架空戦記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての晋

【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題

この記事の所要時間: 220




 

三国を滅ぼして天下統一を行った晋の司馬炎(しばえん)

彼は三国最後の国家である孫呉討伐を行う前に魏の皇帝から禅譲(ぜんじょう)を受けて、

皇帝となり「晋」帝国を樹立させます。

その後孫呉を滅ぼして天下統一するのですが、彼には一つの悩みがありました。

それは晋の皇太子問題です。

彼の息子には司馬衷(しばちゅう)と言う長男がおりましたが、

この長男がそれなりに優秀であれば何も問題なく彼を後継者にすればいいのですが、

彼がかなりポンコツであったせいで、後継者問題が発生してしまいます。

名士出身である羊祜(ようこ)は司馬衷がポンコツであったため、

司馬炎の弟で司馬懿からも期待されていた司馬攸(しばゆう)を司馬炎の後継者に推してきます。

そのため司馬炎(司馬衷を後継者派)VS名士・貴族達(司馬攸後継者派)の

隠れた戦いが勃発することになるのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




優秀な弟である司馬攸推しの羊祜

 

羊祜は司馬衷がポンコツであることを知ると司馬炎の弟である司馬攸を後継者にするべしと

司馬炎の後継者として幾度も司馬炎に進言します。

なぜ羊祜はこれほど司馬攸を推してくるのでしょうか。

それは彼が司馬攸と密接な関係であったことが起因となっております。

羊祜の姉さまは司馬師(しばし)の奥さんであり、

司馬師の家を継いだ司馬攸は羊祜にとって舅に当たりあます。

また司馬攸は司馬懿に目をかけられるほどの人物であったこともあり、

ポンコツ司馬衷とは比較にならないほど優秀で、

次世代の晋帝国に君臨する人物としてこれほど適当な人材はいないと判断したため、

彼は司馬攸を推し続けます。

しかし羊祜は孫呉と晋の国境である荊州(けいしゅう)へ赴任させられてしまい、

この件は一度流れてしまいます。




荊州で孫呉討伐の準備を行いながら後継者に跡を託す

 

羊祜は荊州に赴任すると田畑を開墾し、

民衆に優しい統治を実現したことによって一気に荊州の国力は増大することになります。

羊祜赴任前は荊州の襄陽(じょうよう)には殆ど兵糧もなく田畑や人心も荒れ果ておりましたが、

彼の赴任後一気に兵糧は10年篭城しても大丈夫になり、人心も統治がしっかりしたことによって、

民衆達も安心して商業や農業に勤しんでいくことになります。

こうして着実に軍事力を増大させていった羊祜ですが、病には勝てずに亡くなってしまいます。

そして自らの後継者に杜預(どよ)を推挙します。

 

武器庫・杜預の策略

 

羊祜の後継者として赴任してきた杜預は、

彼の意思を継いで自らも司馬炎の後継者に司馬攸とするべく色々と考えておりました。

杜預は博学多識で彼のあだ名は武器庫のように色々な物が揃っていることから「杜武庫(とぶこ)」と呼ばれておりました。

そんな彼が考えついた作戦は孫呉討伐軍の総司令官を司馬攸にすることで、

彼の名声を上げさせてやることで後継者としての地位を手に入れることができないかと考えます。

司馬攸が孫呉討伐戦で武功を上げて孫呉を滅亡させれば彼の名声は全土に轟くことになり、

後継者として司馬攸が有利になる事は確実であると考えます。

そのための作戦を杜預はずっと考えておりました。

そしてついに彼は司馬攸を後継者として確実な地位を得ることの計画を立案。

しかし杜預の作戦通りに進むことはありませんでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

司馬炎の後継者問題はこうして孫呉討伐戦にまで影響することになります。

この問題が解決しなければ孫呉討伐戦が開始できない状況にまでなってしまい、

晋の後継者問題が長引いていけばいくほど天下統一が遠くなってしまうのです。

そして司馬炎、賈充、杜預の三者による晋の後継者問題はどのような決着がつくのでしょうか。

次回:【司馬家の後継者問題】司馬炎VS賈充VS杜預でお送りしたいと思います。

 

参考文献 SB新書 三国志「その後」の真実 渡邉義浩・仙石知子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】
  2. 第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの?
  3. 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだ…
  4. 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと?
  5. お笑いウルトラクイズか?大田城、水攻め爆発で落城!秀吉のリベンジ…
  6. 曹爽討伐に成功後の司馬懿の対応が神ってる
  7. 【英雄亡き三国志の見どころ】司馬師vs王基の壮絶な舌戦:勝利の軍…
  8. 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)
  2. 劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を企んでいた?
  3. 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?
  4. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】
  5. 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢
  6. 諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

石川克世って、何者? 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最後 114話:蜀キラー陸遜、劉備を打ち破るための不気味な沈黙 【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だった 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/28〜9/4】 【大三国志 攻略3】滅亡も覚悟の8・8青州外交 どうなる同盟・天下乱舞の運命! 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR) 【シミルボン】おのれ曹丕!縁談をぶち壊され大騒動を起こした丁儀

おすすめ記事

  1. 曹操の北伐~袁氏の滅亡~
  2. 李豊(りほう)とはどんな人?才能ある人物なのかそれともただのポンコツなのか
  3. はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」
  4. よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く
  5. 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?
  6. 孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関羽の呪いで……
  7. 【第1回 幻想少女】衝撃の三国志が誕生!これぞ三国志革命だ!!
  8. 赤眉軍(せきびぐん)とは何者なの?後漢演義最強のDQN軍団

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP