春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての変

【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?

この記事の所要時間: 235




法正と夏侯淵

 

魏の忠臣として活躍した夏侯淵(かこうえん)

彼は漢中の戦いで討ち取られてしまいますが、彼の一族は生き残ります。

彼の一族の中でも優秀であったのは夏侯覇(かこうは)でしょう。

 

夏侯覇

 

彼は魏の夏侯一族の中でも軍事能力は特筆すべきものがあり、

蜀軍を相手に活躍しておりましたが、一族が司馬懿に殺害されてしまったため、

自らの命に危険があるかもしれないと考えて蜀へ寝返ります。

蜀でも魏軍相手に戦い続け蜀の将軍の中でも重宝され、車騎将軍を与えれれることになります。

そんな夏侯淵の一族は三国志が終焉した後、晋の国へ組み込まれていたと思われますが、

一体どうしたのでしょうか。

色々と調べていった結果、夏侯淵の一族はなんと皇帝を生んでいることが判明しました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




夏侯覇、逃亡後も魏に仕える

逃げる夏侯覇

 

夏侯覇は一族の夏侯玄(かこうげん)が処断されてしまったことを知って自らの命に危険が、

迫っていることを察知。

そのため彼は魏を捨てて蜀の国へ逃亡します。

さて彼は魏を逃亡して蜀へ亡命してしまいますが、

彼の一族は魏で処断されることなく生き延びておりました。

一族が処断されなかったところを見るともしかしたら司馬懿は、

夏侯淵の一族には一切処断するつもりはなかったのではないかと

考えたくなりますがどうでしょうか。




魏の夏侯淵の一族は官職に就く

自信のある夏侯覇

 

夏侯覇逃亡後も魏の国内で生き延びた夏侯淵の一族。

その中でも夏侯覇の弟の長男である夏侯荘という人物が晋の時代にまで生き延びており、

彼は淮南太守へ就任しております。

彼の娘に聡明な娘が一人いました。

彼女の名は光姫(ひかりひめではなく、こうき)と言います。

彼女は琅邪王(ろうやおう)であった司馬伷(しばちゅう)の目にとまり、

彼の息子と結婚させることに決めます。

司馬伷の息子と光姫は仲が良好であった様で、一人の男の子を産むことになります。

 

光姫の息子がなんと・・・・

夏侯覇の妻は誰?

 

光姫は男の子を産むと睿(えい)と名づけます。

司馬睿(しばえい)と名付けれた男の子はすくすくと育っていき、

父が亡くなると琅邪王を継ぐことになります。

しかし彼が琅邪王になった頃晋の国はボロボロでした。

さらに各地の司馬家の王が争った「八王の乱(はちおうのらん)」や異民族が中国内部へ侵入した

「永嘉の乱(えいかのらん)」によって事実上司馬家の晋は滅亡してしまいます。

この時琅邪王であった司馬睿は永嘉の乱が起きる前に、

琅邪王氏の俊英である王導の進言によっていち早く江南へ逃げて、

呉の首都であった建業へ移ります。

この地で彼は軍事力を養いながら内政に励み、永嘉の乱によって晋が滅亡してしまうと

彼は建業で琅邪王氏の王導や王敦、諸葛恢らの協力を得て東晋を建国。

そしてこの司馬睿こそ東晋初代皇帝である元帝となるのです。

という事は夏侯淵の一族である光姫との間に生まれた司馬睿は夏侯一族の血を引いている

人物であること言うことです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02b 背景あり

 

上記の内容にさらに付け加えると司馬伷の奥さんは諸葛誕の娘であり、

諸葛靚(しょかつせい)のお姉さんでした。

すると司馬伷の息子がもし諸葛靚のお姉さんの実子であればすごいことになりませんか。

諸葛一族の血と夏侯一族の血が混じった俊英が司馬睿ということになり、

彼を助けたのはキングダムの王賁の血族と諸葛誕の孫である諸葛恢達です。

またもうひとつだけ付け加えるならば呉の猛将である甘寧(かんねい)の孫も東晋に参加して、

活躍しておりこの東晋王朝には三国志の名将たちの末裔に加えて、

キングダムの王賁の家系が混じっており、

歴史好きにはなんとも魅力的な王朝であることがわかると思います。

 

参考文献 岩波書店 中国人物列伝 井波律子著など

 

関連記事:夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?

関連記事:甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子孫たち

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【告白】私はこうして三国志にハマりました!
  2. 史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人?
  3. 記録が乏しい孫堅の妻たち
  4. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている…
  5. 恩賜の御衣ってなに?三国志や源氏物語にも出てくるエピソードを紹介…
  6. 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!
  7. 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる
  8. 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画
  2. 三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3】
  4. 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人
  5. 【保存版】カッコいい!三国志の精鋭部隊を一挙紹介
  6. 騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

魏冄(ぎぜん)とはどんな人?政治・軍事両方で大活躍した秦の名宰相 小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本の矢 はじめての三国志 4コマ劇場 「長坂橋を死守する張飛くん」 銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの? 三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』 そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR) 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?

おすすめ記事

  1. 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!
  2. 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い
  3. 夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの?
  4. 衝撃の真実!なんと韓遂は、劉備に降ろうとしていた
  5. ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り
  6. 【キングダム予想】王翦が昌平君にした頼みって何?
  7. 【ビジネス三国志】みんな真似で天下を取った!群雄に学ぶ生き残り戦術
  8. 【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP