諸葛靚(しょかつせい)とはどんな人?父(諸葛誕)の敵である司馬家を恨み、晋に仕えなかった硬骨漢




諸葛誕

 

諸葛誕(しょかつたん)は司馬家に反乱を起こす際、

息子の諸葛靚(しょかつせい)と部下を呉に送った事で援軍を得ます。

その後諸葛誕は司馬家に討伐され、討ち死にします。

諸葛靚はそのまま呉に仕える事になります。

今回はあまり知られていない諸葛誕の息子・諸葛靚を紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介

関連記事:曹操も思わずツイート!三国志の時代に造られた精巧な地図

 

 

呉へ向かう諸葛靚

呉へ向かう諸葛靚

 

諸葛誕は司馬家の専横を憎み、反乱を起こします。

彼は自らの兵力だけでは不足を感じ呉に援軍を求めます。

呉に信用してもらうため、息子の諸葛靚と部下一人を呉に派遣する事にします。

これが親子の今生の別れとなってしまうのです。

呉は孫綝(そんちん)に大軍を預け、諸葛誕救援に向かわせます。

 

 

親子の別れ

諸葛誕を攻める司馬昭

 

呉は孫綝を大将に諸葛誕に援軍を送りますが、魏軍に連敗。

ついに孫綝は魏軍への攻撃を止め、呉へ帰還します。

諸葛誕は寿春城に籠城しながら呉の援軍が魏の包囲陣を破ってくれることを祈っていましたが、

呉の軍勢が帰途についたことを知ると愕然とします。

そんな中、味方の軍勢が次々に司馬家に降っていきます。

魏の大将である司馬昭は寿春城から投降者が増加している状況を見て、猛攻を開始。

諸葛誕は数百人を率いて魏の包囲網から脱出しようと試みますが捕縛後、処刑されます。

諸葛靚は父を死に追いやった司馬家を終生許さないと心の中で固い決意をします。

 

呉のラストエンペラー孫晧から右将軍に任命される

孫晧から右将軍に任命される

 

諸葛靚はその後呉に仕え、コツコツと実績を積み重ねていきます。

呉の三代目の皇帝である孫休(そんきゅう)が亡くなると、

孫晧(そんこう)が皇帝の位を継ぎます。

彼は皇帝になる前は優秀な人物でありました。

しかし皇帝になると次第に残虐性を増し、

次々と優秀な家臣や気に入らない側室などを殺していきます。

しかし諸葛靚はなぜか残虐非道な皇帝である孫晧に実績を認められ、右将軍に任命されます。

 

関連記事:孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題

 

孫晧の自尊心を持ち上げる

 

諸葛靚はある日孫晧から「君の字は仲思(ちゅうし)だが、いったい何を思って生きているのだ」

とくだらない質問を受けます。

しかし彼はまじめに考え、孫晧に対して「私は家にいる時は孝を思い、

あなたに仕えている時は忠誠を思い、友達に対しては信用をもって接しています。

これを毎日考えて生きていますよ」と答えます。

孫晧はこの答えに満足し、諸葛靚の肩を叩き大笑いで去っていきます。

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 皇帝に就任した曹丕
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 魏の夏侯淵
  4. 軍会議で的確に作戦指示を出す陳泰

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP