袁術祭り
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?

この記事の所要時間: 235




法正と夏侯淵

 

魏の忠臣として活躍した夏侯淵(かこうえん)

彼は漢中の戦いで討ち取られてしまいますが、彼の一族は生き残ります。

彼の一族の中でも優秀であったのは夏侯覇(かこうは)でしょう。

 

夏侯覇

 

彼は魏の夏侯一族の中でも軍事能力は特筆すべきものがあり、

蜀軍を相手に活躍しておりましたが、一族が司馬懿に殺害されてしまったため、

自らの命に危険があるかもしれないと考えて蜀へ寝返ります。

蜀でも魏軍相手に戦い続け蜀の将軍の中でも重宝され、車騎将軍を与えれれることになります。

そんな夏侯淵の一族は三国志が終焉した後、晋の国へ組み込まれていたと思われますが、

一体どうしたのでしょうか。

色々と調べていった結果、夏侯淵の一族はなんと皇帝を生んでいることが判明しました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




夏侯覇、逃亡後も魏に仕える

逃げる夏侯覇

 

夏侯覇は一族の夏侯玄(かこうげん)が処断されてしまったことを知って自らの命に危険が、

迫っていることを察知。

そのため彼は魏を捨てて蜀の国へ逃亡します。

さて彼は魏を逃亡して蜀へ亡命してしまいますが、

彼の一族は魏で処断されることなく生き延びておりました。

一族が処断されなかったところを見るともしかしたら司馬懿は、

夏侯淵の一族には一切処断するつもりはなかったのではないかと

考えたくなりますがどうでしょうか。




魏の夏侯淵の一族は官職に就く

自信のある夏侯覇

 

夏侯覇逃亡後も魏の国内で生き延びた夏侯淵の一族。

その中でも夏侯覇の弟の長男である夏侯荘という人物が晋の時代にまで生き延びており、

彼は淮南太守へ就任しております。

彼の娘に聡明な娘が一人いました。

彼女の名は光姫(ひかりひめではなく、こうき)と言います。

彼女は琅邪王(ろうやおう)であった司馬伷(しばちゅう)の目にとまり、

彼の息子と結婚させることに決めます。

司馬伷の息子と光姫は仲が良好であった様で、一人の男の子を産むことになります。

 

光姫の息子がなんと・・・・

夏侯覇の妻は誰?

 

光姫は男の子を産むと睿(えい)と名づけます。

司馬睿(しばえい)と名付けれた男の子はすくすくと育っていき、

父が亡くなると琅邪王を継ぐことになります。

しかし彼が琅邪王になった頃晋の国はボロボロでした。

さらに各地の司馬家の王が争った「八王の乱(はちおうのらん)」や異民族が中国内部へ侵入した

「永嘉の乱(えいかのらん)」によって事実上司馬家の晋は滅亡してしまいます。

この時琅邪王であった司馬睿は永嘉の乱が起きる前に、

琅邪王氏の俊英である王導の進言によっていち早く江南へ逃げて、

呉の首都であった建業へ移ります。

この地で彼は軍事力を養いながら内政に励み、永嘉の乱によって晋が滅亡してしまうと

彼は建業で琅邪王氏の王導や王敦、諸葛恢らの協力を得て東晋を建国。

そしてこの司馬睿こそ東晋初代皇帝である元帝となるのです。

という事は夏侯淵の一族である光姫との間に生まれた司馬睿は夏侯一族の血を引いている

人物であること言うことです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02b 背景あり

 

上記の内容にさらに付け加えると司馬伷の奥さんは諸葛誕の娘であり、

諸葛靚(しょかつせい)のお姉さんでした。

すると司馬伷の息子がもし諸葛靚のお姉さんの実子であればすごいことになりませんか。

諸葛一族の血と夏侯一族の血が混じった俊英が司馬睿ということになり、

彼を助けたのはキングダムの王賁の血族と諸葛誕の孫である諸葛恢達です。

またもうひとつだけ付け加えるならば呉の猛将である甘寧(かんねい)の孫も東晋に参加して、

活躍しておりこの東晋王朝には三国志の名将たちの末裔に加えて、

キングダムの王賁の家系が混じっており、

歴史好きにはなんとも魅力的な王朝であることがわかると思います。

 

参考文献 岩波書店 中国人物列伝 井波律子著など

 

関連記事:夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?

関連記事:甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子孫たち

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 中国史における農民反乱についての考察
  2. 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者
  3. 人々の鑑になった良い宦官達
  4. 竜にも階級があった!?某国民的・神龍が登場する漫画は中国史に忠実…
  5. 「自治三訣」って一体どんな言葉?東京都知事の所信表明に出てきた言…
  6. はじめての三国志企画 – エイプリルフール特集
  7. 杜襲(としゅう)とはどんな人?住民と団結して劉表軍と戦った県長
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第21話「ぬしの名は」の見…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3
  2. 【大三国志 攻略1】ついに始まった中国韓国で大ヒットしている戦略RPGの三国志
  3. 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能!
  4. 蜀の名将として名高い黄権も曹丕によるパワハラを受けていた!
  5. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました
  6. 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/21〜11/27】 もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった? あけましておめでとうございます、2015年も「はじめての三国志」をよろしくです 何で姜維の北伐は反発されてたのに孔明の北伐は反対されなかったの? 66話:曹操、孔明の実力を確認すべく劉備討伐の兵を挙げる 皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍 【大三国志 攻略8】今回は激戦中のあの巨大同盟が登場!天下乱舞にも波乱の予感

おすすめ記事

  1. 109話:曹丕が献帝を廃し魏を建国
  2. 三国志ファンの後漢(五感)をふるわさす三国志フェス2015に参戦しよう!
  3. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操
  4. 病気の呂蒙を穴から見守る孫権
  5. キングダム 513話 ネタバレ予想:王翦は落ちない鄴をどう落すのか?
  6. 楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん
  7. 董卓が漢王朝を支配しなかったら三国志はどうなっていたの?
  8. 【キングダム芸人】中華統一を果たした信と政はどうなった?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP