袁術祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

【占いで見る三国志】曹魏が倒れることが曹叡の時代に予言されていたってホント!?

この記事の所要時間: 20




曹叡

 

魏の二代目皇帝曹叡(そうえい)

彼の時代はおじいちゃん・曹操、父曹丕によって魏の基盤はしっかりとしており、

呉や蜀を圧倒している状態でまだまだ滅びそうな気配はありませんでした。

だが魏の国内では相次いで曹魏が倒れるような文言が書かれている石が発見されているのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




涼州の奥地で発見された謎の宝石

宝石 光 緑

 

涼州の奥地にある張掖(ちょうえき)という場所で川が氾濫を起こします。

この時に亀の形をした宝石が出現。

この宝石は非常に大きく広さ・約4メートル。長さも約4メートルと巨大なものでした。

この亀の中には馬や欠けた玉などが入っており、東にキリン、西に鳳凰、南に白虎、

北に牛(え!?聖獣できているのに最後牛??)が陳列されておりました。

そしてこの東西南北の中央に馬が陳列せれており、

南方の馬の背にある文字が書かれておりおりました。

その文言は「大いに曹を討つ」です。

これを誰が書いたのか役人は捜索するのですが、犯人は一切不明でありました。

上記は魏氏春秋(ぎししゅんじゅう)という書物に書かれている逸話です。




他の書物でも発見される「曹を討つ」文字

 

 

捜神記(そうじんき)と言う書物にも「曹を討つ」エピソードが残っております。

このエピソードの舞台も涼州の奥地である張掖です。

張掖で石が発見されてるのですが、この時には何も文字が書かれていない状態でした。

しかし曹叡の時代になると次第に文字が勝手に書き込まれていき、

太和(たいわ)初年になると文章となって浮かび上がってきます。

この文章に書かれていた文字も魏氏春秋と一緒で「曹を討つ」と刻まれておりました。

 

漢の元帝時代から予言されていた

趙達

 

上記のエピソードですがこれは三国志よりも以前の時代から予言されていたそうです。

前漢の10代目皇帝となる元帝(げんてい)の時代優れた占い師達はそれぞれ同じこと述べており、

「魏の時代の和が入った年号の時に『大いに曹を討つと刻まれた石』が

発見されることになるであろう」と予言していたそうです。

しかし前漢時代にこのような予言があっても果たして信じる人がどれだけいたのでしょうか。

多分ほぼいなかったでしょう。

 

これらの予言は司馬氏によって曹氏滅亡を暗示していた

曹操

 

魏氏春秋や捜神記に書かれていた「大いに曹を討つ」という文言ですが、

これは何を示していたのでしょうか。

もし本当に上記の文言が宝石や石に書かれていたのであれば、

それは曹氏滅亡を案じていたのではないのでしょうか。

後世の私達が言えるのは結果を知っているので簡単ですがここでまとめると

「大いに曹を討つ」=司馬氏が魏王朝を終わらせて天下を統一し晋王朝を樹立

という事になるでしょう。

しかし当時の人々から三国に中華が分裂している状態でも天下はまだまだ魏が最強であり、

どこの国に曹魏を討つような国が出現することになるのか不思議でしょうがないと

感じていたのではないのでしょうか。

それでも一部の役人は信じてしまうことになってしまったそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

明帝・曹叡の時代よりも前の時代。

袁術は後漢王朝が存在しているのにも関わらず怪しげな預言書を信じて、

皇帝の位を名乗ってしまいます。

その結果、彼は四方の群雄からフルボッコにされてしまい滅亡することになるのですが、

袁術に野望があったにせよ当時の預言書は中国人にとって信じやすい書物でした。

また後漢王朝を築いた初代チート皇帝である光武帝・劉秀(りゅうしゅう)も

預言書を信じていた一人です。

ですが歴史書は後世付け足すことも可能ですので、

これらのエピソードが果たして本当にあったのかどうかは確かめることができないので、

真実はまさに歴史の闇の中に埋もれてしまっております。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 三国志 魏書1 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!
  2. 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?
  3. 3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ!
  4. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行…
  5. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウ…
  6. 呉範(ごはん)とはどんな人?当たる占いをご所望なら私にお任せくだ…
  7. 中国史における農民反乱についての考察
  8. 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは?
  2. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.2
  3. 沙摩柯(しゃまか)武蛮族の王|甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/19〜6/26】
  5. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行
  6. 三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介! 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志 【総集編】2016年一番可愛そうな武将まとめ20選 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/3〜4/10】 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる! 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致

おすすめ記事

  1. 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たした名官僚
  2. 羊祜(ようこ)ってどんな人?皆に慕われた名将
  3. 偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?
  4. 74話:孔明に嫉妬する周瑜
  5. くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ
  6. 張悌(ちょうてい)とはどんな人?呉の滅亡に殉じ、壮烈な死を果たす最後の宰相
  7. 【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇
  8. 【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP