キングダム
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だった

この記事の所要時間: 253




kawauso

 

キングダムで巨体に白髭で温和な将軍と言えば、

蒙驁(もうごう)将軍と言ってまあ間違いないでしょう。

kawausoは蒙驁をキングダムの安斎先生と呼んでいて、あの白髭の下の

二重アゴをタプタプしたいと思っています。

さて、漫画では、蒙恬(もうてん)王賁(おうほん)信(しん)の三人に

「一緒に高みに登れ」と言い残して大往生を遂げた蒙驁ですが、

史実の蒙驁は白起(はくき)も及ばない名将だったのです。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




史実でも斉から流れてきた蒙驁

竹 f

 

蒙驁の出生については史記でも詳細は不明ですが、上卿(じょうけい)という

異国人枠の爵位と昭襄王(しょうじょうおう)の時代に斉から出奔してきたという

記録がある事から、外国人である事は間違いないという所です。

 

キングダムでは、国境を接する趙の廉頗に負け続け、自信を失い斉を去るのですが、

それは、史実ではない脚色であるようです。

でも、その後に攻めて来た廉頗を相手に蒙驁が考え抜いた策で一矢報いるのは、

いじめられっ子がいじめっ子に勝つみたいで、kawausoは好きなお話ですけどね。

 

蒙驁が最初に手柄を立てるのは、秦王政の父、荘襄王(そうじょうおう)の元年

紀元前249年で、韓を討って、成皋(せいこう)と滎陽(けいよう)を落し、

さらに翌年には魏の高都(こうと)と汲(きゅう)を攻めています。

同じ年には、趙の楡次(ゆじ)新城(しんじょう)狼孟(ろうもう)と

怒涛の進撃で、三十七もの城を落す活躍をしています。




五カ国連合軍を率いる信陵君に敗れる

孟嘗君

 

紀元前247年、戦国四君の一人、魏の信陵君(しんりょうくん)

五カ国の合従軍を率いて秦に攻め込んできました。

蒙驁は、王齕(おうこつ)と共に、五カ国連合軍を迎え撃ちますが、

その勢いに勝てず、折角奪った趙や魏の領地、河内地方を放棄して

河南に移動して軍を解いて解散しました。

簡単に言うと、函谷関(かんこくかん)に引き籠ってしまったという事です。

 

韓や魏を攻めて大手柄を挙げる

日光 ピンク f

 

紀元前246年、太行山の中腹の晋陽(しんよう)が反乱を起こします。

元々、晋陽は趙の領地なので、趙の策謀だったかも知れません。

蒙驁は、この反乱を難なく鎮圧しました。

 

函谷関

 

紀元前244年、合従軍により函谷関に押し込まれた秦に吉報がもたらされます。

秦が食客を放ち、讒言を流していた魏の信陵君と魏王が仲違いし、

遠ざけられた信陵君は酒に溺れて死んでしまったのです。

 

再び、合従軍が興る心配が消えた秦は蒙驁を再び進軍させ函谷関から

韓を攻めて十三城を得、さらに魏を攻めて、酸棗(さんそう)など二十城を奪って

初めて東郡を置きます。

 

関連記事:キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密

 

実働9年で七十二の城を落したのは歴代最高

廉頗

 

キングダムでは、廉頗(れんぱ)にコンプレックスを持つ凡将であり、

それゆえに確実で堅実な手を打つとされる蒙驁ですが、事実は、

歴史に姿を表わしてから、僅か9年の間に七十二の城を陥落させています。

 

秦には、白起という化け物がいて、彼もレコード記録で七十二城を

陥落させていますが、こちらは37年の長いキャリアの間に落した数で

スピード&レコード記録だと蒙驁が1位になってしまうのです。

こうして、考えると蒙驁は白起王翦(おうせん)を上回るスーパー名将となり

キングダムで見せる凡庸なタプタプ爺さんとはイメージが違いますね。

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

城は取ったり、取られたりするので、城を落した数が=名将とは言えませんが

それでも、あの六大将軍の筆頭、白起に並ぶというのは圧巻です。

また、首を切り落としたり残忍に捕虜を穴埋めしたり、川に突き落としたりで

100万人近い、敵兵を殺している白起と違い、蒙驁には、そういう

投降者を殺しまくるという記述もありません。

 

こうして考えると、名将ではあるが温和な武将だったのかも知れません。

それなら、白髭で巨体の蒙驁もあり得ますね。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  2. 【朝まで三国志 2017】周瑜、郭嘉、荀彧も参戦のお知らせ
  3. 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ち…
  4. 17話:結構頭脳派?少数の手勢を何倍にも見せた菫卓
  5. キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?
  6. 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!…
  7. キングダム 533話 ネタバレ予想:爆誕!飛信軍
  8. 鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇していたローマ軍と漢軍
  2. 【危険】謀略の天才だった陳平の批判がエグすぎる
  3. 始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由は始皇帝がブサメンだったから?
  4. 大河ドラマ西郷どんをブレなく楽しむ6つのポイント
  5. 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争
  6. 【有料記事】三国志の軍隊のマニアックな規律を紹介

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【センゴク祭り】織田信長と足利義昭の仲が悪くなった原因って何? 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立 歴史の影に女あり!絶世の美女たち 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成したの? 【祝・はじめての三国志】3周年記念の御礼を申し上げます!

おすすめ記事

  1. 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?
  2. はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ
  3. 周瑜はいかにして魯粛を呉に引き入れたのか?
  4. 132話:もうやりたい放題!曹叡の乱心で魏の暗黒時代へ突入
  5. 合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった?
  6. 月刊はじめての三国志2017年10月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  7. 【ネオ三国志】第9話:呂布の覚醒と劉備軍の降伏【蒼天航路】
  8. だって涙が出ちゃう!中国史に残る良い宦官列伝

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP