広告

秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?

2017年1月4日


 

項羽と劉邦

 

「関中に一番最初に入ったものを関中(かんちゅうおう)にする」。

この言葉は楚の懐王の言葉で、この言葉を聞いた劉邦(りゅうほう)項羽(こうう)は、

勇んで関中へ向かって行こうとします。

しかし楚の懐王(かいおう)は項羽には秦の都である咸陽へ向かうことを命じず、

秦の名将・章邯(しょうかん)軍に苦戦している趙の救援を命じます。

そして劉邦に関中へ向かうように命令を出します。

劉邦は関中へ向かって爆進しますが、

戦が下手で幾度も敗北しつつもなんとか関中へ向かって進みます。

劉邦は苦労の末なんとか秦の首都・咸陽を陥落させて秦を滅ぼすと嬉しさのあまり暴走します。

この姿をみた張良が劉邦の暴走を止めるために言った必殺の言葉を今回はご紹介しましょう。

 

前回記事:これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



ついに咸陽へ到達

劉邦

 

劉邦は楚の懐王から関中へ向かって進撃せよと命令されてから、西へ向かって進撃を開始。

しかし劉邦軍は秦軍と一勝一敗しながら何とか西へ向かっていきます。

こうして数々の戦を乗り越えて、秦の裏門である武関を乗り越えてやっと咸陽へ向けての

道が開けます。

咸陽へ進撃している途中で秦王・子嬰(しえい)から降伏の使者がやってきます。

劉邦は彼の降伏を受け入れ、秦は滅亡します。

そして彼の軍勢はやっと咸陽へ到着。

咸陽には宝石や美女がたくさん居て、

元ヤクザの親分であった劉邦の目がギラギラと光り始めます。

 

美女と宝石

張良㈭ 広武山決戦編02 劉邦

 

劉邦は咸陽の宮殿に突入すると一目散に美女と宝石を両手に抱えて、

一番奥の部屋にこもり始めます。

親衛隊の隊長であった樊噲(はんかい)は劉邦のこの姿を見て幾度も

「殿。ここで暴走してしまえば、秦の民衆から嫌われてしまいますぞ。」と何回も説得します。

しかし劉邦は樊噲の言葉に一切耳を貸さず、そのまま美女を貪り続けます。

 

張良・必殺の言の葉

張良

 

張良(ちょうりょう)は劉邦の暴走の噂を聞いておりましたが、真実を見ていないためなにもできませんでした。

彼は咸陽陥落後、劉邦と共に咸陽へ入城したのでなく陥落寸前に病が発病したため、

郊外で療養しておりました。

療養中の張良の元へ親衛隊長の樊噲が劉邦の暴走ぶりをやめさせるように懇願してきます。

樊噲の言葉を聞いた張良は病も癒えていたため、樊噲と共に劉邦の元へ向かいます。

張良と樊噲は咸陽の宮殿にいる劉邦と会見。

そこで彼は劉邦に対して必殺の言葉を用いて注意します。

 

忠言は耳に逆らうけど、行いには利が有る・・・・

張良 劉邦

 

張良は劉邦と面会すると彼に「秦はなぜ天下統一を果たしたのに乱れたのでしょうか。

その原因は民衆に対して厳しすぎたためです。

いま秦の民衆は劉邦殿の行いをじっと観察しているでしょう。

この時に殿が乱れて宮殿で遊んで贅沢三昧な生活を行い続けていれば、

民衆はあなた様に失望して、力を貸してくれないでしょう。

 

忠言は耳に逆らうけど、行いには利があり、毒薬は苦くてたまらないですが、

病に利が有ると申します。ここで殿は遊んでいる場合ではないでしょう。」と注意します。

 

張良㈪ 戦争編07

 

劉邦は張良の注意によって目が覚めて、咸陽を放棄。

そして咸陽郊外の覇上と言われる地へ駐屯することにします。

 

関連記事:【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】

関連記事:劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】

 

楚漢戦争ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

劉邦は張良の注意を聞き入れた事で何とか暴走をし続けることを止めることができました。

もし彼が張良の注意を聞かずにそのまま咸陽に居続けていれば、項羽に殺されていたでしょう。

項羽は劉邦が咸陽に蓄えていた財宝を奪っているとの情報を聞いて激怒し。

劉邦を殺害しようとしておりました。

そして劉邦は項羽へ鴻門の会で陳謝し、許しをもらっています。

しかし劉邦があのまま咸陽にいれば鴻門の会などは起きずに、

そのまま劉邦軍を項羽の軍勢が破砕して、劉邦は亡くなっていたかもしれません。

このように考えると張良の注意は間一髪劉邦の命を救った言葉だと考えられると思います。

「今回の楚漢戦争のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

次回記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-楚漢戦争
-, ,