はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

蜀漢が滅びたのは張飛達を祀らなかったから?




孔明と劉備、関羽、張飛

 

劉備が建国した「蜀漢(しょくかん)」。

劉備だけがかんばって作った国ではなく、義兄弟であった張飛(ちょうひ)

益州攻略戦の途中で亡くなってしまった龐統(ほうとう)

劉備死後幼い君主を支えて魏と戦い続けた宰相・諸葛孔明達が力を尽くして建国した国ですが、

上記の人々の功績を蜀はずっと祀ることをしませんでした。

今回は張飛にスポットを当てて、彼が死後どのくらい経ってから祀られることになったのかを

メインにお話を進めていきたいと思います。



張飛死す

張飛の最後

 

張飛関羽が呉軍の裏切りによって亡くなったことを知ると劉備と共に呉へ復讐戦を行うべく、

自らの領地へ帰って兵士の訓練に明け暮れます。

彼は関羽を殺した呉を倒すべく毎日死人が出るほどの激しい訓練を行い、

兵の練度は蜀軍の中でも最高ランクの強さを誇っておりましたが、

将校達からは「将軍の訓練は厳しすぎて困る」と彼の激しい訓練に不満を持っている将校達が

多く存在しておりました。

ある訓練を行ったとき将校のひとりである張達・范疆(はんきょう)がミスをしてしまいます。

張飛は彼のミスに激怒して持っていたムチで徹底的に彼ら二人を痛めつけます。

ふたりの将校は辛うじて生き残り、治療を受けるとある決意を固めます。

彼らの決意は張飛を暗殺することです。

二人は張飛の本陣に夜中に忍び込み寝ているところを襲い、殺害してしまいます。

その後二人は彼の首を切り落として孫呉へ逃亡してしまうのです。




張飛死後40年ほど放置

関帝廟 関羽

 

関羽は呉軍に捕らえられて殺害されたあと、首を曹操の元へ送ります。

曹操は関羽の首をみて大いに落胆しますが彼を祀るべく墓を作り、

諸侯に匹敵する扱いで葬式を行います。

ですが、張飛は首を斬られて亡くなった後40年ほど彼を祀ることを蜀はしませんでした。

劉備も夷陵の戦いで孫呉に大敗北した後に亡くなってしまい、

孔明も劉禅を擁して政治に取り組んでいたため、彼を祀る暇がなかったのではないかと考えます。

 

死後40年経ってやっと諡が送られる

涿州張飛廟

 

張飛は40年ほど放置プレイされてしまいます。

しかし蜀漢が魏軍の圧力を受けるようになって、

蜀漢が滅亡する三年ほど前になってやっと彼に諡(おくりな)が送られます。

張飛はこの時に桓侯(かんこう)と諡を送られ、祀られるようになります。

なんでこのような時間が経ってから彼を祀るようになったのでしょうか。

 

蜀滅亡を防いでもらうため

23-8_蜀の旗と姜維

 

張飛を祀るようになったのは40年ほど経ってからですが、

蜀漢はこの時、危機的状況に陥っておりました。

姜維(きょうい)が毎年兵を率いて魏へ挑戦しておりましたが、

段谷の戦いで大敗したことがきっかけで蜀の国力は一気に低下。

また宦官である黄皓(こうこう)が政治の実権を握ったことで蜀の政権の政治は乱れてしまいます。

その結果、蜀の国力はどうしようもないほど低下してしまいます。

そのため蜀の上層部の人達が蜀を守ってもらうために張飛を祀ったのではないかと考えます。

この時張飛以外にも龐統黄忠馬超、関羽達にも諡が送られることになり、

祀られるようになります。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

蜀建国の功労者達をずっと放置にしていては、

蜀の諸将もやる気ができないのではないのでしょうか。

また危機に瀕した時に彼らを祀っても助けてくれるわけがありません。

蜀の丞相であった孔明も死後数十年も放置プレイにされており、

彼が祀られたのはなんと蜀が滅亡するときであったそうです。

このように建国に貢献した人物達を祀ることをしない国では滅亡するのは当然ではないかと

レンは考えますが、皆様はどのようにお考えになりますか。

 

参考文献 講談社 中国の群雄~名将の戦略~関羽 立間祥介著など

 
はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!

関連記事:張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた一族たち

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの?
  2. 玉に瑕(きず)!アルハラ暴君・孫権
  3. 子供 桃園 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い
  4. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) 呉王殺害に成功した暗殺者・専諸ってどんな方法で暗殺に成功したの?…
  5. 石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われ…
  6. 最弱武将 張飛 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を…
  7. 陸遜と竹中半兵衛の両軍師が一緒に共闘したらどうなる?【if三国志…
  8. 魔王曹操 【それは偏見!】偏ってしまった英雄曹操の実像

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 上杉謙信
  2. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  3. 甘寧と凌統
  4. 陸遜
  5. 曹休と曹丕を可愛がる曹操

おすすめ記事

  1. 【祝・はじめての三国志】3周年記念の御礼を申し上げます! はじめての三国志
  2. 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ
  3. 【中華二千年の戦い】皇帝の友達宦官vs母方の血族外戚
  4. 信玄の敵は謙信ではなかった?武田家を揺るがす最強の敵出現 上杉謙信
  5. 棗祇(そうし)とはどんな人?新しい兵糧収入法を考え曹操の覇業を支えた功臣 棗祇(そうし)食料・兵糧担当
  6. 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法

三國志雑学

  1. 鍾会を説得する姜維
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁術を励ます魯粛
  2. 解煩督 呉
  3. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操

おすすめ記事

衛青(えいせい)とはどんな人?前漢時代最強を誇っていた匈奴を打ち破って漢の領土を回復させた武人 関羽も丸暗記した春秋左氏伝はどうして人気があるの? 曹操の後継者問題で判断に迷ったのは儒教と文学に原因があった? 【八陣図】三国志の戦術マニア必見!少ない兵力を多く見せる必殺疎陣とは何? 天皇とは何?そもそも何で偉いの? 胡亥 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの? かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP