広告募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた!?

この記事の所要時間: 247

赤兎馬 呂布

 

「人中の呂布(りょふ)・馬中の赤兎(せきと)」と評された三国志一番の強さを誇っていた呂布(りょふ)。

彼は董卓(とうたく)を殺害した後に各地を放浪した後、

陳宮と一緒に兗州(えんしゅう)で曹操の部下達を誑かして対決することになります。

曹操軍とは一進一退の戦いを続けていた呂布ですが、

兵糧不足が原因で曹操軍に敗北して敷いまい徐州(じょしゅう)へ逃亡。

 

呂布 あっけない 最後

 

この地を治めていた劉備に対して反乱を起こして徐州を領有することになりますが、

最後は味方に裏切られて亡くなってしまいます。

裏切りに裏切りを重ねてきた人物ですが、

意外にも朝廷や皇帝に対してはかなり従順な態度を示していた事を知っておりましたか。

今回は呂布の意外な一面をご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!

 

皇帝から手紙をもらう呂布

表情 呂布

 

後漢王朝の皇帝となっていた献帝(けんてい)・劉協(りゅうきょう)。

彼は李傕(りかく)や郭汜(かくし)らに追い立てられて困窮している状態でしたが、

白波賊(はくはぞく)や皇帝の側近であった董承(とうしょう)らの協力によって、

なんとか危機を脱出します。

しかし皇帝はかなり困窮している状態であったため各地の豪族達へ手紙を送り、

「助けてくれ~」と救援信号を送っておりました。

この手紙は徐州(じょしゅう)を領有していた呂布にも送られてきます。

呂布はこの手紙を受け取ると小躍りするほど嬉しかったのですが、

皇帝がいる河東(かとう)へは兵糧の蓄えがなかったため自軍の現状を説明する手紙を送ります。

皇帝は呂布から手紙をもらうと将軍の位と侯の位を彼にさずけることにします。

 

曹操からも手紙をもらう

朝まで三国志 呂布

 

曹操は劉協を保護すると皇帝に手紙を出していた呂布へ曹操からも手紙を出します。

彼は呂布へ「呂布将軍の勤王の志あっぱれであると考えております。

私は今皇帝陛下を保護しており、後漢王朝を立て直すために公孫瓉(こうそんさん)、袁術らの

群雄達を討ち滅ぼして天下を統一しようと考えており、

呂布将軍にも手伝っていただきたと思っております。」とベタ褒めします。

この手紙をもらった呂布はめちゃくちゃ喜び曹操へ

「私はあなた様と戦ったことがあり、いつ処罰を受けてもいい人間です。

しかしあなた様は私を褒めてくださいました。

そして現在袁術を討伐しようと考えていることを教えていただきましたので、

力の限り戦っていきたいと考えております。」と自らの意気込みを返信。

また呂布は皇帝にも手紙を送っております。

 

皇帝に従順な姿勢を見せる呂布

呂布 最強 曹操

 

呂布は皇帝に「私は皇帝陛下を迎えに行かなくてはならなかったのですが、

曹操が皇帝陛下を迎えたことを知ったため私が迎えに行くことは遠慮させていただきました。

以前私は曹操と戦を行っているため、皇帝陛下からいつでも処罰を受ける所存であり、

私がどのような行動をとればいいのか判断に迷っている状態です。

ぜひ私にどのような行動をとればいいのか教えていただきたく存じます」と

後漢王朝の朝廷や皇帝に対してすこぶる従順な態度を取っておりました。

義父であった丁原(ていげん)を殺害して董卓軍に加わり、

反董卓連合軍の軍勢と戦っていた頃の呂布とは違う人間なのではないかと

疑いたくなるほど従順な姿勢を見せている呂布でした。

 

関連記事:【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽

関連記事:呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

各地の群雄からどのような行動を起こすかわからない人物として疑われ、

戦では巧妙な戦をして無類の強さを発揮した呂布。

そんな彼が猫のように皇帝や後漢王朝の朝廷に従順な姿勢を見せていると

ちょっと呂布に愛らしささえ感じてしまうのは私だけでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

関連記事:こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 杜襲(としゅう)とはどんな人?住民と団結して劉表軍と戦った県長
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1
  3. 呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!?
  4. 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕…
  5. 【保存版】カッコいい!三国志の精鋭部隊を一挙紹介
  6. 何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの?
  7. 3月レキシズルバーSP「はじめての三国志」をやってきたよ
  8. あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(2/3)
  2. 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将
  3. 劉備と劉邦
  4. 劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?
  5. 楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家
  6. 【シミルボン】自分を褒めまくり、曹丕の自叙伝が意識高い系でウザい

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた? 【はじめてのスキッパーキ】スキッパーキって、どんな犬なの?【第1話】 彭越(ほうえつ)とはどんな人?漁師から王の位にまで上り詰めた梟雄 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁 はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 自己紹介編 【001】 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの? 謎多き登場人物、関索って何者? 中原での戦いは苦手だけど異民族討伐戦なら強い董卓

おすすめ記事

  1. 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才占い師
  2. 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由ってなに?
  3. 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?
  4. 呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッションを忠実にこなす異民族討伐隊長
  5. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  6. 陶謙はどうして劉備を後継者にしたの?三国志の素朴な疑問に答える
  7. 朽井迅三郎(くちい・じんざぶろう)は実在したの?アンゴルモア 元寇合戦記の主人公に迫る
  8. 鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった斉のナルシスト宰相

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP