呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの?




顧夫人とはどんな人05 顧邵

 

キングダム504話では、久しぶりに趙の悼襄(とうじょう)王が登場しました。

以前から春平君のような美少年好きではありましたが、今回は裸の美少年達を

風呂に侍らすという強烈な再登場を飾っていて、以前からの性癖は健在のようです。

さて、廉頗から「バカ王」と評された悼襄王はどんな人物なのでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




落ちて行く趙に君臨した在位8年の短命の王

三国志 ろうそく 写真

 

悼襄王は名を偃(えん)と言い、孝成王の後を継いで紀元前244年に即位しました。

趙は孝成王の時代の紀元前260年に長平の戦いで秦に大敗し次第に斜陽になります。

 

その後を継いだ、悼襄王は、即位するや功臣の廉頗(れんぱ)

「老いぼれだから」という理由で退けようとし、後任で入った楽乗(がくじょう)と

先任の廉頗(れんぱ)がトラブって戦争になり、双方が国外に脱出するという

痛い結果を招いて趙の国力を減少させました。

 

確かに、その諡(おくりな)の通り悼(不安になる:悲しむべき)王なのです。

彼の治世は、たった8年で、ほとんど国力を回復する事は出来ませんでした。

そして、次の幽繆(ゆうびょう)王の時代、紀元前228年、趙は滅亡して滅びます。




有能な家臣に恵まれ、李牧、龐煖を抜擢する

李牧

 

バカ王と呼ばれた一方で、政治に関心が無い悼襄王は個人的に嫌いではない

人物に対しては、これというこだわりがなく推薦されるままに登用しました。

彼が大事にしたのは、宮廷の贅沢な生活だけであり、政治などどうでもいいのです。

 

まず、紀元前244年、廉頗と楽乗が抜けて弱体化した趙軍を補充する為に

元々匈奴と戦っていた辺境の守備隊長だった李牧(りぼく)を抜擢していますし、

紀元前242年には、曾祖父、武霊王の時代からの兵法家だった龐煖(ほうけん)を抜擢

侮って攻めてきた燕の劇辛(げきしん)の2万の軍を撃破し劇辛を斬殺します。

 

キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの?

 

 

また、紀元前241年には、龐煖を将軍として趙・楚・魏・燕の4カ国の

精兵を率いて秦の蕞(さい)を攻めさせています。

漫画キングダムでは李牧が中心となり楚の春申君が総大将になっていますが、

結局、漫画の通り陥落させる事ができず、そのため兵を移して

斉を討ち饒安(よあん)を落しています。

 

龐煖も李牧も、漫画キングダムでは秦の強敵として登場しますから、

なまじ政治に関心がない分、悼襄王は手ごわい相手なのです。

 

史実の悼襄王もあんな趣味なの?

鄧禹

 

美少年大好きの性癖をお持ちの悼襄王ですが、これは事実なのでしょうか?

どうやら、これも事実のようで、紀元前244年の事、秦が漫画にも登場した

悼襄王のお気に入りの春平君と平都君を招いた事があります。

 

秦の国相の呂不韋は、二人の中で春平君が悼襄王の気に入りと聞き、

これを交渉材料にしようと考え長く留めようとします。

 

しかし、これは悼襄王に春平君が寵愛されている事を嫉妬した

郎官(ろうかん)という美少年達の考えた陰謀でした。

つまり、マッパで悼襄王に奉仕していた、あの少年達の事です。

カワイイ顔して、エゲツナイ事をしますねェ・・

 

朗君達は、春平君を秦に長く留めさせて王から引き離し、

この機会に自分達が悼襄王の寵愛を得ようと共謀していたのです。

 

ここで泄鈞(せいちん)という人物が呂不韋に、

 

「春平君を返さないと趙王は不機嫌になり、かえって秦と趙の関係が崩れます。

ここは、平都君を留めて春平君を帰せば、趙王は上機嫌になり春平君の言い分を

聞きいれて秦の利益になるでしょう」

 

こう進言したので呂不韋は春平君を帰しました。

泄鈞の予想通り、春平君は自分の代わりに拘束された平都君の便宜を図り、

悼襄王は自国の領土を割いて平都君の身柄を取り戻したのです。

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

さて、漫画では健在の悼襄王なのですが、実は紀元前236年、

王翦楊端和桓騎が趙に攻め込んでいるこの年に崩御しています。

しかし、現在の所、あのバカ王はピンピンしていて死にそうにもありません。

このような場合、キングダムでは予期せぬ暗殺などが起きるのですが、

もしかしての悼襄王毒殺なんていうオチもあるかも知れません。

 

次の王は、悼襄王の子の幽繆王なんですが、そこでも佞臣・郭開(かくかい)は、

変わらず権勢を振い続けています。

これは、もしやですが、何らかの要因で郭開の悪事が悼襄王にバレ、

失脚を恐れた郭開が美少年を使って眠り薬などを王に飲ませ、

そのまま風呂で溺死させる形で始末してしまうとか・・

 

そういうどんでん返しがあったりするかも知れませんね。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 120話:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る
  2. 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から…
  3. 城の前を掃除する孔明 三国志の時代の城の機能について図解解説
  4. 皇帝になった徳川慶喜 もし大政奉還が成功していたら日本はどうなった?
  5. 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕…
  6. 廉頗(れんぱ)とはどんな人?悲劇のレジェンド元趙三大天[キングダ…
  7. 蜀の劉備 これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじ…
  8. 【シミルボン】とっても面倒くさい!三国志の時代の髪の毛のお手入れ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 残忍な曹丕
  3. 程昱(ていいく)
  4. 怒る陳宮
  5. 坂本龍馬チビ説
  6. はじめての三国志編集長 kawauso

おすすめ記事

  1. 【老荘思想の創設者】老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた 老荘思想(ろうそうしそう)
  2. 【PR】三国志の世界を冒険しよう 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 人中の鬼人呂布のラストウォー下邳の戦いを紹介 呂布のラストウォー 呂布
  4. 3月レキシズルバーSP「はじめての三国志」をやってきたよ
  5. 三国志の時代にドリンクバーが存在した?三国志時代の飲み物について
  6. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで) 長坂の戦い 張飛

三國志雑学

  1. 木牛流馬
  2. 劉備と関羽と張飛の桃園三兄弟
  3. 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪
  4. 三国志 象兵
  5. 荀彧(はじめての三国志)
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 光武帝(劉秀)
  2. おんな城主 直虎
  3. 韓信vs孔明
  4. 項羽と劉邦
  5. 魏 星座大好きな幼少期の管輅

おすすめ記事

坂本龍馬(幕末時代) 坂本龍馬の髪型はハゲ隠しだったの? おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第25話「材木を抱いて飛べ」の見どころ紹介 鮑三娘(関索の妻) 関索の嫁・鮑三娘はチョー美人だった!? 大学と東京五輪の連携学生の通訳ボランティア いだてん 東京オリンピック2020は大学連携とPRで大きく変わる? 法正 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍 呂布、ナイスシュート! 三国志演義が今どき嫌われる理由 【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。クソ漏らし家康と死んだふりの劉備

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP