三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

はじめての変

魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!?

この記事の所要時間: 250




司馬炎 はじめての三国志

 

魏の司馬炎(しばえん)

彼は晋王朝の初代皇帝として君臨する人物ですが彼が司馬昭の跡をついだ後、

すぐに魏王朝の皇帝から禅譲を受けることになります。

こうして魏の王朝は滅亡し晋王朝を開くことになるのですが、

司馬炎が皇帝になった時、衝撃の物体が出現することになります。




司馬昭死す

司馬昭

 

司馬昭(しばしょう)は司馬家の棟梁の責務を十分に果たした後に亡くなってしまいます。

彼は後継者を誰にするか非常に迷っておりました。

その原因は司馬師の家の者が跡を継がずに自らが司馬家の棟梁になっていたことです。

司馬昭は司馬師の家系へ養子として入った司馬攸(しばゆう)を自らの後継者としようと

考えておりましたが、側近達の反対によって嫡男である司馬炎を後継者に据えた後亡くなります。

こうして司馬炎が司馬昭の跡をついで領土を引き継ぎ司馬家の棟梁として君臨します。




魏王朝から禅譲を受けて皇帝へ

司馬昭と司馬師

 

司馬炎は司馬昭の跡を継いでから数ヵ月後に側近である賈充(かじゅう)や名将・羊祜(ようこ)達と

相談し魏王朝から禅譲するように圧力をかけます。

司馬炎は禅譲を受ける前に父である司馬昭の葬儀を執り行ってから魏の人事を刷新。

こうして晋王として動き始めた司馬炎は、

魏の皇帝・曹奐(そうかん)から皇帝の位を譲られることになります。

彼は何度か儀礼的に皇帝の位を譲られることを断ってから、

皇帝の位をしょうがなく受けるという芝居を行ってから、皇帝の位を曹奐から譲り受けます。

こうして魏王朝は曹奐の時代で終焉を迎えることになり、

新たな時代として晋王朝が開かれることになります。

司馬炎は曹奐から皇帝の位を譲られるとすぐに文武百官を呼んで、

皇帝即位の式典を盛大に行います。

 

晋の領内で○○が出現

キングダムと三国志

 

晋の皇帝として君臨することになった司馬炎。

彼が皇帝に即位してから数日後、晋の領内で○○が出現します。

さてここで久しぶりのはじさんクイズです。

晋の領内に出現した○○とは一体何なのでしょうか。

 

1麒麟(きりん)

 

2青龍(せいりゅう)

 

3巨人

 

ヒントは進撃の○○です。

みなさんわかるかなぁ~

さ~て正解は一体何なのでしょうか。

 

 

正解はなんと麒麟・・・・・・・ではなくて巨人でした。

そうです!ついに三国志も進撃の巨人の勢いに乗ることになるのかと思いきや

進撃の巨人が発売する数千年も前の話なので、

元祖はこの晋の時代に登場した巨人が初めてでしょう。

 

この巨人が○○を伝える

兀突骨

 

この巨人の格好は黄色の頭巾をかぶって黄色の服を着て杖をついていたそうです。

この巨人は進撃の巨人のように人を食ったりすることはなく、

おとなしい性格で人間の言葉をバリバリ喋ることができる高知能を持った巨人でした。

凶暴でなくてよかったです。

この巨人は民衆達に「そろそろ孫呉が滅亡することになり、

三国時代に別れていた中華は再び統一されて平和な時代が訪れるだろう」と

予言して去っていたそうです。

 

関連記事:悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた?

関連記事:【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

この巨人の背丈は3メートル程あり、足の大きさは90センチもあったそうで、

まさに巨人の名に相応しくリアル進撃の巨人です。

そして三国志最大の巨人とされていたあの南蛮軍(なんばんぐん)を指揮していた

兀突骨(ごつとつこつ=三国志演義にのみ登場する人物)

よりも大きい巨人であり、現在最大の巨人はこの晋に登場した巨人と言う事になります。

こんな巨人が歩いて人の言葉を話していたら怖くて近寄れないです。

むしろよく晋軍に攻撃をされないで逃亡することができたなと思います。

本当にいたかどうか怪しいですが今となっては確かめ用がありません。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書1 今鷹真・井波律子著など
はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河
  2. どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂…
  3. 三国志 Three Kingdomsのここがすごい!スリーキング…
  4. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  5. ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽し…
  6. 英雄記から見た河北の覇者を決める公孫瓚VS袁紹
  7. 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの?
  8. 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事情を徹底紹介!
  2. 張松(ちょうしょう)の裏切りがなければ劉備の蜀制圧は不可能だった?
  3. 【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの?
  4. 意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた
  5. 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介
  6. 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す

三國志雑学

“劉備漫画"

ピックアップ記事

おすすめ記事

79話:曹操最大の失敗赤壁の戦い 被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何? 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた これは凄い!司馬尚・龐煖のシバケンコンビがオルド将軍を撃ち砕く? 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3 キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥

おすすめ記事

  1. 劉伶(りゅうれい)とはどんな人?奇行が目立つ竹林の七賢の一人
  2. 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛
  3. 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介
  4. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー
  5. 【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】
  6. 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>
  7. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1
  8. 胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【晋の将軍列伝】

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP