春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた!?

この記事の所要時間: 247

赤兎馬 呂布

 

「人中の呂布(りょふ)・馬中の赤兎(せきと)」と評された三国志一番の強さを誇っていた呂布(りょふ)。

彼は董卓(とうたく)を殺害した後に各地を放浪した後、

陳宮と一緒に兗州(えんしゅう)で曹操の部下達を誑かして対決することになります。

曹操軍とは一進一退の戦いを続けていた呂布ですが、

兵糧不足が原因で曹操軍に敗北して敷いまい徐州(じょしゅう)へ逃亡。

 

呂布 あっけない 最後

 

この地を治めていた劉備に対して反乱を起こして徐州を領有することになりますが、

最後は味方に裏切られて亡くなってしまいます。

裏切りに裏切りを重ねてきた人物ですが、

意外にも朝廷や皇帝に対してはかなり従順な態度を示していた事を知っておりましたか。

今回は呂布の意外な一面をご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!

 

皇帝から手紙をもらう呂布

表情 呂布

 

後漢王朝の皇帝となっていた献帝(けんてい)・劉協(りゅうきょう)。

彼は李傕(りかく)や郭汜(かくし)らに追い立てられて困窮している状態でしたが、

白波賊(はくはぞく)や皇帝の側近であった董承(とうしょう)らの協力によって、

なんとか危機を脱出します。

しかし皇帝はかなり困窮している状態であったため各地の豪族達へ手紙を送り、

「助けてくれ~」と救援信号を送っておりました。

この手紙は徐州(じょしゅう)を領有していた呂布にも送られてきます。

呂布はこの手紙を受け取ると小躍りするほど嬉しかったのですが、

皇帝がいる河東(かとう)へは兵糧の蓄えがなかったため自軍の現状を説明する手紙を送ります。

皇帝は呂布から手紙をもらうと将軍の位と侯の位を彼にさずけることにします。

 

曹操からも手紙をもらう

朝まで三国志 呂布

 

曹操は劉協を保護すると皇帝に手紙を出していた呂布へ曹操からも手紙を出します。

彼は呂布へ「呂布将軍の勤王の志あっぱれであると考えております。

私は今皇帝陛下を保護しており、後漢王朝を立て直すために公孫瓉(こうそんさん)、袁術らの

群雄達を討ち滅ぼして天下を統一しようと考えており、

呂布将軍にも手伝っていただきたと思っております。」とベタ褒めします。

この手紙をもらった呂布はめちゃくちゃ喜び曹操へ

「私はあなた様と戦ったことがあり、いつ処罰を受けてもいい人間です。

しかしあなた様は私を褒めてくださいました。

そして現在袁術を討伐しようと考えていることを教えていただきましたので、

力の限り戦っていきたいと考えております。」と自らの意気込みを返信。

また呂布は皇帝にも手紙を送っております。

 

皇帝に従順な姿勢を見せる呂布

呂布 最強 曹操

 

呂布は皇帝に「私は皇帝陛下を迎えに行かなくてはならなかったのですが、

曹操が皇帝陛下を迎えたことを知ったため私が迎えに行くことは遠慮させていただきました。

以前私は曹操と戦を行っているため、皇帝陛下からいつでも処罰を受ける所存であり、

私がどのような行動をとればいいのか判断に迷っている状態です。

ぜひ私にどのような行動をとればいいのか教えていただきたく存じます」と

後漢王朝の朝廷や皇帝に対してすこぶる従順な態度を取っておりました。

義父であった丁原(ていげん)を殺害して董卓軍に加わり、

反董卓連合軍の軍勢と戦っていた頃の呂布とは違う人間なのではないかと

疑いたくなるほど従順な姿勢を見せている呂布でした。

 

関連記事:【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽

関連記事:呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

各地の群雄からどのような行動を起こすかわからない人物として疑われ、

戦では巧妙な戦をして無類の強さを発揮した呂布。

そんな彼が猫のように皇帝や後漢王朝の朝廷に従順な姿勢を見せていると

ちょっと呂布に愛らしささえ感じてしまうのは私だけでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

関連記事:こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性
  2. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  3. 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです
  4. 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?
  5. 名馬ズラリ!三国志〜日本史と英雄の偉業を支えた名馬たちを徹底紹介…
  6. 老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた
  7. 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  8. 【占いで見る三国志】曹魏が倒れることが曹叡の時代に予言されていた…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓
  2. 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)
  3. 【曹髦編】三国最強の魏はなぜ滅びることになったの?
  4. 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった!
  5. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた
  6. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加していた!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家 狼中年劉備、もっともらしい事を言って孫権を欺く 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【7/11〜7/17】 主人公になるべく登場した男、劉備玄徳 これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら? 【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた? 架空戦記って何?いつから存在してどこでIF戦記ブームは過ぎ去ったの? 【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

おすすめ記事

  1. 鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性
  2. ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】
  4. 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だったの?
  5. 豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者
  6. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウの意外な側面6連発
  7. 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【後半】
  8. 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP