いておりましたが、真実を見ていないためなにもできませんでした。

彼は咸陽陥落後、劉邦と共に咸陽へ入城したのでなく陥落寸前に病が発病したため、

郊外で療養しておりました。

療養中の張良の元へ親衛隊長の樊噲が劉邦の暴走ぶりをやめさせるように懇願してきます。

樊噲の言葉を聞いた張良は病も癒えていたため、樊噲と共に劉邦の元へ向かいます。

張良と樊噲は咸陽の宮殿にいる劉邦と会見。

そこで彼は劉邦に対して必殺の言葉を用いて注意します。

 

忠言は耳に逆らうけど、行いには利が有る・・・・

張良 劉邦

 

張良は劉邦と面会すると彼に「秦はなぜ天下統一を果たしたのに乱れたのでしょうか。

その原因は民衆に対して厳しすぎたためです。

いま秦の民衆は劉邦殿の行いをじっと観察しているでしょう。

この時に殿が乱れて宮殿で遊んで贅沢三昧な生活を行い続けていれば、

民衆はあなた様に失望して、力を貸してくれないでしょう。

 

忠言は耳に逆らうけど、行いには利があり、毒薬は苦くてたまらないですが、

病に利が有ると申します。ここで殿は遊んでいる場合ではないでしょう。」と注意します。

 

張良㈪ 戦争編07

 

劉邦は張良の注意によって目が覚めて、咸陽を放棄。

そして咸陽郊外の覇上と言われる地へ駐屯することにします。

 

関連記事:【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】

関連記事:劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】

 

楚漢戦争ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

劉邦は張良の注意を聞き入れた事で何とか暴走をし続けることを止めることができました。

もし彼が張良の注意を聞かずにそのまま咸陽に居続けていれば、項羽に殺されていたでしょう。

項羽は劉邦が咸陽に蓄えていた財宝を奪っているとの情報を聞いて激怒し。

劉邦を殺害しようとしておりました。

そして劉邦は項羽へ鴻門の会で陳謝し、許しをもらっています。

しかし劉邦があのまま咸陽にいれば鴻門の会などは起きずに、

そのまま劉邦軍を項羽の軍勢が破砕して、劉邦は亡くなっていたかもしれません。

このように考えると張良の注意は間一髪劉邦の命を救った言葉だと考えられると思います。

「今回の楚漢戦争のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

次回記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった!
  2. 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性
  3. 【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父…
  4. 司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に…
  5. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天…
  6. 晴信の仲介によって停戦と最強の三者同盟成立と運命の戦い
  7. 鍋島直茂(なべしま なおしげ)がスゴイ!主家乗っ取りに成功!時勢…
  8. 背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将
  2. 話題の水素水問題は三国志時代にもあった?健康になる水信仰
  3. キングダム 511話 ネタバレ予想:王翦はどこへ消えたのか?
  4. kawausoって、何者?
  5. 8話:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼った理由とは?
  6. 袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)とはどんな人?曹操の最大のライバル

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。 韓当(かんとう)ってどんな人?程普と共に呉を支え続けた呉の勇将 【賢母の知恵編】私あまり顔には自信がないけれど鍾会には負けませんわ 曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは? 【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた? 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第13部(完)

おすすめ記事

  1. いつまでやるの?またまた『赤兎馬=カバ説』を検証してみる。第2弾【HMR】
  2. 曹洪(そうこう)ってどんな人?地味で目立たないが、曹操を支え続けた忠臣
  3. 飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察
  4. 112話:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める
  5. 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!
  6. 43話:孫策、後事を孫権に託して病没する
  7. 漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!!
  8. 華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP