広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた!?

この記事の所要時間: 247

赤兎馬 呂布

 

「人中の呂布(りょふ)・馬中の赤兎(せきと)」と評された三国志一番の強さを誇っていた呂布(りょふ)。

彼は董卓(とうたく)を殺害した後に各地を放浪した後、

陳宮と一緒に兗州(えんしゅう)で曹操の部下達を誑かして対決することになります。

曹操軍とは一進一退の戦いを続けていた呂布ですが、

兵糧不足が原因で曹操軍に敗北して敷いまい徐州(じょしゅう)へ逃亡。

 

呂布 あっけない 最後

 

この地を治めていた劉備に対して反乱を起こして徐州を領有することになりますが、

最後は味方に裏切られて亡くなってしまいます。

裏切りに裏切りを重ねてきた人物ですが、

意外にも朝廷や皇帝に対してはかなり従順な態度を示していた事を知っておりましたか。

今回は呂布の意外な一面をご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!

 

皇帝から手紙をもらう呂布

表情 呂布

 

後漢王朝の皇帝となっていた献帝(けんてい)・劉協(りゅうきょう)。

彼は李傕(りかく)や郭汜(かくし)らに追い立てられて困窮している状態でしたが、

白波賊(はくはぞく)や皇帝の側近であった董承(とうしょう)らの協力によって、

なんとか危機を脱出します。

しかし皇帝はかなり困窮している状態であったため各地の豪族達へ手紙を送り、

「助けてくれ~」と救援信号を送っておりました。

この手紙は徐州(じょしゅう)を領有していた呂布にも送られてきます。

呂布はこの手紙を受け取ると小躍りするほど嬉しかったのですが、

皇帝がいる河東(かとう)へは兵糧の蓄えがなかったため自軍の現状を説明する手紙を送ります。

皇帝は呂布から手紙をもらうと将軍の位と侯の位を彼にさずけることにします。

 

曹操からも手紙をもらう

朝まで三国志 呂布

 

曹操は劉協を保護すると皇帝に手紙を出していた呂布へ曹操からも手紙を出します。

彼は呂布へ「呂布将軍の勤王の志あっぱれであると考えております。

私は今皇帝陛下を保護しており、後漢王朝を立て直すために公孫瓉(こうそんさん)、袁術らの

群雄達を討ち滅ぼして天下を統一しようと考えており、

呂布将軍にも手伝っていただきたと思っております。」とベタ褒めします。

この手紙をもらった呂布はめちゃくちゃ喜び曹操へ

「私はあなた様と戦ったことがあり、いつ処罰を受けてもいい人間です。

しかしあなた様は私を褒めてくださいました。

そして現在袁術を討伐しようと考えていることを教えていただきましたので、

力の限り戦っていきたいと考えております。」と自らの意気込みを返信。

また呂布は皇帝にも手紙を送っております。

 

皇帝に従順な姿勢を見せる呂布

呂布 最強 曹操

 

呂布は皇帝に「私は皇帝陛下を迎えに行かなくてはならなかったのですが、

曹操が皇帝陛下を迎えたことを知ったため私が迎えに行くことは遠慮させていただきました。

以前私は曹操と戦を行っているため、皇帝陛下からいつでも処罰を受ける所存であり、

私がどのような行動をとればいいのか判断に迷っている状態です。

ぜひ私にどのような行動をとればいいのか教えていただきたく存じます」と

後漢王朝の朝廷や皇帝に対してすこぶる従順な態度を取っておりました。

義父であった丁原(ていげん)を殺害して董卓軍に加わり、

反董卓連合軍の軍勢と戦っていた頃の呂布とは違う人間なのではないかと

疑いたくなるほど従順な姿勢を見せている呂布でした。

 

関連記事:【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽

関連記事:呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

各地の群雄からどのような行動を起こすかわからない人物として疑われ、

戦では巧妙な戦をして無類の強さを発揮した呂布。

そんな彼が猫のように皇帝や後漢王朝の朝廷に従順な姿勢を見せていると

ちょっと呂布に愛らしささえ感じてしまうのは私だけでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

関連記事:こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害
  2. 【センゴク】浅井・朝倉の滅亡と羽柴秀吉の出世を徹底分析
  3. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  4. 何で曹操は漢中で劉備に負けたの?
  5. なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?…
  6. 被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?
  7. 現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!
  8. 衛覬(えいき)とはどんな人?関中復興に画期的な提案を行った魏の文…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!
  2. 鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった斉のナルシスト宰相
  3. 韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった!
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第24話「さよならだけが人生か」の見どころ紹介
  5. 【第10回 幻想少女】天敵・趙雲攻略が見えた。エース貂蝉の活躍(ネタばれ注意!)
  6. 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう)

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯 蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だった!? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介 曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得 法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師 125話:何で孔明や姜維の北伐は街亭や祁山にこだわったの? 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【前半】 三国志ロワイヤルDeNAにおとぼけが突撃じゃ!

おすすめ記事

  1. 李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる」と予言していた仙人
  2. 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?
  3. 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる
  4. 徐晃の戦い方が素晴らしすぎる!前漢の周亜夫の武勇に匹敵するほどの名将
  5. 【転職三国志】狙うなら一国一城の主編
  6. 迷信を利用して統治を行った魏の西門豹(せいもんひょう)に迫る!
  7. 122話:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活
  8. 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落ちした魏の武将

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP