架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

【占いで見る三国志】曹魏が倒れることが曹叡の時代に予言されていたってホント!?

この記事の所要時間: 20




曹叡

 

魏の二代目皇帝曹叡(そうえい)

彼の時代はおじいちゃん・曹操、父曹丕によって魏の基盤はしっかりとしており、

呉や蜀を圧倒している状態でまだまだ滅びそうな気配はありませんでした。

だが魏の国内では相次いで曹魏が倒れるような文言が書かれている石が発見されているのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




涼州の奥地で発見された謎の宝石

宝石 光 緑

 

涼州の奥地にある張掖(ちょうえき)という場所で川が氾濫を起こします。

この時に亀の形をした宝石が出現。

この宝石は非常に大きく広さ・約4メートル。長さも約4メートルと巨大なものでした。

この亀の中には馬や欠けた玉などが入っており、東にキリン、西に鳳凰、南に白虎、

北に牛(え!?聖獣できているのに最後牛??)が陳列されておりました。

そしてこの東西南北の中央に馬が陳列せれており、

南方の馬の背にある文字が書かれておりおりました。

その文言は「大いに曹を討つ」です。

これを誰が書いたのか役人は捜索するのですが、犯人は一切不明でありました。

上記は魏氏春秋(ぎししゅんじゅう)という書物に書かれている逸話です。




他の書物でも発見される「曹を討つ」文字

 

 

捜神記(そうじんき)と言う書物にも「曹を討つ」エピソードが残っております。

このエピソードの舞台も涼州の奥地である張掖です。

張掖で石が発見されてるのですが、この時には何も文字が書かれていない状態でした。

しかし曹叡の時代になると次第に文字が勝手に書き込まれていき、

太和(たいわ)初年になると文章となって浮かび上がってきます。

この文章に書かれていた文字も魏氏春秋と一緒で「曹を討つ」と刻まれておりました。

 

漢の元帝時代から予言されていた

趙達

 

上記のエピソードですがこれは三国志よりも以前の時代から予言されていたそうです。

前漢の10代目皇帝となる元帝(げんてい)の時代優れた占い師達はそれぞれ同じこと述べており、

「魏の時代の和が入った年号の時に『大いに曹を討つと刻まれた石』が

発見されることになるであろう」と予言していたそうです。

しかし前漢時代にこのような予言があっても果たして信じる人がどれだけいたのでしょうか。

多分ほぼいなかったでしょう。

 

これらの予言は司馬氏によって曹氏滅亡を暗示していた

曹操

 

魏氏春秋や捜神記に書かれていた「大いに曹を討つ」という文言ですが、

これは何を示していたのでしょうか。

もし本当に上記の文言が宝石や石に書かれていたのであれば、

それは曹氏滅亡を案じていたのではないのでしょうか。

後世の私達が言えるのは結果を知っているので簡単ですがここでまとめると

「大いに曹を討つ」=司馬氏が魏王朝を終わらせて天下を統一し晋王朝を樹立

という事になるでしょう。

しかし当時の人々から三国に中華が分裂している状態でも天下はまだまだ魏が最強であり、

どこの国に曹魏を討つような国が出現することになるのか不思議でしょうがないと

感じていたのではないのでしょうか。

それでも一部の役人は信じてしまうことになってしまったそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

明帝・曹叡の時代よりも前の時代。

袁術は後漢王朝が存在しているのにも関わらず怪しげな預言書を信じて、

皇帝の位を名乗ってしまいます。

その結果、彼は四方の群雄からフルボッコにされてしまい滅亡することになるのですが、

袁術に野望があったにせよ当時の預言書は中国人にとって信じやすい書物でした。

また後漢王朝を築いた初代チート皇帝である光武帝・劉秀(りゅうしゅう)も

預言書を信じていた一人です。

ですが歴史書は後世付け足すことも可能ですので、

これらのエピソードが果たして本当にあったのかどうかは確かめることができないので、

真実はまさに歴史の闇の中に埋もれてしまっております。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 三国志 魏書1 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人?
  2. 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介!
  3. 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選
  4. ライバルへの最期の言葉、劉備と曹操のイイ話
  5. 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる…
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ…
  7. 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超…
  8. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術
  2. 「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  3. 諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!
  4. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  5. 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛将
  6. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~楽進・于禁篇~

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(3/3) あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌え 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは? 呂玲綺(りょれいき)とはどんな人?史実でも実在したの? 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1 【はじめての孫子】第7回:凡そ戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ。 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争

おすすめ記事

  1. 三国時代の経済ってどうなってたの?
  2. 実は大激戦だった!劉備の蜀獲りを地図で見ると意外なこともわかる!
  3. 誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の●●●』
  4. 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!
  5. 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった
  6. 1話:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?
  7. どもりが酷い鄧艾の隠れた才能!優れた農業政策「済河論」を分かりやすく解説
  8. 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP